高齢者の便秘に効果 玄米の栄養で頑固なな便秘が消えて下剤、オムツが不要、糖尿病も大幅に改善

ある老健施設で玄米菜食を実践して下剤を使わずに自然排泄ができた例を紹介しています。高齢者大腸の動きが弱くなる弛緩性が便秘の原因です。 腸は、リラックスしている状態の時に副交感神経が働くので、腸の動きが活発になります。 しかし、この副交感神経は加齢とともに働きが低下するので、便秘になりやすくなります。 人は年齢をかさむに連れて、日常生活の活動量も低下するので、筋力も低下します。

1日複数回の排便

ある老健施設では玄米菜食を実践しており、しかも無農薬の厳選された玄米を使用しています。塩分を控えた味付けですが、毎日食べても飽きがこないよう玄米のだし炊き方や出汁、調味料にこだわって作っており、90歳以上の高齢の方も、「おいしい」と完食してくれます。

そうして、玄米菜食を続けていると、共通して便の状態がとてもよくなります。便が硬い高齢者さんの中には、痔でオムツに血がついてしまうケースもあるのですが、便通の改善とともに治まります。こうした高齢者施設では、すぐに下剤を使用するケースが多いのですが、できる限り食事の改善で対策しようとしているところも多数あります。

改善例を紹介しましょう。

Aさん(79歳・女性) は甲状腺ガンを患い、その後、脳梗塞を起こして右不全マヒとなり、要介護度5の認定を受けています。

入所以前は、ッドで寝たきりの状態で、排便はすべてオムツに頼り、下剤を1日3回飲んで排便をコントロールしていました。

しかし、今年4月、当施設へ入所したのを機に、排便はトイレで行いたいという本人の強い希望を受けて、日中はトイレに行くリハビリを行いました。そして、Aさんには5分つきの玄米菜食を提供したところ、1週間後から1 日3回、柔らかくいい状態の便が出るようになり、下剤の服用を中止できました。それ以降、下剤はいっさい使用していませんが、1日2〜3回、トイレでスムーズな排便ができています。

Aさんは以前、起き上がることもままならない状態でしさくたが、リハビリのおかげで柵につかまって立てるまでになりました。そしてガンのコントロールもうまくいくようになったので、6月に退所して自宅療養に切り替えています。

独り暮らしのBさん(83歳・女性)は、自宅で転倒して、ひざや腰を痛めて日常生活が困難になり、今年4月に当老健施設に入所しました。

Bさんは、1年前にご主人を亡くしたことでうつになり、家に引きこもりがちでした。以前から便秘でしたが、病院には行かず薬も飲んでいませんでした。そして、腹部に張りを感じると、自己摘便(摘便とは肛門に指を入れて便を摘出すること) で解消していたのです。

摘便は肛門を傷つけ衛生的にもよくないのでやめるように注意しましたが、うつで軽い認知症状もあったBさんにはなかなか理解してもらえませんでした。しかし、5分つき米の玄米菜食(おかずは一口大に刻んだ物)を提供したところ、10日後には摘便行為をしなくなりました。Bさんはかなりの偏食で最初のうちはよく玄米菜食を残していましたが、だんだん慣れて完食し、便秘の症状も改善したのです。今では、1日1回以上スムーズな便が出ています。

Cさん(64歳女性)は数年前から糖尿病になり、今年になって徐々に気力を失い、何もせずボーッと過ごすことが多くなってきたため、病院での治療を経て、当老健施設に入所しました。

Cさんは当初、ベッドの上で過ごすことがほとんどで、トイレもオムツに頼る生活をしていました。排便はだいたい1日1回ありましたが、便は硬めで必ずしも状態がいいとはいえませんでした。

また、排便の時問もまちまちで、本人が便意を訴えることを全くしなかったので、介護士が定期的にオムツを確認していました。そんなCさんの便に変化が現れたのは9月のこと。本人の希望で、5分つき米の全粥から玄米食に切り替えたことがきっかけでした。

明らかに便の状態がよくなってきたのです。介護士に「腸の調子がいいのよ」と明るく話してくれるようになりました。Cさんは、歩くことはできませんが、物につかまれば立てます。介護士のサポートがあればトイレに行けたので、これを機に排便をトイレで行うトレーニングを開始しました。

すると1日1回、同じ時問帯に便通があるようになり、入所から1年がたった現在丈継続しています。また、排便がスムーズに九って、体型もスリムになり士した。入所当初は155cmで73.5kgと太めの体型でしみが、今は63.8kgになり、鮨や胴回りの印象がガラリと藤わりました。

糖尿病の数値も改善しました。入所時の空腹時血糖値け140~180mg/dlで、1 日12単位のインスリンを投与していましたが、玄米菜食を続けて、1週間ごとにインスリン量を減らしていきました。

すると3ヶ月後には、インスリンを中止することができたのです。今は食事のみで血糖値をコントロールしていますが、平均して空腹時血糖値は100mg/dl前後で落ちついています。

食べる米ヌカの粉末食品、健康フーズ株式会社の「ぬか玄粉末」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください