オリゴ糖 含有食品で徹底的に 善玉菌増 を行う

Pocket

オリゴ糖 含有食品で徹底的に 善玉菌増 を行う ようにすれば善玉菌が増えて腸内環境が整えば便秘解消はスムーズです。オリゴ糖 は今日食べたら明日には快便というわけにはいきませんが、腸内環境が乱れている場合には、腸内環境改善に非常に有効です。ビフィズス菌を増やしておなかの調子を整える作用があります。

オリゴ糖 は、低消化性(低エネルギー)で、整腸作用や腸内細菌を増やす作用などが知られています。

オリゴ糖 含有食品で徹底的に善玉菌増を行う 食品の数が増えれば オリゴ糖 も豊富に摂れる

オリゴ糖は、人の体では消化・吸収されにくい性質があり、そのまま大腸まで到達して私たちの腸内に棲む腸内細菌のうち、健康に良い働きをしてくれる善玉菌(主にビフィズス菌)のエサとなることで、腸内環境を整える働きがあることが明らかになっています。

さらに、消化・吸収されにくいということから、砂糖よりもカロリーが控えめで砂糖のように急激に血糖値があがらずに上昇がゆるやかであるという嬉しい特徴もあるので、ダイエット中の方にもおすすめです。砂糖のように血糖値が急上昇することがない点もうれしいですね。

ダイエット時に糖質を摂ると何かとてつもない罪悪感におしつぶされそうになりますが オリゴ糖 なら心配ありません。プレーンヨーグルトに入れて食べてもおいしく食べられます。

オリゴ糖 含有食品で徹底的に 善玉菌増 を行う

オリゴ糖 含有食品で徹底的に 善玉菌増 を行う

オリゴ糖 は、ブドウ糖や果糖などの単糖類が2~数個結びついた糖質の総称で、ビフィズス菌を増やすのに効果的な摂取量は 1 日 5 ~ 10 gです。大さじ1杯 15 g はややオーバーです。砂糖がわりにオリゴ糖を使うのはおすすめです。

野菜以外にも様々な食品に微量ずつ含まれていますが、それらをまんべんなく食べればお腹の調子を整えることも可能です。
野菜では、ごぼうやたまねぎに比較的多く含まれ、きな粉やバナナにも含まれています。たまねぎは解毒効果も高いのでおすすめです。

特保の食品も活用する

野菜などを十分に摂取することが困難な場合は、オリゴ糖 を砂糖がわりに使用するとよいでしょう。
健康に役立つ機能性と安全性について厚生労働省から認可されている食品のことを、特定保健用食品(トクホ)と呼びますが、オリゴ糖商品にもトクホに指定されているものがいくつかありますのでこれらを上手に活用するといいでしょう。
以下は便秘解消の専門サイトで取り扱っている人気の オリゴ糖 含有製品です。

リンゴには食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。 ペクチンは水に溶けるとゼリー状にかたまるため、便秘のときは、水分のなくなった便をやわらかくして排便をうながし、下痢のときは、ゼリー状の膜になって腸壁を守ります。 コレステロール値の上昇を抑え、動脈硬化の予防にも役立ちます。りんご についてはこちら。

オリゴ糖が含まれたお腹の環境づくりに最適な 「 天寿りんご黒酢 」 を紹介します。壺づくり純米黒酢「坂元のくろず」をベースにガラクトオリゴ糖、りんご果汁をバランスよく配合し、おいしく仕上げました。腸内のビフィズス菌を適正に増やし、おなかの調子を良好に保つ調味酢です。1 日に30 ml を水などで4倍にうすめてお召し上がりください。

オリゴ糖を含む製品というと清涼飲料水、ビスケット、プリンやヨーグルトなどが市販されていますのでチェックしてみるといいでしょう。
日頃から善玉菌を摂取する習慣をつけることが大切です。
オリゴ糖 入り

食品に含まれる オリゴ糖 の量

普段食べる食材の オリゴ糖 の含有量を紹介します。オリゴ糖 が多く含まれる野菜や果物を食べて腸内環境の改善に役立てましょう。

  • ごぼう 3.6 g
  • ヤーコン 8.0 g
  • たまねぎ 2.8 g
  • ライ麦 0.7 g
  • にんにく1.0 g
  • ねぎ 0.2 g
  • きな粉 0.7 g
  • 枝豆 0.1 g
  • バナナ 0.3 g

口コミとネットで火がついた オリゴ糖 商品 ラフィノース はこちら。

善玉菌を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください