砂糖がわりに使って善玉菌を増やす(オリゴ糖)

ビフィズス菌はオリゴ糖が好き

腸の健康に役立つ甘味料として知られているオリゴ糖。砂糖と同じ分類ですが、エネルギーは砂糖の約半分。ダイエットをしていてカロリーが気になる女性にも安心して口にすることができます。
また、消化吸収されにくい性質から、血糖値の上昇を抑える作用もあります。大腸に届いたオリゴ糖はそこにすみついているビフィズス菌の餌となり、大量に常在善玉菌を増やします。
しかも、ウェルシェ菌などの善玉菌には有用ではなく、オリゴ糖を摂取し続けると悪玉菌の数が減っていき、善玉菌が増えいくことがわかっています。
ただし、オリゴ糖の種類によっては、一度に過剰に摂取し続けると一時的に便がゆるくなることもあります。

継続して摂取することで効果アップ

大腸菌などの多くの悪玉菌は、腸管から出る分泌物や大腸まで届いた食べ物のカスなど利用できるものを餌にして生き延びていますが、善玉菌は、乳酸菌や食物繊維、炭水化物そしてオリゴ糖のような餌が不足するととたんに減少してしまいます。
善玉菌を増やし続けるには、意識的に善玉菌が好む栄養を毎日続けて摂ることが大切です。
オリゴ糖は熱にも強いため、シロップや顆粒タイプを常備して、煮物などの料理の味付けにまたコーヒーや紅茶などの砂糖がわりに使うと少しずつでも毎日摂取することができます。ヨーグルトに加えて食べればまさに最高です。善玉菌が喜びます。

主なオリゴ糖

オリゴ糖の種類
特徴
イソマルオリゴ糖
味噌、しょうゆなどに含まれている。虫歯になりにくく熱や酸に強い。ビフィズス菌の増殖を助け、防腐機能がある。
ガラクトオリゴ糖
乳糖液に麹カビを作用させて生成させする。ビフィズス菌を増やしたおなかの調子を整えたり、たんぱく質の消化吸収を助ける。
フラクトオリゴ糖
たまねぎ、ごぼう、蜂蜜などに含まれている。人工的に生成されるものもある。ビフィズス菌を増やし虫歯になりにくい性質をもつ。消化酵素に分解されにくいので、ダイエット甘味料として利用される。
糖乳用オリゴ糖
砂糖と乳糖に酵素を作用させて生成。加糖ヨーグルトの中でも微量だけ生成される。
大豆オリゴ糖
大豆を原料とするガラクトオリゴ糖の一種。少量でビフィズス菌を増やすことができる。消化酵素に分解されにくく、ダイエット甘味料として人気。

人気のオリゴ糖(ラフィノース)はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください