腸 マーガリン 健康 に保つには NG トランス脂肪酸 注意

Pocket

腸 マーガリン 健康 に保つには NG です。トランス脂肪酸 は腸が悲鳴をあげるので腸内環境を整えたい人は摂らないようにします。マーガリンがどのように腸によくないものか、バターとはどのように異なるのかを紹介します。

牛乳は体質で選ぶ 腸 マーガリン はNG

乳製品は健康のために欠かせない食品として親しまれていますが、そのすべてを必ず摂らなければならないというものではありません。

たとえば、牛乳は良質なタンパク質やビタミンが含まれていて、栄養価が高く、バランスのよい優れた食品ですが、体質的に牛乳を受けつけない人がいます。

牛乳の消化酵素を遺伝的に持っていない人たちは、牛乳を飲むと下痢をしたり、おなかの調子が悪くなったりします。そういう人が無理をして飲んでしまうと遺伝子に傷がついてしまい、最悪の場合、ガンのリスクを高めることにもなりかねません。体質に合わない場合は無理をせずに飲むのをやめるべきでしょう。最近はこうした方のための牛乳も登場していますが。

腸 マーガリン

腸 マーガリン

腸 マーガリン NG バター OK ? マーガリン 老化の原因

では、そういう人はどうすればいいのかというと、牛乳の代わりになるものを摂ればいいだけです。バターやチーズ、ヨーグルトなどは発酵の過程で牛乳のタンパク質が変化して、牛乳に対する消化酵素の有無にかかわらず、だれにでも消化・吸収できるようになります。

ただし、 マーガリン だけはいけません。勘違いしている人もいるようですが、マーガリン は乳製品ではありません。植物油を使って作られた、バターに似せたものに過ぎず、「人工バター」ともいわれます。

マーガリン に含まれる トランス脂肪酸 は腸にNG

マーガリン に含まれるトランス脂肪酸というのがくせ着で、体に悪影響ばかりをもたらします。トランス脂肪酸によって腸は悲鳴をあげているのです。体の老化を促進させる活性酸素をつくり出すことから、ガンの一因になったり、体内のコレステロールのバランスを壊すことから心臓病の一因になったりするのです。

トランス脂肪酸は、脂質の構成成分である脂肪酸の一種です。 植物油などからマーガリンやショートニングなどを製造する際や植物油を高温にして脱臭する工程で生じます。 また、天然でも、牛などの反すう動物に由来する乳製品や肉に含まれています。
トランス脂肪酸については 農林水産省がわかりやすいです。腸にとってよくないものであることがよくわかります。

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が、人体によくないという話は聞は多くの場所や媒体そしてメディアで耳にします。 問題は、マーガリンに含まれるもうひとつのトランス脂肪酸は油脂を加工する工程で、水素添加という加工技術によってできたもの。 この人工的なトランス脂肪酸はたくさん摂取すると、心臓病のリスクを高め、老化を早めてしまいます。

また、免疫力を低下させることから、アレルギー疾患の一因であることも明らかになってきました。ニセモノの乳製品「マーガリン」には注意してください。

対策 マーガリン をバター にかえる マーガリン バター 違い

マーガリンがNGということはわかりましたがどのように対策すればいいのでしょうか。まず、マーガリンをやめてバターに切り替えます。マーガリンとバターの違いをあまり理解していない人も多いのですが、ここでバターとマーガリンの違いについて簡単に説明します。

バターは「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」、マーガリンは「日本農林規格(JAS規格)」により成分規格や製造方法などが定められています。
バターは乳脂肪分80%以上とされ、マーガリン類は油脂含有率80%以上がマーガリン、80%未満のものはファットスプレッドと区別されています。

原料

バターの脂肪は牛乳の脂肪分だけですが、マーガリン類はコーン油、大豆油、パーム油、なたね油、綿実油などに、乳や乳製品、食塩、ビタミンA、乳化剤、着色料を加えて作ります。
原料によって固さや味の違った製品を作ることができます。

製造方法

バターは牛乳からクリームを分離して撹拌し、乳脂肪を凝集させて作ります。
マーガリン類は食用油脂に水、食塩その他乳成分、ビタミンなどを加えて混合乳化し、冷やし固めて作ります。

栄養成分

バターには、良質な乳脂肪とビタミンAが豊富に含まれています。
脂質含量としての量はマーガリンも同程度ですが、原料が異なるため構成する脂肪酸やコレステロールの量が変わります。

トランス脂肪酸を多く含む食品

  • マーガリン
  • ファットスプレッド
  • ショートニング
  • マヨネーズ
  • ビスケット類(クッキー・パイ・半生ケーキなど)
  • コーン系スナック菓子
  • クリーム

トランス脂肪酸を完全に排除することは難しいのですが、マーガリンなどはバターに切り替えるなどの工夫で減らすことができます。

特に腸内環境を整えたい、腸活などを積極的に行っている方はマーガリンはNGです。マヨネーズなどにも含まれるので注意です。
腸をもっと賢くするために

安心の バター を選びます。雪印メグミルク 「 雪印北海道バター 」

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください