自然と共に暮らしてきた日本人

西洋医学は虫を排除することがきっかけで発見

近現代の日本では、虫はとても嫌われる存在になってしまいました。これは西洋医学の影響かもしれません。というのも、西欧では虫を病原因子と捉え、「排除すべき散」として扱ってきたからです。

このことはWHOの記章に象徴されています。棒に巻きつく蛇を措いたこのデザインは、「旧約聖書」の記述に由来し、ギリシャ神話ではアポロンの息子で医術の神であるアスクレビオスが掲げていたとされるものです。

ただし、本当はへどではありません。「旧約聖書」の舞台になっているアラブ地方に多い、メジナムシという寄生虫です。これに感染すると、皮膚病変部に強い痛みと痔みが生じます。農作業も何も手につかなくなるなど、非常につらい症状です。

それで古来、皮膚の丘疹から棒を用いてメジナムシを引き出す、という治療が行われていました。その治療行為が西洋医学のシンボルマークにまでなったようです。

東洋医学の考え方

一方、東洋医学は寄生虫をどう捉えていたのでしょうか。病気や、ときには死をもたらす、体に棲む虫に怯えた点では西洋人と同じです。ただ、「病気もヒトと一体」と考える東洋人は、寄生虫をヒトと切り離して扱うことはしませんでした。

体に棲みつく虫も自分自身の一部だ」と捉えたのです。当然、日本も昔は体内の寄生虫を自分の「分身」とし、その虫たちが病気を引き起こしたり、意識や感情を呼び起こしたりすると考えていました。それが証拠に、日本語には「虫」のつく慣用句がたくさんあります。「虫がいい」「虫が納まらない」「虫が好かない」「虫が付く」「虫の知らせ」「虫の居所が悪い」「虫も殺さぬ」「虫をわずらう」お腹のなかの寄生虫が、日本人を動かしている原動力であると考えていたのでしょう。

こんなふうに虫の存在を認めると、生き方が楽になります。「自分は気づかなかったけど、虫が教えてくれるんだ(虫の知らせ)」「私はあなたを好きだけど、虫が嫌っているんだ(虫が好かない)」「私は納得しているけど、虫が反発するんだ(虫の居所が悪い)」と、「見えない力」を味方につけることができます。「浮気の虫」というのもあります。

日本人の半数以上が虫持ち

日本人は縄文の昔からずっと、「虫持ち」でした。回虫やギョウ虫をはじめとする寄生虫を「飼って」いたのです。

しかし、現在は回虫にかかっている人はほとんどいません。19500年代に60%を超えていた日本人の寄生虫感染率は、30年でほとんどゼロになっているのです。

人間は縄文時代から寄生虫と共生してきたなかで、それなりに彼らとうまくつき合って健康を維持するようになっていたことが考えられるからです。

寄生虫の多くほ人間の体内で栄養を横取りするけれど、宿主である人間の体内の栄養奪うほどの致命的な害はおよぼしません。人間の死は寄生虫自身の死をも意味するからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください