月別アーカイブ: 2021年8月

海藻 ダイエット は日本人には不向き

海藻 ダイエット は日本人には不向き です。「海藻はカロリーゼロだから、いくら食べても問題ない」と思っている人は多いはずです。

海藻からエネルギーを得られる日本人 海藻 ダイエット は日本人には不向き

海藻 ダイエット は日本人には不向き

海藻 ダイエット は日本人には不向き

わかめなどの海藻類でダイエットをしている、という話はよく耳にします。「海藻はカロリーゼロだから、いくら食べても問題ないんです」と言っていました。

しかし、この方法は少なくとも日本人にはおすすめできません。日本人は、昔からわかめや昆布、海苔などをはじめ、さまざまな海藻類を食べてきました。

そのおかげで、海藻類を分解する遺伝子をもつ腸内細菌を、80%近くの日本人が備えているという研究結果があります。

日本人は海藻からもエネルギーを取り出せるという、すごい特性を持っているのです。たとえば、太平洋南部に位置するニューギニア島の人たちはイモを主食としているにもかかわらず筋骨隆々の体つきをしています。これは彼らの腸内細菌がイモの食物繊維をタパク質に変える役割を果たしているからなのです。

ヨーロッパ人なら海藻ダイエットが可能

日本人は海藻類からエネルギーを取り出すことができるため、海藻類を食べてもカロリーが発生してしまいます。つまり、日本人にとって海藻がゼロカロリーの食材であるとはいえないのです。

「海藻ダイエット」をしていた彼女が全然痩せなかったのは、もしかするとこういう理由があったのかもしれませんね。
一方、海藻類を分解する特性をもつ腸内細菌を、ほとんどのヨーロッパ人はもっていません。ですから、彼らにとっでは海藻類はダイエットに適しでいるといってもいいかもしれません。

日本人が、古来から続けてきた食習慣に従って、腸内環境に好影響を与える食物繊維を豊富に含む海藻類を適度に食べるのはいいことです。ただ、ダイエットのために海藻類を大量に食べて満腹にしようというのは、やめておいたほうがよさそうです。

腸を賢くする食品

発酵食品で 腸内フローラ を整え元気な体になる

発酵食品で 腸内フローラ を整え元気な体になる 方法を紹介します。私たちの健康や免疫力は、腸の健康でおおかた決まります。腸内環境が整っていると、さまざまな病気にかかりにくくなるのです。発酵食品に含まれる乳酸菌で免疫力をアップしましょう。

乳酸菌は病気にならないための強い味方 発酵食品で 腸内フローラ を整え元気な体になる

発酵食品で 腸内フローラ を整え元気な体になる

発酵食品で 腸内フローラ を整え元気な体になる

世界には、健康長寿の人々が多く暮らす村や町がいくつもあります。そうした土地を回っている食生活の研究者たちは、口を揃えてこう言います。「長寿の人々は発酵食品をよく食べている」と。

発酵食品に含まれている乳酸菌は、リンパ球のNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化します。NK(ナチュラルキラー)細胞は、常に私たちの体内を巡回していて、細胞の中のウイルスやガン細胞を単独で素早く攻撃する免疫細胞です。

ほかの菌でもリンパ球を刺激することはできますが、体の免疫系が崩れたときに元に戻すような刺激を与えられるのは乳酸菌しかありません。

私たちの腸の中には数えきれないほどの細菌がすんでいて、この集団のことを腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)といいます。この腸内細菌叢は、まるで花畑のように見えることから 『 腸内フローラ 』 とも呼ばれています。
健康なときは腸内は善玉菌が優勢な状態でバランスが保たれていますが、体の不調、食事、環境の変化、ストレス、さらに高齢化などによって悪玉菌が増え、腸内フローラが乱れてきます。そういったときには乳酸菌を補給して正常な状態に保つことが大切です。

体の健康は、腸の健康で決まります。腸内環境が整っていると、さまざまな病気にかかりにくくなるのです。

発酵食品に含まれる 乳酸菌 で免疫力をアップする

腸には、NK(ナチュラルキラー)細胞をはじめとする免疫細胞のおよそ7割が存在しているため、免疫力をアップするには腸の健康は欠かせません。NK 細胞を活性化させる乳酸菌を含む食品といえば、ヨーグルトが挙げられます。これは世界共通です。

日本の和食にも発酵食品はいくつかあります。味噌や醤油、酢といった調味料のほか、納豆、ぬか漬けなど馴染みのある食品は、毎日継続して食べたい優れた発酵食品です。

乳酸菌サプリメントならこちら
善玉元気 フローラ健康科学研究所の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス