食物繊維と生活酵母でお腹は快腸に

食物繊維には栄養が含まれない

健康な状態をを保つうえで大事なのものに食物繊維と発酵食品(菌食)とがあります。穀類、野菜類、海草類などに含まれている食物繊維は、それ自体に何の栄養もなく食べても消化吸収されません。ところが、その性質が、逆に身体にとっては、大切な役割を果たします。

食物繊維の仕事

身体に有益な食物繊維は、水に溶けない成分と、水に溶ける成分の2種類があります。口から入った食物繊維は、お腹の中で余分な脂肪や糖分を吸収します。そればかりか、お腹に住む腐敗菌や菌の分泌する毒素も吸収し、これをまとめて便で排出します。この他にも食物繊維は、腸からの栄養分の吸収をゆるやかにしたり、ぜん動運動を高める働きをしてくれます。

食物繊維の役割

食物繊維は、お腹のクリーナーであると同時にコントローラーとしての役割を果たしていることになります。食物繊維が不足すると、便秘や下痢になったり、腸内毒素が発生・蓄積したり、腸内環境の悪化が進行して肥満・成人病の原因となります。肉食中心の欧米人の病気の大半の原因は、食物繊維の不足だと言われています。

発酵食品の主役は酵母

穀類や乳類を微生物を使って発酵させてつくる発酵食品も身体にはとても有益な働きをしてくれます。食べたものの消化吸収をよくしてくれるばかりでなく、微量栄養素を豊富に含んでいるので世界各地の民族は風土に応じた発酵食品をつくって常食しています。

発酵食品を食べる目的

日本の発酵食品には、甘酒、味噌、納豆、醤油、日本酒、漬け物などがあります。発酵食品は、自然界に多数生息しているカビの仲間の酵母や糀菌など、微生物の働きを利用してつくられる食品です。発酵とは酵母のもつ酵素によって、原材料の糖類を分解させ、人体に有益な食品につくりかえることです。発酵食品を食べる目的は、この酵母や酵素を積極的に身体に取り入れることです。

酵母の効用

酵母は細胞の増殖に欠かせない核酸を補給しそれ以外にも多様な効用を果たします。栄養素としては、生体に不可欠な五大栄養素をバランスよく含有するほかインシュリン様ホルモン物質なども含まれています。

  1. 糖分分解作用
  2. 免疫機能アップ
  3. 腸内善玉菌の増殖作用
  4. 腸内有害物質の分解作用
  5. 核酸・ビタミンなどの栄養補給

などがあります。当たり前ですが、だからといって身体の機能がすぐに適応できるものではありません。日本人の食生活が欧米化した結果、大きく不足するようになったのが食物繊維と酵母食品で困っているのはお腹です。

食物繊維と生活酵母でお腹は快腸に」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 大豆効果 質のいい食物繊維は大豆から摂りたい | パワー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください