ストレッチ 効果」タグアーカイブ

起床時 の ストレッチ を習慣化させる

起床時 の ストレッチ を習慣化させる ことで身体をゆっくり優しく起こすことができます。生活リズムを一定にすることで自律神経のバランスが整い、交感神経・副交感神経を適切な時間帯に活性化させることができます。起床時に行うことでリズムを作ることができます。今日は、ちょっと面倒だなぁと思う日でも続けることで効果を発揮します。手足をぐっと伸ばすだけですので、簡単にできます。

朝 目が覚めても身体は起きていません。手足の筋肉、体全体の筋肉をゆっくりと伸ばすス トレッチ で身体を優しく起こします。

目覚めたら ストレッチ を行うことで体を目覚めさせます。眠っている間の副交感神経優位状態を起きて動き始める交感神経優位に切り替える きっかけ にストレッチ を利用するということです。

寝起きのストレッチには眠気やだるさを軽減し、体内の活動スイッチを ON にする効果があります。

目覚まし時計

起床時 に行う ストレッチ

目覚めても筋肉はまだ起きていない 起床時 に行う ストレッチ で起こす

朝、目覚めても体はまだ起きていません。というのは、筋肉は睡眠中に長く同じ姿勢をとっているせいで固くなっているのです。そんな状態で急に体に無理な負担をかけると腰を痛めたりしてしまことも。腰痛もちの人は特に起床時が一番しんどいはずです。筋肉がかたまっているためです。

ほんの少し早めに起きる習慣をつけ、手足の ストレッチ を行うことで筋肉を優しくほぐします。 ストレッチ といっても簡単で目覚めたら、まず寝たまま手足をぐーっと伸ばすだけです。これを習慣化させてしまいましょう。手足をしっかり伸ばしてから起きるだけの簡単 ストレッチです。

手足を上下にして全身を伸ばすストレッチです。とても簡単ですが、無理なく全身に血液を行き渡らせるので、寝起きの最初の ストレッチ にぴったりです。知らず知らずのうちにやっている人も多いかもしれません。

やり方は、仰向けの状態で両手を上に、両足のつま先を下に向け、背伸びの状態で3~5秒間キープし、フッと力を抜きます。これを2~3回繰り返します。

ストレッチの効果というのは、筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。

ストレッチで、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。 ウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。これは、起床時のストレッチ 効果とは異なり運動前のストレッチ効果です。運動を始める前の ストレッチ とはまた異なったストレッチの活用です。

朝、起きたら伸びるストレッチができるようになったら呼吸も意識するようにします。しっかり呼吸を繰り返すことでより効果が高まります。

自律神経のうち、交感神経が優位だと筋肉が収縮し、副交感神経が優位だと筋肉が緩みます。
呼吸において、吸う時は交感神経が、吐く時は副交感神経が優位になるためしっかり吐くときに筋肉を伸ばすと、より伸びやすいとされているからです。

また呼吸法のうち腹式呼吸は体内に取り込む酸素量が多いので、ストレッチ時に適しているとされています。
ただ胸式呼吸も心身をリフレッシュさせるなどのよい効果があるとされています。

目覚めに行う ストレッチ は感覚神経への刺激がストレス解消にも

筋力トレーニングで動かす部分に意識を集中させるように、 ストレッチ  も「手足の先がおもいっきり伸びる」イメージを描きながら行うと効果的です。伸ばす程度は、かすかな痛みを感じるところまでです。

無理をしてはいけません。ちなみに腰痛がひどい方は、このストレッチにプラスして就寝前にも行うとより効果的です。

それ以上の無理をすると筋肉を痛めたり、苦痛のほうが大きくなり三日坊主になってしまいます。ストレッチをすると、筋肉が感覚神経を刺激し、疲労回復やストレス解消にも効果があります。

目覚めの際の習慣にするといいでしょう。 ストレッチ が目覚めのスイッチになると自律神経も安定してくるでしょう。朝にストレッチで身体を動かすと、1日のスイッチがしっかり切り替わるのを感じられるようになります。緩やかなストレッチは筋肉を無理なくほぐします。
寝る姿勢によっては身体を圧迫し血流やリンパの流れが悪くなってしまい、身体が固まってしまうことがあります。

ゆっくり呼吸をしながら身体を伸ばすことで、筋肉に血液を送り、身体を温める効果があります。起床時の ストレッチ は、結果、冷え も解消し、自律神経も整って便秘も解消できる一石二鳥です。朝食もおいしく食べられるはずです。イサゴール などに頼らなくても快便に体質が変わってくれば大成功です。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ