滞留便」タグアーカイブ

宿便 は日本の風土が影響している

宿便 は日本の風土が影響している  ことについてです。
宿便 ( しゅくべん、Fecal impaction ) とは、便秘により腸内に長く滞留している糞便のことです。 必要な場合には治療として浣腸などが行われます。 滞留便(たいりゅうべん)とも呼ばれることがあります。

また「 宿便 」 の定義もかなりいろいろあります。解釈がそれぞれ違います。1~2日便秘しただけの便を宿便 というところもありますし、1週間以上 滞留した便を宿便と解釈しているところもあります。ただし、宿便は体内にあってはならないという解釈はどこも一緒で共通です。

宿便 = 滞留便は、本来なら排便によって体外に出るはずの老廃物です。ところがストレスや運動不足、食生活の乱れにより大腸の機能が低下すると、排便が滞って溜め込んでしまうことになります。
腸内に便が滞留している時間が長くなると、悪玉菌が増えたり、ガスが過剰に発生したりするなど、腸内環境の悪化につながります。

また、大腸で過剰に便の水分が吸収され、さらに腐敗・醗酵も進むので、硬くニオイのきつい便になります。
宿便 = 滞留便 を放っておくと腸内環境の悪化が進み、便秘などの不調を招くことがあります。便秘により 宿便がたまるという考え方と宿便が原因で便秘になるという考え方があります。

便秘体質の方の中には、排便のあとにまだなんとなく残っているような気がすることがあるかもしれません。これを宿便では?とイメージしている人も多いかもしれませんが、それは半分正解で半分間違っています。これは、しっかり出ていないだけでいわゆる 便秘 に当てはまります。

宿便 について

宿便は日本の風土が影響している

宿便は日本の風土が影響している

体内にあってはならないものとして 「 宿便 」 という考え方があります。しかし、この言葉は東洋医学にも西洋医学にも存在しない言葉なのです。

便が腸内で出やすい大きさや硬さになることができず、しっかりと出し切れなかったり、便の量が少なく細くなってしまったりすることが、滞留便に至る要因の1つです。食物繊維は、そういった便を適度な大きさと柔らかさにして出しやすくするとともに、自然に近い便意を呼び起こしてスムーズに排出するサポートをしてくれます。

食物繊維は消化液では消化されず、大腸まで到達する栄養素。水に溶けにくい不溶性食物繊維と水に溶けやすい水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維は便のかさを増やして、腸のぜん動運動を促進。水溶性食物繊維は水を含むとゲル状になり、便を柔らかくしてくれます。

宿便 という言葉は登場したのでしょうか。日本は四方を海に囲まれて湿度が高く、四季の気温差も激しい…というまさに身体は冷えやすい自然環境です。

人間が継続的に自然への働きかけを行い、自然が特殊な形となると同時に、この特殊化した自然を自分たちの営みに取り込んで形成される人間集団の性格や社会のつながり、文化など生活のすべてを総称して、「風土」とよびます。

さらに飢えや寒さかから身体を守るために、塩分の摂取が異常に多いことなども重なって腸の動きや伸縮性を著しく低下させてしまいまいました。このことが「食べる」「出す」という健康維持に最も大切な生理現象を妨げてしまったのです。

また、これが原因で健康障害の原因となっていることを体験から学んだのです。
この腸管に停滞する古便のことを宿便と呼び万病の元凶として警告したのです。

宿便とは、便が直腸と大腸の最後の部分で硬くなり、他の便の排泄を完全に妨げる状態で、便秘の人に発生することがあります。 宿便によって、けいれんや直腸の痛みが生じ、排便しようとして力んでも便が出なくなります。

宿便 は日本の風土が原因

日本人女性の多くが、便秘や冷え性の悩みを抱えているのは、日本特有の自然環境によるものであって冷え性と宿便は、日本の風土が生んだ民族の病であり風土病といってもいいでしょう。本来、排泄すべき 滞留便 宿便 が残っているのは体にとってなにひとつメリットはないし、デメリットでしかありません。つまり、快便になれば 滞留便 宿便 は存在しないことになるので便秘を改善することがいかに大切かわかります。

日々、快適に過ごすために「冷えと宿便」という先人の警告を真摯に受け止めて自然環境に対応した生活習慣を守ることが大切です。

食物繊維で宿便を解消するなら イサゴール