便秘のタイプとその原因

さて、その便秘の種類です。これは大きく2つに分類して考えることができます。1つは「機能性便秘」と呼ばれるものです。

大腸や直腸の働きが弱まったり、頻繁に便意を我慢したりしたときに起こる便秘です。もう1つは「器質性便秘」です。

何らかの病気が原因で腸管が細くなったり、大腸に異物ができたりしたことによって、便が通りにくくなるものです。

また、先天的に大腸の形態異常があって起こる場合もあります。この2つのうち、圧倒的に多いのは機能性便秘のほうでしょう。

そして、この機能性便秘がさらに2種類に分けられます。旅行、引っ越しなどで生活環境が変化したときや、精神的な緊張や悩みを抱えているとけつきに、一時的に起きるのが一過性便秘」です。食事の量が少ないために、胃や結腸の排便反射が充分でなくなることも、その原因の1つになります。そして、便を作って排泄するという大腸の働きが、持続的に低下して起きるのが「習慣性便秘」です。

いわゆる慢性便秘のことで、これが「弛緩性」「直腸性」「痙攣性」という3つのタイプに分類されます。日本人の慢性便秘ほ、その半分以上が弛緩性便秘と呼ばれるものに当たります。かすい内臓下垂の人や虚弱体質の人が、このタイプの便秘を起こしやすくなっています。

便意を我慢したり、浣腸を濫用した結果、大腸の働きが低下して便を大腸下部へ送り出たす力が弱まり、大腸に溜まっている内容物を、直腸まで送り込んでいく結腸運動も弱まることにより便秘を起こすのです。とくに女性によく見られる症状で、自覚症状が少なく、1週間排便がなくても、せいぜい肩凝りやお腹の張りを感じる程度です。

直腸性便秘は、高齢者に起こることが多い便秘です。老化によって腸の粘膜が鈍くなり、便が溜まっているのに便意を催さなくなってしまいます。

ひどいケースになると、まったく便を押し出す力がなくなるため、介護者がゴム手力袋をはめて掻き出さなければなりません。

最近では高周波を利用して、便を溶かす機械も開発されています。それだけ、このタイプの便秘は、周囲の人々がたいへんな思いをするということです。

痙攣性便秘は、感情や情緒の変化、精神的なストレスなどによって起こる便秘で、都市生活者や、精神労働に従事している人に多く見られるタイプでしょう。人間の精神面と便秘が結びつくのは、意外に思われるかもしれませんが、大腸の運動ほ自律神経にコントロールされているため、脳の影響を少なからず受けているわけです。

このタイプの場合、ふつうの便秘と違って排便に苦労するということはありません。詰まっているという感じほなく、ウサギの糞のようにコロコロして硬い便がポロポロと出てきます。また、毎日のように便秘と下痢を繰り返すことが多いのも、痙攣性便秘の特徴と言えるでしょう。
けいれん性便秘の人の食事 | 便秘を解消しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください