体液は生命の泉

溶液の状態で

水を離れて人間は存在できません。人体の水は体液とよばれ、必要物質を溶かした溶液の状態で存在し、実に体重の6割を占めています。
生命現象である化学反応も、体液という溶媒の中で行われています。栄養素や老廃物の運搬も、体液に溶かされて運ばれます。

体液の流れ

体液は細胞の中にある細胞内液と、細胞の外にある細胞外液とに分けられています。細胞外液は血液、リンパ液などの管内液と組織間液(管内液)とに区別されていて、それぞれ体内で役割を担っています。身体の組織や臓器は、占める位置・働きは異なっていますが、全身を循環する体液によってつながっています。循環する体液の主な通路は、血管とリンパ管系の2つです。

老廃不要物を2重チェック

血管系では、心臓がポンプ役をして、動脈血をからだのすみずみまで送っています。動脈管は栄養素と酸素を各組織に送る通路、静脈管とリンパ管は、各組織のだす老廃物や不要物質を運び出す通路です。
人間が健康であるためには、組織のだす老廃物を取り除くことが最も重要ですから、身体はそのために血管系りリンパ管系とで、2重のチェックを行っています。

身体の下水道

リンパ管には、汚れた組織間液が集まり、リンパ節に至って組織間液中の毒物や細菌類をいったん浄化し、リンパ本管に集合したのちに最後に左右の頸部で静脈血管に合流します。リンパ管には、今述べたように汚れた組織間液が集まりますが、そのほかに組織細胞のだす老廃物や不用物質も含まれていますから、リンパ管はいってみれば身体の下水道管です。

運動が大切

血管は心臓というポンプの働きで流れますが、リンパ液は、筋肉が動くときは、リンパ管への圧迫を強めたり弱めたりするので、その刺激によって少しずつ流れる仕組みになっています。
となると、リンパ液は、運動したり身体を動かしたりすることによってスムーズに流れることがわかります。逆に運動をしないでいると、体内老廃物がたまり血液を汚し、基礎体力を低下させます。

リンパ節での流れが重要

次にリンパ節は、身体を工場にたとえると、工場排水のマンホールにあたります。各職場で使った排水が、マンホールで沈殿物を取り除かれ、次第に大きなマンホールに集まってやがて下水道管に流れ込んでいきます。身体にはこのマンホール(リンパ節)が各所にあります。扁桃腺などのその一つであり、首の周辺部、お腹、股の付け根、膝などに散在しています。リンパ節は、侵入してくる外敵から身体を守る役目を果たしていますから、リンパ節の流れよくすることが大切です。

漢方の体液についての考え方

漢方では体液のことを、津液と呼び、津液の偏りが冷えをつくるとしています。
すべての病気は、心身の偏りをきっかけに、体液のバランスと循環が乱れることからおきます。そうなると、組織細胞への栄養素、酸素の補給と老廃物の排泄は悪化し、病気も一層悪化させてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください