腸内環境を整える」カテゴリーアーカイブ

腸内環境を整える 善玉菌を増やし悪玉菌を減らすといった腸内環境の改善について。悪玉菌 善玉菌 日和見菌 の働きも。

便秘 の タイプとその 原因 機能性便秘 器質性便秘

便秘 の タイプ というというとその便秘 の種類です。これは大きく 2 つに 分類 して考えることができます。1つは 「 機能性便秘 」 と呼ばれるものです。そしてもうひとつは 「 器質性便秘 」です。

便秘 の タイプとその 原因

機能性便秘 と 器質性便秘 の 2 種類について紹介します。

機能性便秘

機能性便秘 は、腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプです。 便秘の中でも頻度が高く、女性や高齢者に多いタイプになります。

おなかが張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどの症状も起こります。

便秘 の タイプとその原因 機能性便秘 器質性便秘

便秘 の タイプとその原因 機能性便秘 器質性便秘

器質性便秘

器質性便秘  は、突然の排便障害とともに、腹部膨満感、腹痛、嘔気・嘔吐などが生じる場合に疑われます。
腸管に基礎疾患が存在することで起こり、重篤かつ緊急を要することもあります。 原因としては大腸癌などの腫瘍性病変、腸閉塞、Crohn病に伴う狭窄、周辺臓器の癌などによる腸管の圧迫も原因となります。

また、先天的に大腸の形態異常があって起こる場合もあります。この2つのうち、圧倒的に多いのは機能性便秘 のほうでしょう。

そして、この 機能性便秘 がさらに 2 種類に分けられます。旅行、引っ越しなどで生活環境が変化したときや、精神的な緊張や悩みを抱えているとけつきに、一時的に起きるのが「 一過性便秘 」 です。食事の量が少ないために、胃や結腸の排便反射が充分でなくなることも、その原因の 1 つになります。そして、便を作って排泄するという大腸の働きが、持続的に低下して起きるのが 「 習慣性便秘 」 です。

いわゆる慢性便秘のことで、これが 「 弛緩性 」 「 直腸性 」 「 痙攣性 」 という 3 つのタイプに分類されます。

日本人の 慢性便秘 は、その半分以上が 弛緩性便秘 と呼ばれるものに当たります。かすい内臓下垂の人や虚弱体質の人が、このタイプの便秘を起こしやすくなっています。

便意を我慢したり、浣腸を濫用した結果、大腸の働きが低下して便を大腸下部へ送り出たす力が弱まり、大腸に溜まっている内容物を、直腸まで送り込んでいく結腸運動も弱まることにより便秘を起こすのです。とくに女性によく見られる症状で、自覚症状が少なく、1週間排便がなくても、せいぜい肩凝りやお腹の張りを感じる程度です。

直腸性便秘は、高齢者に起こることが多い便秘です。老化によって腸の粘膜が鈍くなり、便が溜まっているのに便意を催さなくなってしまいます。

ひどいケースになると、まったく便を押し出す力がなくなるため、介護者がゴム手力袋をはめて掻き出さなければなりません。

最近では高周波を利用して、便を溶かす機械も開発されています。それだけ、このタイプの便秘は、周囲の人々がたいへんな思いをするということです。

痙攣性便秘は、感情や情緒の変化、精神的なストレスなどによって起こる便秘で、都市生活者や、精神労働に従事している人に多く見られるタイプでしょう。人間の精神面と便秘が結びつくのは、意外に思われるかもしれませんが、大腸の運動ほ自律神経にコントロールされているため、脳の影響を少なからず受けているわけです。

このタイプの場合、ふつうの便秘と違って排便に苦労するということはありません。詰まっているという感じほなく、ウサギの糞のようにコロコロして硬い便がポロポロと出てきます。

また、毎日のように便秘と下痢を繰り返すことが多いのも、 痙攣性便秘 の特徴と言えるでしょう。

腸内環境を整える

けいれん性便秘の人の食事 | 便秘を解消しよう!

快便の人の腸は 腸年齢 が若く、美肌 乳酸菌サプリ 摂取がポイント

快便の人の腸は 腸年齢 が若く、美肌 乳酸菌サプリ 摂取がポイント となります。腸年齢 が若い腸の人、状態がいいか悪いかのコンディション知るバロメーターは、おならの匂いです。おならが臭かったり、所かまわず出たりするようでしたら、腸内に悪玉菌が増えているサインです。腸年齢 を知るにはおなら以外にもサインがいつくかありますが、おならはわかりやすいサインです。あと、どうしても排便のあとのトイレのニオイがきつくなるのも同様に腸内環境が悪化しているサインです。頻繁に下痢や便秘をする場合は 腸年齢 はかなり上がっているでしょう。

快便の人の腸は 腸年齢 が若く、美肌 乳酸菌サプリの摂取がポイント

快便の人の腸は 腸年齢 が若く、美肌 乳酸菌サプリの摂取がポイント

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、発酵ではなく腐敗が進みます。腸内の細菌は約 500 種類ありますが、それらは善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3 つに分けられます。

日和見菌とはその名の通り、善玉菌が多いときには善玉菌の味方をし、悪玉菌が多いときには悪玉菌の味方をするという、どちらにもなり得る腸内細菌です。

悪玉菌には、大腸菌・ウェルシュ菌・などがありますが、たんぱく質を腐敗させて有害物質を発生させ、病気を引き起こします。

悪玉菌が増えると、便もおならも臭くなり、便秘がちになって大腸がんもできやすくなるのです。便が臭う、オナラが臭うときには腸内環境を整えるために発酵食品を多めに食べる、食物繊維を多めに食べるなどをします。たかが、便秘と安易に考えてはいけません。

日本で 1 年間に新たに大腸がんと診断された人数は、2018 年では男性は約 9 万人、女性は約 7 万人です。 また、臓器別にみると、大腸がんは男性では3番目に、女性では 2 番目に多いがんとなります。大腸ガンの原因は便秘です。腸内環境を整えて 腸年齢 を若く保ち快便になれば大腸ガンからは遠ざかると言うことです。

善玉菌は、ビタミン・ホルモン・アミノ酸を生成し、腸内の働きを整えて下痢や便秘を防ぎます。また、悪玉菌の活動を抑え、悪玉菌が生み出した有害物質を中和します。

腸内細菌のバランスを考えたとき、理想の姿は「悪玉菌がいない」状態。しかし、現実的にはそれは無理です。善玉菌に比べて悪玉菌のほうが、はるかに生命力が強く、種類も多いからです。

もっとも理想状態に近いのが、生まれたばかりの赤ちゃんです。そのお腹は善玉菌だらけ。だから赤ちゃんの便は臭くなく、甘酸っぱい匂いがするのです。それが年齢とともに善玉菌がどんどん減り、悪玉菌が増えていきます。悪玉菌がはびこる腸内では、腐敗物質、有害物質が次々とつくり出されて腸壁から吸収され、血液を通して全身に運ばれます。それが肌荒れやくすみの原因となり、肌から発散されれば加齢臭となります。

腸年齢が若い人ほど、

  1. 肌の悩みが少ない。
  2. 肌や脳の衰えを感じることが少ない。
  3. 脳の老化現象も顕在化しにくい。

というものでした。女性は、便秘になると肌が荒れたり肌のハリやツヤがなくなったりするということはよく指摘されますが、美肌のためには、外側からあれこれ手入れをする前に、まず腸の状態を若々しくすることが大切だとわかります。

見た目が若いなぁ~と感じる女性は快便で便秘知らずの人が多いです。幼い頃から食習慣が整っていて生活習慣も乱れていない人です。

歳をとればとるほど腸内環境に気をつけて、善玉菌を増やして悪玉菌を排除していくようにしなければなりません。この悪玉菌を抑えて腸の不快な症状を手っ取り早く解消するのが、善玉菌である乳酸菌です。乳酸菌 整腸 効果 はこちら。

加齢により善玉菌は減少して悪玉菌が増加します。若い頃に快便でもある程度の年齢になると便秘体質になる人も多いので、腸活はかかせません。そして若い頃のように食べ過ぎ、飲み過ぎは顕著に腸内環境によくありません。食物繊維もバランス良く取り入れていかないと腸内環境はたちまち悪化していきます。

老人ホームで利用者に毎日、乳酸菌をたくさん与えたら、館内に設置している臭気の感知計の数字がガクンと下がったといいます。また、老人達のおむつを替える回数が減り、便も臭くなくなったという報告があったということです。

ちなみに、乳酸菌は糖質を餌に増えるので、ダイエットで主食を減らしすぎると、乳酸菌はどんどん減少していきます。ごはんの減らしすぎには要注意です。腸年齢を若く保つためにはどうしても乳酸菌は必須ですから過激なダイエットは NG です。ダイエット はこちらの注意がとても重要です。

腸年齢 を少しでも若く保つためには乳酸菌サプリのおすすめ で自分に合う乳酸菌サプリを見つけることです。乳酸菌サプリも自分の腸内環境に合っているかあっていないかは摂ってみないとはっきりわかりません。1週間摂ってみてお通じが改善したとかお腹の調子がよくなったなどの感覚があれば続けていいのですが、それほど変化がない場合は、あまり合ってないかもしれません。みきりをつけて他のものに変えたほうがいいでしょう。1週間で変化がなければ変えてみましょう。

腸内環境を整える