賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸と病気との深い関係性について

腸内環境が悪い状態を放置しておくと大腸ガンになりやすい

投稿日:

腸内細菌が大腸ガンの原因

人間の体内には日々3000~5000個ものガン細胞が発生しています。人間の体は約60兆個の細胞で構成され、そのうち2%程度が新陳代謝などで新しく生まれ変わっているのです。

細胞は膨大な遺伝子情報としてコピーされていきますが、その過程でどうしてもミスコピーが起こり、これがガン細胞のもとになるのです。

そしてガン細胞が増えないように監視しているのが免疫機能です。免疫細胞の70%が腸内にいるわけですから、ガンと腸内環境とは密接に結びついでいます。腸内細菌が変化することで、ガン化が促進されることを証明した研究が米国のジョンズホプキンズ大学の研究グループによって行なわれています。

これはマウスに人の腸内細菌であるバクテロイデス・フラギリスを使用して実験された研究です。この菌は人によっては下痢を起こすことがあります。

この菌には毒素を作るタイプと作らないタイプがあり、マウスにそれぞれを感染させて観察しました。すると、毒素型を感染させたマウスは下痢になり、1週間以内に大腸に炎症と腫瘍ができたのに対し、非毒素型は炎症も腫瘍もありませんでした。

つまり、菌の毒素によっで、炎症が引き起こされ、ガン化が促進したということです。これは腸内環境の悪化が、そのままガン化につながることを示すものとして画期的な研究として注目されています。

日本でさまざまなガンが増えている原因

腸内では、肉食が多いと悪玉菌が増える、抗菌性物質によって腸内細菌自体が減少する、過度のストレスによって大腸菌の病原性が高くなる、といったことが日々起こってtています。
食事や環境やストレスという外的な変化が、腸の環境を直接的に変化させでしまっている。ここに、日本で大腸ガンに限らずさまざまなガンが増えている大きな原因があると考えることもできるのです。

アメリカ国立がん研究所は疫学調査の結果、植物性食品ががん細胞を抑制することを発見して、ガンを予防する食品と食品成分を効能順にまとめています。ガンに負けない食品たち

-腸と病気との深い関係性について

執筆者:


関連記事

幸福感も腸内環境が影響する

心の病をできるだけ早く改善したい場合は腸内環境

幸せ物質のカギを握る腸内環境 現在のうつ病治療の中心は投薬療法となっていますが、以前から私はそのことに不満を覚え、異論を唱え続けています。 現在、日本ではうつ病の患者さんが増え続けており、2008年に …

内臓は腸が進化したもの

賢い臓器の「腸」はそれらが進化して他の臓器に進化した

腸の「すごさ」に気づかずに生活しているのですが、人類の進化と大きく関係している臓器なのです。 脳も肺も、腸から進化した 腸の驚くべき「すごさ」の秘密は人類の進化、ひいては生物の進化にあります。生物が地 …

腸を元気にすればガンも防ぐ

ガンを防ぐには腸を常に健康に保つ

寝早起きが一番の防御法になる理由 ガンは、1981年以来、日本人の死因の1位です。およそ3人に1人がガンで亡くなっているといわれる今、自分には関係のない話だと断言できる人はいないでしょう。 だからこそ …

気管支喘息やアトピー性皮膚炎

気管支喘息やアトピー性皮膚炎も腸と関係している

苦しい喘息のメカニズム 日本人の国民病の1つともいわれるほど、気管支喘息の患者さんの数は増えています。呼吸器の1つである気管支で起こるものなので、腸には関係がない病気だと思っている人も多いようですが、 …

便は便り

大便はあなたの便り

大便が教えてくれること 私は大便にも「特上」「上」「並」「それ以下」という分類があると思っています。まず「特上」というのは特上の大きさ(100~300グラム) はもちろんのこと、艶のある黄土色でバナナ …