ストレッチ」タグアーカイブ

起床時 に行う ストレッチ を習慣化させる

起床時 に行う ストレッチ を習慣化させる ことで身体をゆっくり優しく起こすことができます。生活リズムを一定にすることで自律神経のバランスが整い、交感神経・副交感神経を適切な時間帯に活性化させることができます。起床時に行うことでリズムを作ることができます。

朝、目が覚めても身体は起きていません。手足の筋肉、体全体の筋肉をゆっくりと伸ばすストレッチで身体を優しく起こします。

目覚めたらストレッチを行うことで体を目覚めさせます。

 

目覚まし時計

起床時 に行う ストレッチ

目覚めても筋肉はまだ起きていない 起床時 に行う ストレッチ で起こす

朝、目覚めても体はまだ起きていません。というのは、筋肉は睡眠中に長く同じ姿勢をとっているせいで固くなっているのです。そんな状態で急に体に無理な負担をかけると腰を痛めたりしてしまことも。
少し早めに起きる習慣をつけ、手足の ストレッチ を行うことで筋肉を優しくほぐします。 ストレッチ といっても簡単で目覚めたら、まず寝たまま手足をぐーっと伸ばすだけです。これを習慣化させてしまいましょう。

感覚神経への刺激がストレス解消にも

筋力トレーニングで動かす部分に意識を集中させるように、 ストレッチング も「手足の先がおもいっきり伸びる」イメージを描きながら行うと効果的です。伸ばす程度は、かすかな痛みを感じるところまでです。

それ以上の無理をすると筋肉を痛めたり、苦痛のほうが大きくなり三日坊主になってしまいます。ストレッチをすると、筋肉が感覚神経を刺激し、疲労回復やストレス解消にも効果があります。

目覚めの際の習慣にするといいでしょう。 ストレッチ が目覚めのスイッチになると自律神経も安定してくるでしょう。