食物繊維 やせる 腸内細菌が増える

食物繊維 やせる腸内細菌が増えるのでしっかり摂りましょう。食物繊維は 便秘改善だけに必要なのではなくやせるためにも大切です。肉や魚にはほとんど存在せず、野菜、豆類、穀物、海藻といった植物だけにある食物繊維。かつては、「カス」として定義差され軽視されてきましたが、腸内フローラを整えるためには必須です。

食物繊維 やせる

かつては、「カス」として定義差され軽視されてきましたが、腸内フローラを整えるためには必須です。例えば、食物繊維が多い 切り干し大根茶 などで痩せる 体験談 などが紹介されているのはこの食物繊維の働きによるものです。

食物繊維 やせる

食物繊維 やせる

水溶性食物繊維発酵して腸内細菌の餌になる

食物繊維の摂取が健康によい、食物繊維を多くとると、死亡率が下がるという研究は数多くあります。

そして、腸内フローラにとっても、食物繊維の摂取はよい効果をもたらすのです。食物繊維とは、胃や腸で消化できない食品成分の総称で、肉や魚には含まれず、野菜やきのこ、穀類、豆、海藻、そしてフルーツのような植物にしかありません。

食物繊維には、水に溶けるタイプと水に溶けないタイプの 2 種類がありますが、水溶性、不溶性ともに大切な食物繊維です。

水溶性食物繊維が腸に届くと、腸内細菌がそれを発酵させ、自分たちのエサとします。そして、腸内細菌は発酵食品を得たときと同じょうに、短鎖脂肪酸をつくり、それが腸壁を刺激して、やせられる腸内フローラをつくります。

一方、不溶性食物繊維は、便の材料となって、かさを増します。お通じがスムーズになることで、悪玉菌グループが生産した腐敗物質を早く流し出します。すると、善玉菌グループが育ちやすい、やせられる腸内フローラができるのです。

腸内細菌のエサになるという意味で、水溶性食物繊維の摂取を意識したいところですが、自然界では、不溶性より多く含まれる食品は、ごく限られたものしかありません。野菜など、食物繊維が豊富な食品を積極的にとることで、全体として水溶性の量を増やしましょう。

数少ない 水溶性食物繊維を意識して摂るのがよい

 

にんにく
  • 水溶性:3.7 g
  • 不溶性:2.0 g
らっきょう
  • 水溶性:18.6 g
  • 不溶性:2.6 g
押麦(大麦)
  • 水溶性:6.0 g
  • 不溶性:3.6 g
エシャロット
  • 水溶性:9.1 g
  • 不溶性:2.8 g

食べて治す快腸

食事で食物繊維が摂りづらい方は イサゴール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください