ご飯やみそ汁にも入れて活用(寒天)

寒天人気が急上昇

寒天の材料は海藻の仲間のてんぐさ。ほかの海藻同様に水溶性食物繊維が豊富に含まれています。ですから、寒天を常食すると、腸内で水分を含んだ、ほどよい柔らかさの便をつくります。
また、腸だけでなく、水溶性特有の性質が、胆汁酸や余分な脂肪酸やコレステロールを吸着してカラダの外へ排泄する働きもあり、生活習慣病を予防することにもつながります。さらに糖質の吸収を抑えるためダイエットにも効果があります。

おやつだけではもったいない

ゼリーや和菓子などでお馴染みの寒天ですが、ところてんをおやつにもするのもよいでしょう。また、おやつだけではたいした量を摂取することができませんから棒寒天をご飯に入れて炊き込んだり、みそ汁に入れて飲んでしまう方法がおすすめです。棒寒天を水でもどし、小さくちぎってご飯と一緒に炊くと、もちっとした食感を楽しむことができます。ちぎった寒天をみそ汁やスープに入れて食べるのもおいしいです。ふかふれのような食感が味わえます。粉寒天ならみそ汁だけでなく、お茶やコーヒーに入れても味が変わることなく手軽に寒天が食べられます。

脱水症状に注意

寒天は体内で250倍もの水分を吸収する力があります。手軽だからと一度にたくさんの寒天を摂ると、体内の必要な水分まで吸収してしまい、脱水症状になってしまうことさえあります。ご飯なら1合に4/1本くらい、粉末なら1食ティースプーンすりきり1杯程度を目安に少量ずつ続けるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください