月別アーカイブ: 2017年8月

アトピーに使われるステロイドが問題となる

臓器の疲労や萎縮をもたらし糖尿病やガンまでも引き起こす

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の原因は、化学物質などの社会毒が大きく関係しています。社会毒とは、人間社会が作り出したもので、本来の生物世界に害を与える物質の稔称です。ところが、西洋医学ではその本質的な原因には目をつぶったまま治療をしています。

その治療が間違っているだけでなく、いかに大きな問題であるか、今回は、アトピーとステロイド薬をで紹介します。

アトピーの治療の際に、ステロイド軟膏、もしくはプロトピック軟膏と呼ばれる免疫抑制剤がよく処方されています。症状がひどい場合、飲み薬のステロイドを処方されている人もいるでしょう。多くの方は、医師の処方どおりに軟膏を塗ります。

確かに、ステロイド軟膏を塗ると、一時的に炎症はおさえられ、肌はきれいになります。ところが、アトピーなどのアレルギー性疾患は、免疫機能(体内にウィルスや細菌などの異物が侵入してきたら、それらを攻撃・排除するという機能)の異常ではありません。

免疫機能は正常に働いているのです。それなのに、ステロイド軟膏などで、その正常な免疫を無理やりおさえ込んでしまえば、その機能が働かず、感染症などの別の病気を生み出すことになります。また、ステロイド薬に依存しやすくななってしまいます。そして、皮膚自体が、ステロイド薬なしではいられない状態に変化します。さらに、くり返し使うことで、ステロイド薬の効きめも徐々に低下するのです。

ステロイド薬は、ホルモン剤であると同時に、石油から作られた薬でもあります。このような薬は、脂溶性の(脂肪に溶け込みやすい)毒として、脂肪や細胞膜、脳の中に蓄積され、そこに長くとどまって、慢性的に毒性を発揮します。

また、ホルモンに直接影響を与えるため、人体のホルモン産生が乱れてきます。簡単にいうと、ステロイド薬を使っていると、人体はステロイドが足りていると勘違いし、自分の臓器からのステロイドの産生をへらしてしまいます。

さらに、ステロイド薬には、臓器の疲労や萎縮までもたらしてしまう、強力で怖い作用があります。ですから、ステロイド薬を使っていると、感染症や糖尿病、肥満、骨粗鬆症、潰瘍、網膜剥離などにも、なりやすくなるといわれているのです。
ステロイド軟膏やプロトピック軟膏は、ガンの発生率を増すこともわかっています。そのため、アメリカ食品医薬品局も、これらの薬の使いすぎを警告しているのです。とにかく、ステロイド薬や免疫抑制剤は、人体にさまざまな弊害をもたらすので、安易に使ってはいけません。

減薬や新薬を丁寧に指導できる医師と相談しながらステロイドは断つ

医師の多くは、「ステロイドの軟膏や吸入は少量だから大丈夫」と、よく嘘をつきます。確かに、ステロイドの飲み薬に比べると少量かもしれません。しかし、その少量でじゅうぶん作用するからこそ、それが定量になっているわけです。1だけでその使用が終わるわけではないので、少しずつ臓器の疲労も蓄積していきます。

ですから、そのような薬は、できるだけ早期にやめることが望ましいのです。ただし、ステロイド軟膏や免疫抑制剤が悪いとわかっても、すぐにやめてはいけません。いきなり薬をやめると、猛烈に症状が悪化します。いわゆる「リバウンド」です。

精神薬やドラッグなどを急にやめたときに起こる「禁断症状」と同じと思ってください。ステロイド薬をやめると、多くの場合、その使用期間が長い分だけ、つらい状態も長く続きます。ですから、やめるときは、減薬や断薬の指導をしっかりできる医師に相談する必要があります。

日本の皮膚科医のなかにも、ステロイド薬などを使わず、本質的にアトピーやアレルギーなどを治療する医師がいます。例えば、『アトピー性皮膚炎はこわくない』(三一書房)の著者で、三好基晴医師。

三好医師は、アトピーや化学物質過敏症に対して、全く薬を使わないで、食事や生活環境の改善による治療を勧めています。ステロイド治療を続けている人は、このような医師が身近にいないか、本やインターネットなどで調べてください。

そして、早く薬漬けの生活から卒業し、健康な体を取り戻しましょう。たとえば、アトピーのひどい状態の人が突然、薬を中断したりするのは精神的にも身体的にも大きなストレスになるjことは言うまでもありません。
スキンケア商品を変えて肌の本来の免疫力を回復させることで長かったこれまでの地獄のステロイドから脱することができるかもしれません。
アトピー肌用スキンケア3点セット美肌精油ジェルを実際に使ってみた使用感

薬を多用すると免疫力はこうなるなどを読むと、現代人がこれほど病気に悩むのはじつは「薬」で体の本来のバランスを崩してしまっているからなのでは…と思います。
しかし、問題は大きく崩したバランスを戻すのはゆっくり丁寧に行わなければいけないということです。