善玉菌を増やす」カテゴリーアーカイブ

寒天 効果 ご飯 にも入れて食物繊維 摂る みそ汁にも入れて活用

寒天 効果 ご飯 にも入れて食物繊維 摂る みそ汁にも入れて活用できます。寒天 ご飯やみそ汁にも入れて活用 すると腸活に最適です。寒天の材料は海藻の仲間のてんぐさ。ほかの海藻同様に 水溶性食物繊維 が豊富に含まれています。食物繊維 たっぷりの寒天をご飯やみそ汁にも入れれば食物繊維をたっぷり摂ることができます。

寒天 効果 人気が急上昇

寒天は海藻の食物繊維をたくさん含んでいるのでおなかの調子を整えてお通じを改善します。 寒天の食物繊維には腸から吸収されずに便の材料となるため便の量が増えて、おなかがスッキリします。

寒天(粉)100g中に含まれる食物繊維の量は79g(角寒天では74.1g)。その含有量は、あらゆる食品のなかでもベスト3に入る量です。

食物繊維には、よく知られているお腹の調子を整える効果のほかに、糖の吸収を抑えたり、コレステロールを体外に排出する作用があります。便秘や軟便など、お腹の調子に悩んでいる方や、ダイエット中の方もぜひ積極的にとりたい成分です。全体量のおよそ70〜80%が食物繊維である寒天は、効率よく食物繊維をとるのにピッタリの食材です。

寒天 効果 ご飯やみそ汁にも入れて活用

寒天 効果 ご飯やみそ汁にも入れて活用

寒天の材料は海藻の仲間のてんぐさ。ほかの海藻同様に水溶性食物繊維が豊富に含まれています。ですから、寒天を常食すると、腸内で水分を含んだ、ほどよい柔らかさの便をつくります。

また、腸だけでなく、水溶性特有の性質が、胆汁酸や余分な脂肪酸やコレステロールを吸着してカラダの外へ排泄する働きもあり、生活習慣病を予防することにもつながります。さらに糖質の吸収を抑えるためダイエットにも効果があります。

寒天 味

「寒天」の特徴とは?
・味:ほぼ無味で味への影響は少ない。 天然寒天は海藻が香る場合もある。
・特徴:ゼラチンに比べ、強度がある。

味がないのでどんな料理にも加えて食物繊維が摂れるのがとても使いやすいです。寒天 効果 を得やすいのでおすすめです。また、寒天を使ったものもたくさん売られています。

寒天 栄養

寒天 には食物繊維の他にもカルシウム、鉄、カリウムなどが含まれています。
寒天の生理機能 寒天に豊富に含まれる食物繊維が、様々な生理機能を発揮します。 排便を促して便秘を解消したり、コレステロールの吸収を防ぐ効果が良く知られています。

おやつだけではもったいない ごはんやみそ汁にも

ちろん寒天ゼリーやところてんにも食物繊維が含まれているので、食物繊維がもたらす寒天の効果はあるでしょう。しかし、ゼリーやところてんに調理した状態では一食分に使われている寒天の量はわずかで、寒天ゼリー1つの食物繊維量はおよそ0.2g、ところてん1人前で0.8g程度と、多くの食物繊維が摂れるわけではありません。寒天 効果 の期待は薄いかもしれません。

ゼリーや和菓子などでお馴染みの寒天ですが、ところてんをおやつにもするのもよいのですが、おやつだけではたいした量を摂取することができません

棒寒天をご飯に入れて炊き込んだり、みそ汁に入れて飲んでしまう方法がおすすめです。

棒寒天を水でもどし、小さくちぎってご飯と一緒に炊くと、もちっとした食感を楽しむことができます。ごはんを3食食べる人は、これで食物繊維が十分摂れます。ダイエット中の便秘対策にも利用できます。朝のコーヒーに入れるのもいいでしょう。

ちぎった寒天をみそ汁やスープに入れて食べるのもおいしいです。ふかふれのような食感が味わえます。粉寒天ならみそ汁だけでなく、お茶やコーヒーに入れても味が変わることなく手軽に寒天が食べられます。

寒天 注意 脱水症状

寒天は体内で 250 倍もの水分を吸収する力があります。手軽だからと一度にたくさんの寒天を摂ると、体内の必要な水分まで吸収してしまい、脱水症状になってしまうことさえあります。ご飯なら 1 合に 4 分の 1 本くらい、粉末なら 1 食ティースプーンすりきり1杯程度を目安に少量ずつ続けるのがいいでしょう。

また、寒天 は40℃位で固まり始めます。 寒天液と冷たい液体を合わせる際は冷たい液体を人肌に温めてから寒天液に加えてください。 温度差があると均一に固まらない場合があります。 また、酸味の強い果汁と一緒に煮立てると固まらなくなる場合がありますので、加える際は火を止めてから加えてください。

寒天が苦手なら イサゴール で食物繊維

善玉菌を増やす

 

干ししいたけ キノコの食物繊維キング

干ししいたけ キノコの食物繊維キング です。では生のしいたけと干ししいたけの違いはどこにあるのでしょうか?食品の中でも乾物類は、生よりも生よりも栄養価がアップするものが多く、しいたけも乾物のほうが栄養価がアップしています。

干ししいたけ は生と比べると 12 倍の食物繊維を含む

干ししいたけ キノコの食物繊維キング

干ししいたけ キノコの食物繊維キング

食品の中でも乾物類は、生よりも生よりも栄養価がアップするものが多く、しいたけも乾物のほうが栄養価がアップしています。
生しいたけ100 g 中の食物繊維は3.5 g ですが、干しいしたけには、41.0 g も含まれています。その他のキノコをみても、可食部 100 g の食物繊維は、

  • エノキダケ / 3.9 g
  • マイタケ / 2.7 g
  • エリンギ / 4.3 g

なので、干ししいたけの食物繊維はずば抜けていることがわかります。
1 食分は大 1 枚~中 2 枚程度 (約10g) ですが、それでも4.1gの食物繊維が摂れるわけです。腸活には最適です。スーパーで購入した生のしいたけは陽の当たるところで干しましょう。

特有成分、エリタデニンとエルゴステリン

しいたけには、コレステロール値を下げる働きをもつエリタデニンという特有の成分が含まれています。

さらに、体内でビタミンDに変わるエルゴステリンという成分は、日光にあたると増えます。生でも干ししいたけでも家庭で日光浴させてから使うとよいでしょう。

きのこは種類が豊富なので毎日食べても飽きない

スーパーにはたくさんの種類の きのこ が手軽に買えます。その食感や味は様々なので同じ調理法でも飽きずに食べられるのが特徴です。

きのこ類がもつ βグルカン という多糖類には免疫力を高める作用があるので、がんを予防する食品としても注目されています。
食物繊維をはじめ、これらの有効成分を無駄なく摂るには、調理に際して水洗いはせずに長い時間の加熱を避けることがポイントです。

ハナビラタケ増強食 | ガン患者に評判の健康食品でも紹介されているとおり、昔も今もガンになってしまった人がキノコの抗ガン作用にすがり、プラシーボ効果だけでなく最近は、科学的にも証明されているキノコの力に頼るケースもますます増えています。
以下は、ハナビラタケでの動物実験に関する記事の引用になります。

ガンを発症させた130匹のマウスに与えて、35日後に結果を調査。その結果、ハナビラタケのβ(1-3)グルカンを与えたすべてのマウスは、ガン細胞の増殖が抑えられていた。特に、熱アルカリ抽出(水酸化ナトリウムで煮出して有効成分を抽出する方法)によるハナビラタケのβ(1-3)グルカンを与えた10匹のマウスは、すべてのガン細胞が完全に消失。

本当においしい乾燥しいたけは「感動」があります。

善玉菌を増やす

1日1杯の椎茸のもどし汁が頑固な高血圧を改善する

ビタミン 善玉菌の環境係

ビタミン 善玉菌の環境係 というとわかりやすいでしょうか?腸活にも欠かせない ビタミン についての腸への働きについてです。ビタミン類は善玉菌を増やしながら病原菌を抑え腸の活動を総合的にサポートします。

腸の働きにもかかせないビタミン類 ビタミン 善玉菌の環境係

ビタミン 善玉菌の環境係

ビタミン 善玉菌の環境係

健康維持に欠かせないビタミン類は、腸ではどのように働くのでしょうか?ビタミンB1、B2、B6などのB群は、腸内で善玉菌を増やしたり、ぜん動運動を活発にしたりします。B群はビフィズス菌によって腸内でも合成されますが、不足しやすいビタミンなので、毎日の摂取が必要で食事の内容が大切です。

善玉菌優位の腸内環境をつくるには、体の免疫力を高める必要もあります。これに活躍するのがビタミンCです。ビタミンCは、腸内でおもに、外から侵入してくる病原菌の働きを抑える役目を果たしています。食中毒になってもビタミンCを十分に摂って入れば大事に至らずにすむケースも多々あります。

ビタミンA は腸内の粘膜を丈夫に保つ働きがあり、不足すると下痢しやすくなる人もいます。ビタミン類は、青菜や人参などの緑黄色野菜だけではなく、肉類にも含まれています。いろいろな食品をバランスよく食べて腸が元気に働くようにしましょう。

善玉菌を増やす

ビタミンを含む主な食品

ビタミンA
春菊、小松菜、ニラ、ほうれん草、大根の葉、人参、かぼちゃ、鶏・豚・牛レバー、うなぎ
ビタミンB1
鶏、豚、牛レバー、大豆、ピーナッツ、たらこ、うなぎ、
ビタミンB2
鶏・豚・牛レバー、うなぎ、鯖、まぐろ
ビタミンB6
大豆、ピーナッツ、じゃがいも、さつまいも、バナナ、豚肉、鶏・牛レバー、鯖、まぐろ
ビタミンB12
鶏肉、卵、チーズ、さけ、いくら、たら、まぐろ、ひらめ、ホタテ貝、いわし、はまぐり、あさり、
葉酸
卵、牛乳、ほうれん草、せり、バナナ、アボガド、オレンジ、
ニコチン酸
かつお、さば、さわら、ぶり、いわし、まぐろ、豚肉、ピーナッツ
パンテトン酸
胚芽、肉、魚、牛乳、豆類
ビオチン
鶏、豚、牛レバー、イワシ、卵、きな粉
ビタミンC
ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいも、ほうれん草、小松菜、いちご、オレンジ、アセロラ、キウイ、グレープフルーツ、パパイヤ、柿、緑茶
ビタミンD
干ししいたけ、鰹、イワシぶり、さんま、しらす干し、マグロ、さけ、さば、
ビタミンE
うなぎ、イカ、さば、さんま、さけ、大豆、かぼちゃ、ほうれん草、にら、春菊、ブロッコリー、大根の葉、小松菜、、アボガド、キウイ、アーモンド、ごま

ビタミンの効能、効果はこちら。