快便に向くのは若い バナナ

快便に向くのは若い バナナ です。熟したバナナより少し若い バナナ がおすすめです。バナナは健康によい!と様々な効能が取り上げれていますが、その熟した度合いによって健康効果に違いがあることがわかってきました。

青い若いバナナが腸内環境に効果絶大

快便に向くのは若い バナナ

快便に向くのは若い バナナ

バナナ は健康によい!と様々な効能が取り上げれていますが、その熟した度合いによって健康効果に違いがあることがわかってきました。その中でも腸に有効なのは、青く若いバナナほど豊富に含んでいる、難消化性でんぷんです。その名のとおり小腸で消化吸収されずjに大腸まで達して乳酸菌など常在善玉菌の餌となって善玉菌を増やし、腸内環境を善玉菌優位にします。

バナナ 熟度の度合いによって減少する難消化性でんぷん

若いバナナには、この難消化性でんぷんが豊富ですが、追熟が進むにつれて果糖やブドウ糖に分解されていきます。
ですから、腸のためには若いバナナがおすすなのです。善玉菌の好物であるオリゴ糖やヨーグルトと一緒に食べれば、さらに効果は高まります。

食物繊維が便のかさを増やす

バナナは食物繊維も豊富です。100 g 中に含まれる量は 1.1 g 水溶性 不溶性どちらも含まれますが、不溶性のほうが多いので、便のよい材料となってかさを増やし、腸のぜん動運動を促します。

このほかカリウムの補給源としても バナナ は適しています。カリウムが不足すると腸の動きが悪くなります。そのめに便秘になっている人もいます。またカリウムは血圧を下げたり、血液をサラサラにする効果があります。
善玉菌を増やす

バナナ プロフィール

漬け物 長く漬け込むほど乳酸菌増加

漬け物 長く漬け込むほど乳酸菌増加 少し漬かりすぎてしまった漬け物はやや酸っぱいのですが、少し酸っぱすぎるぐらいのほうが腸のためにはおすすめです。

漬け物 乳酸菌 & GABA

漬け物 長く漬け込むほど乳酸菌増加

発酵食品の代表である漬け物の野菜はそれ自体にビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれています。腸のお掃除には最適ですが、その野菜をさらに漬け物にすると、乳酸菌の働きがプラスされ、腸内正常化に強力に働きます。

そのうえ、漬け物の乳酸菌は、血圧やコレステロールを下げることで注目されているGABAをつくりだす力があるため、漬ける時間が長いほど発酵がすすみます。

なかでも材料にアミやイカの塩辛など動物たんぱく質を使うキムチは、たんぱく質がアミノ酸に分解されて、さらにGABAへと変化するので、乳酸菌だけでなくGABAの宝庫なのです。

乳酸菌の数は漬けて 2 ~ 3 日で 1 g あたり 1000 ~ 10000 個に対し 5 日 ほどで数億以上に増えるデータもあります。
キムチやパック入りの塩漬けのように洗わずにそのまま食べられる漬け物であればGABAと乳酸菌をそのまま摂ることが出来ます。

ぬか漬けならビタミンB1 群も増える

ぬか漬けにすると生に比べてビタミンB1 やビタミンC、ミネラルなどがさらに増えます。これはぬかに含まれている成分が野菜に移ることに加え、乳酸菌がつくりだす分がプラスされるためです。乳酸菌、 GABA は乳酸菌が増える効果により血液をさらさらにします。

善玉菌を増やす

 

発酵食品で腸内フローラを整え元気な体になる

牛乳 毎日 1 杯で善玉菌が増加

牛乳 毎日 1 杯で善玉菌が増加 するという情報です。腸の健康、正常化に役立つのは、糖質の乳糖(ラクトース)です。腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増加させる働きがあります。

牛乳 の乳糖が善玉菌を増加させる

牛乳 毎日 1 杯で善玉菌が増加

牛乳に含まれる栄養素の中でも腸の健康、正常化に役立つのは、糖質の乳糖(ラクトース)です。腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増加させる働きがあります。
毎日200mlの牛乳を飲むとよいでしょう。
これは、腸のためだけでなく、骨粗鬆症予防のためのカルシウム補給にもなります。

牛乳で下痢をしてしまうけど…

乳糖は腸内のラクターゼという乳糖分解酵素によって分解され、吸収されます。ところが、牛乳を飲んで下痢をする人というのは、このラクターゼをもっていないのです。

ラクターゼが少なかったり、もっていない人は、飲んだ牛乳が分解されないまま大腸に運ばれるるので下痢を起こすのです。ホットミルクにすると下痢をしない人もいるので試してみるといいでしょう。
また、無脂肪の牛乳だと下痢をしないタイプの人もいます。腸内環境のためにチャレンジしてみる価値はありそうです。

善玉菌を増やす

風味のある自然な味わいの 「 タカナシ 低温殺菌牛乳 」 乳糖不耐症 おすすめ

小麦フスマ 朝食に食べる習慣をつけ腸の動きを活性化

小麦フスマ 朝食に食べる習慣をつけ腸の動きを活性化 する情報です。小麦フスマとは、小麦粒の外皮の部分や胚芽などの「表皮の部分」を現します。

日本以外ではこの硬い表皮の部分を「ブラン」と呼ぶため、小麦フスマ = 小麦ブラン とも呼ばれています。ちなみに小麦粒からこの“ふすま”の部分を取り除いて精製したものが「小麦粉」になります。

小麦フスマ は半分が不溶性食物繊維

小麦粒の約 15 %を占めており、「ふすま(ブラン)」と呼ばれています。 食物繊維、鉄分、カルシウムを豊富に含んでいます。 小麦ブラン(ふすま)は、日本人が不足しがちな食物繊維、鉄分、カルシウムを多く含む素材として注目され、パンやクッキー、シリアルなどに多く使われています。

小麦フスマ

小麦フスマ は、小麦の粒の外皮です。ちなみに小麦粉は小麦の粒から、このフスマと胚芽を取り除いた物です。多くの穀物がそうであるように、精製時に削られる部分に高い栄養価があるのは小麦も同様です。小麦フスマの半分は不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は、腸内で水分を摂取して便のかさを増やし、腸壁を刺激してぜん動運動を活発にして排便を促します。また、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類も豊富に含んでいます。

オールブランのシリアルが食物繊維ナンバーワン

この小麦フスマを原料にしたシリアルがオールブランです。穀物の加工品であるシリアルには、とうもころしを原料にしたコーンフレークなど数種類ありますが、食物繊維が最も多いのはオールブランです。

同じ麦を原料にしたものでも、オートミールは乾燥させたエン麦を粉状にしたものです。こちらも食物繊維を多く含みますが、牛乳で煮て食べるものなので、食感が苦手という人も多くいます。その点、フレーク状になったオールプランなら、そのまま食べても良く、牛乳やヨーグルトをかけてもOKです。

腸を健康的に刺激することもできますl。また、粉状のものはそのまま温かい飲み物に溶いたり、料理やお菓子に使えるので意外に便利です。

未精製穀類だけで OK は間違い!

栄養価の高い未精製穀類ですが、小麦フスマや玄米に含まれているフィチン酸という物質には、ミネラル類の吸収を阻害する作用があるので、これさえ食べていればよいわけではなく、必ずミネラルなどの栄養素を含む食品も一緒に摂取しましょう。

なお、一方では、このフィチン酸に抗ガン作用があることがわかっており、注目されています。

熊本県産の小麦ふすま粉と、全国に名高い水郷・大分県日田市の水を使った強炭酸水。地下深い岩盤層の下から、長い年月をかけて自然ろ過された良質な天然水が、さらに高純度の水に磨き上げられています。こうした、こだわりの天然素材を贅沢に使用し、低糖質ふすま粉パン

オーマイパン  が作る九州産小麦ふすまの 低糖質パン

善玉菌を増やす

下剤を使ったダイエットはやらない ( 間違いだらけのダイエット その 2 )

下剤を使ったダイエットはやらない 世の中には間違ったダイエット方法がたくさん溢れています。下剤を使ったダイエットの危険性はどこにあるのでしょうか?下剤の長期服用は腸管を薬に依存さえ、腸本来の機能を低下させてしまいます。

腸壁を刺激する便秘薬の常用はぜん動運動を低下させてしまう 下剤を使ったダイエットはやらない

下剤を使ったダイエットはやらない

ダイエットをする人のなかには、少しでも体重を減らそうとして、下剤を利用してしまう人がいます。
確かに体重は減るのですが、このやり方では様々な問題を抱えているので是非行わないでほしいと思います。

市販の便秘薬の多くは、腸管を直接刺激して収縮させることで便を排泄させます。便秘・下痢改善の整腸剤(一覧)などを見ていただくとわかるとおり、下剤、整腸剤というのはかなりの種類と数が出回っています。

こうした便秘薬にばかり頼っているとそのうち腸管が刺激に慣れてしまい、薬を飲んでも便意を感じないようになってしまいます。もちろん、何日も便がでないようなケースでは、便秘のほうが問題ですから限定的に使用することもあります。

便秘薬が効かなくなってくると、便秘薬を飲む回数が増え、毎日服用するようになってしまいます。便秘薬による排便が習慣化してしまうと、腸が本来持っている機能を低下させぜん動運動も弱まり、自力で排便できなくなってしまうのです。

原因としては、血液中のカリウム不足もあげられます。便秘薬を常用していうrと、カリウムなど必要な栄養素まで排泄されてしまいます。血液中のカリウムが低下すると、筋力が低下し、腸のぜん動運動や腹圧が弱くなってしまうのです。

いずれにしても便秘薬の長期使用は、大腸の下剤依存度を引き起こし、薬の使用前よりも腸の機能が低下する腸弛緩症候群をもたらす可能性があるので注意します。浣腸も同様です。

漢方の下剤の常用は腸壁が真っ黒になることも

センナや大黄など、漢方が主体の下剤やハーブは副作用もほとんどなく安全だというイメージがありますが、腸壁を直接刺激して収縮させ、排便を促すしくみなので一般的な便秘薬とほぼ同じです。
痙攣性便秘の原因をつくってしまうケースもあります。腸の粘膜に黒い色素沈着を生じさせる大腸メラノーシスの原因になります。現在は害がないわれていますが、腸粘膜の変性は、気持ち悪いものです。

食べる量を減らすダイエットは腸がさがって下がってしまう ( 間違いだらけのダイエット その1 )

どうしても便秘が解消できないのなら 食物繊維 トクホ イサゴール

食べる量を減らすダイエットは腸がさがって下がってしまう ( 間違いだらけのダイエット その1 )

食べる量を減らすダイエットは腸がさがって下がってしまう ため NG です。食べないダイエットが腸に及ぼす影響を解説しています。結果便秘を招きます。

無理なダイエットは便秘を促進させる

食べる量を減らすダイエットは腸がさがって下がってしまう

引き締まったスリムなナイスボディーになりたいという女性はたくさんいます。ところが、ただ細くなればいいと、無理なダイエットや間違ったダイエットを行った結果、自分自身の健康を損ねてしうことも少なくありません。

過剰なダイエットで内臓機能が停止しまうなどが参考になります。

ダイエットによって引き起こされる便秘もそのひとつになります。 1 日 3 食をきちんと食べずにさらに1回の食事量を減らしてしまうと当然、便の量も減ります。食べなければ、便も出ません。便秘が続くうちに、腸には悪玉菌が急激に優性となり有害物質が発生し体中に運ばれていくと肌荒れ、頭痛、肩こりなど不快症状があらわれます。

女性は、もともと男性よりも皮下脂肪が多く、内臓脂肪が少ないため過激なダイエットをすると、さらに内臓脂肪が減り、腹部の臓器の位置を保持できなくなります。そのうえ、内臓を支えているお腹の筋肉、腹直筋が衰えると、胃が下がり胃下垂になります。下がった胃は腸にも悪い影響を及ぼします。

胃に押されて、横行結腸が垂れ下がるようになり、S状結腸も下がり、胃下垂が起きるのです。これによって、腸内のカーブが増え、便が通過しにくくなってしまうのです。だらりとなった腸を便を送り出すのに時間がかかり、腸内で水分を吸収されすぎた便は、ますます硬くなって排便を困難にするので、便秘になってしまうのです。ダイエットは、食べる量を減らせばよいというものではありません。

日本人の体質は 6 割の人が水太りだと言われています。「悪い水」と脂肪を排泄するためのダイエット法がありますのでこちらも参考になります。

下剤を使ったダイエットも危険がいっぱいです。

 

わかめ こんぶ ひじき 腸だけでなく血液も浄化

わかめ こんぶ ひじき 腸だけでなく血液も浄化 する効果があります。海藻に含まれる水溶性食物繊維は水に溶けてかさを増やし、独特のヌメリで水分不足の便を柔らかくしてくれます。

また、海草類は同じ水溶性食物繊維でもいくつかの種類に分類されるのですが、それぞれが特徴的な多糖類を含んでおり、整腸作用以外にも様々な効能を発揮します。

わかめ こんぶ ひじき 腸だけじゃない!

わかめ こんぶ ひじき 腸だけでなく血液も浄化

海藻に含まれる水溶性食物繊維は水に溶けてかさを増やし、独特のヌメリで水分不足の便を柔らかくしてくれます。また、海草類は同じ水溶性食物繊維でもいくつかの種類に分類されるのですが、それぞれが特徴的な多糖類を含んでおり、整腸作用以外にも様々な効能を発揮します。

褐藻類のこんぶ、わかめ、もずく、ひじきなどから抽出されるアルギン酸には血圧を下げる効果もあります。

昆布水で快便、血圧安定、血管の若返りも!がごめ昆布

さらに、最近注目のフコイダンという多糖類が含まれています。フコイダンには、肝機能の向上、抗ガン作用、免疫賦活作用、抗血栓作用、抗アレルギー作用などがあります。紅藻類から抽出されるカラギーナンにも抗ガン作用が認められています。

このほか、十分な食物繊維は胃から腸への移動時間をゆるやかにして、血糖値の急激な上昇を抑えています。水溶性食物繊維の代表である海藻は、腸の健康のためだけでなく、生活習慣病の予防にも欠かせないのです。

みそ汁以外の活用

わかめは汁物や和え物、サラダなど使いやすいメニューがすぐに浮かびますが、こんぶ、ひじきはちょっと苦手、あるいは食べ方がよくわからない、という人におすすめの料理です。

鍋をしたときのダシ昆布を捨てずに細かく刻んでカツオのだしと薄いしょうゆで煮ます。これであっさりとしたおかずが一品できあがりです。ひじきは、にんじんやレンコンなどと煮て常備薬にするのももちろんですが、ゆでたインゲンやレンコン、ツナと一緒にマヨネーズで和えてサラダにしたり、炊き込みご飯にしてもおいしいです。

善玉菌を増やす

酸性体質を中和するための食品はこうして選ぶ

大豆 大豆製品 腸に効く成分がたっぷり

大豆 大豆製品 腸に効く成分がたっぷり で腸活には欠かせない食材です。大豆は、豆乳、おから、納豆などの日本人には馴染みのある食材ばかりです。大豆に含まれるオリゴ糖は少量でお腸内のビフィズス菌の餌となって強力に増やし、善玉菌優位の環境をつくり、便のかさを増やし、排便習慣をつけることができます。

大豆 大豆製品 オリゴ糖や食物繊維がパワーを発揮

大豆 大豆 製品 腸に効く成分がたっぷり

大豆のすぐれた健康効果は今や常識。もちろん腸の調子を整えることにも、重要な役割を果たしています。なかでも、大豆に含まれるオリゴ糖は少量でお腸内のビフィズス菌の餌となって強力に増やし、善玉菌優位の環境をつくり、便のかさを増やし、排便習慣をつけることができます。

日本人が納豆やお豆腐、豆乳などの食品を体にいいもの、と自然に意識しているのもそれらの理由からでしょう。

さらに食物繊維も豊富に含まれるので、ぜん動運動を刺激して便通の改善に役立ちます。最近では、女性ホルモンに似た働きがある大豆イソフラボンも注目されています。畑の肉と呼ばれるように良質なたんぱく源として活用されます。
豆腐、納豆、油揚げ、大豆の水煮などで大豆製品を積極的に摂取して腸内環境を整えたいところです。

水煮缶を利用すれば忙しい人でもらくらく

豆の料理というと、煮豆くらいしか思い浮かばないし、日頃煮ている時間がないという忙しい人には、水煮缶がおすすめです。そのまま食べることも出来ますが、サラダやシチューの具にすることもできます。

日頃ストレスが多い人であれば、水煮缶に大根おろしをたっぷりかけてポン酢などをかけて食べれば効果的です。最近は、大豆やインゲン豆をはじめたくさんの種類の豆の水煮缶を購入することができます。

善玉菌を増やす

大豆 効果アップ 食材 はこちら。

切り干し大根 食物繊維 は 生 の 15 倍も

切り干し大根 食物繊維 は 生 の 15 倍も あります。腸活のためには大根は生で食べるより切り干し大根で食べるほうがいいでしょう。しいたけも生よりも 干ししいたけ の方が食物繊維たっぷりだと紹介しました。腸のためには「干したもの」のほうが食物繊維が増えておすすめです。

切り干し大根 食物繊維のかたまりといっていいほどの量

乾燥させることで甘みが増し、大根より増える栄養もあります。中でも、整腸効果などがある食物繊維が多く含まれています。切り干し大根茶 も便秘解消に人気です。

切り干し大根 食物繊維は生の 15 倍も

日本には古来より日本人の食生活に根ざした保存食がたくさんあります。今ほど流通が発達していなかった時代、収穫したものを乾燥、保存して栄養を摂取してきた先人の知恵です。そのなかでもカルシウムや食物繊維を摂取しやすい切り干し大根は便秘気味の方にはおすすめです。

切り干し大根のカルシウムは、1食分(15g)の場合約 81 mg。牛乳に比べ脂肪分も少なくヘルシーです。

大根は約95%が水分ですが、天日干しにすることで水分が 16 %程度にまで減り、旨みや栄養が凝縮されます。カルシウム、鉄、食物繊維なども大幅に含有量が増えます。生野菜を大量に食べることは難しいのですが、切り干し大根の場合、少ない量で食物繊維をたくさん摂取することができるのがメリットです。

切り干し大根 は、生に比べると、なんと15 倍近くも食物繊維が増えています。これは、乾燥させることで凝縮されるからです。

食物繊維だけでなく、鉄は48倍、カルシウムは22倍も増えていますから、貧血や骨粗鬆症が気になる人にもおすすめです。

定番の煮物だけでなくサラダ感覚で生の野菜と一緒に和風や中華のドレッシングであえたり、油揚げやじゃこと一緒にさっと炒めたりすればおいしく食べることが出来ます。古くなると茶色く変色してしまうので、においもきつくなります。

新しいものを使うのがポイントです。新鮮な新しいものであれば水で戻さずに水洗いだけで十分に食べることが出来ます。善玉菌を増やす

切り干し大根茶はダイエットにも

ごぼう やっかいな慢性便秘には硬い食物繊維

ごぼう やっかいな慢性便秘には硬い食物繊維 が効果的です。

ごぼう  水に溶けない不溶性食物繊維が効く

ごぼう やっかいな慢性便秘には硬い食物繊維

ごぼうの食物繊維のほとんどが腸内で消化吸収されない不溶性食物繊維です。この食物繊維は、便のかさを増量させるだけでなく、腸内を刺激して、ぜん動運動を促し、便秘を解消します。

不溶性食物繊維のセルロースとリグニンは、腸内で水分を吸収して膨らみ、腸管を刺激して腸のぜん動運動を高め、便の排出を促します。 動脈硬化を予防する効果 ごぼうに含まれる不溶性食物繊維のリグニンには、動脈硬化や高血圧を予防する効果があります。

便秘気味の人は、煮物、みそ汁、きんぴらごぼうなどで毎日無理なく食べるようにします。これは、1回2回だけでなく少し続ける必要があります。
過敏性腸症候群のようにぜん動運動が活発になりすぎて腸がけいれんを起こして便秘になっている症状の場合には不向きなので気をつけます。もちろん、一時的に下痢気味の人も控えたほうがいいでしょう。ごぼう茶 も便秘解消効果大です。

ごぼうについてはこちら。