小麦ふすま 効果 朝食に食べる習慣をつけ腸の動きを活性化

小麦ふすま 効果 朝食に食べる習慣をつけ腸の動きを活性化 する情報です。小麦ふすまとは、小麦粒の外皮の部分や胚芽などの「表皮の部分」を現します。

日本以外ではこの硬い表皮の部分を「ブラン」と呼ぶため、小麦ふすま= 小麦ブラン とも呼ばれています。ちなみに小麦粒からこの“ふすま”の部分を取り除いて精製したものが「小麦粉」になります。

小麦ふすま は、糖質が非常に少なく、食物繊維が豊富で健康志向の方にとても人気です。ダイエット中の方、血糖値を調整しなければいけない糖尿病の方にはおすすめです。

小麦ふすま は半分が不溶性食物繊維 小麦ふすま 効果

小麦粒の約 15 %を占めており、「ふすま(ブラン)」と呼ばれています。 食物繊維、鉄分、カルシウムを豊富に含んでいます。 小麦ブラン(ふすま)は、日本人が不足しがちな食物繊維、鉄分、カルシウムを多く含む素材として注目され、パンやクッキー、シリアルなどに多く使われています。

小麦フスマ

小麦フスマ

小麦フスマ は、小麦の粒の外皮です。ちなみに小麦粉は小麦の粒から、このフスマと胚芽を取り除いた物です。多くの穀物がそうであるように、精製時に削られる部分に高い栄養価があるのは小麦も同様です。
小麦ふすまの半分は不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は、腸内で水分を摂取して便のかさを増やし、腸壁を刺激してぜん動運動を活発にして排便を促します。また、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類も豊富に含んでいます。

現代人は食物摂取量が少ない

食物繊維が不足するとどうなる 食物繊維が不足すると、腸内環境の悪化によって便秘になりやすくなります。 その結果、痔になったり、大腸癌のリスクが高まったりします。 また、糖尿病などの生活習慣病のリスクも高くなります。
食物繊維は、便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロールの濃度の低下、腸内フローラを良いバランスに保つなど、多くの生理機能が明らかになっています。

食物繊維の多い小麦ふすまには「腸内有用菌(ビフィズス菌)を増やし、免疫機能を維持する」「高コレステロールを抑える」「高血圧を抑える」などの、さまざまな体に良い効果があり、最近は特に注目されています。日本人にはもともと玄米が体質に合っていると言われていますが、玄米はなかなか浸透しませんが、小麦ふすまには注目が集まっています。パン食が定着しているせいかもしれません。

オールブランのシリアルが食物繊維ナンバーワン

この小麦ふすま を原料にしたシリアルがオールブランです。穀物の加工品であるシリアルには、とうもころしを原料にしたコーンフレークなど数種類ありますが、食物繊維が最も多いのはオールブランです。

同じ麦を原料にしたものでも、オートミールは乾燥させたエン麦を粉状にしたものです。こちらも食物繊維を多く含みますが、牛乳で煮て食べるものなので、食感が苦手という人も多くいます。その点、フレーク状になったオールプランなら、そのまま食べても良く、牛乳やヨーグルトをかけてもOKです。

腸を健康的に刺激することもできますl。また、粉状のものはそのまま温かい飲み物に溶いたり、料理やお菓子に使えるので意外に便利です。

未精製穀類だけで OK は間違い!

栄養価の高い未精製穀類ですが、小麦フスマや玄米に含まれているフィチン酸という物質には、ミネラル類の吸収を阻害する作用があるので、これさえ食べていればよいわけではなく、必ずミネラルなどの栄養素を含む食品も一緒に摂取しましょう。

なお、一方では、このフィチン酸に抗ガン作用があることがわかっており、注目されています。

熊本県産の小麦ふすま粉と、全国に名高い水郷・大分県日田市の水を使った強炭酸水。地下深い岩盤層の下から、長い年月をかけて自然ろ過された良質な天然水が、さらに高純度の水に磨き上げられています。こうした、こだわりの天然素材を贅沢に使用し、低糖質ふすま粉パン

オーマイパン  が作る九州産小麦ふすまの 低糖質パン

オーマイパンの低糖質ふすま粉食パンは、一般的な食パンよりも糖質を88% カット、食物繊維8.3倍。
10枚切りにした場合、1枚あたりの糖質2.9g 低糖質ふすま粉パンは、低糖質ダイエット中の方、糖質が気になる方でも、手軽に安心して美味しく食事を楽しむことができます。

小麦ふすまは不溶性食物繊維ですが、便秘に効果がない場合もあります。これは水溶性食物繊維の摂取が少ないからです。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を2対1で摂ることが黄金比です。
イサゴール ならこの黄比になっています。

善玉菌を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください