賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸をもっと賢くするために

腸を健康に保つにはマーガリンはNG

投稿日:

トランス脂肪酸は腸が悲鳴をあげる

牛乳は体質で選ぶ

乳製品は健康のために欠かせない食品として親しまれていますが、そのすべてを必ず摂らなければならないというものではありません。

たとえば、牛乳は良質なタンパク質やビタミンが含まれていて、栄養価が高く、バランスのよい優れた食品ですが、体質的に牛乳を受けつけない人がいます。

牛乳の消化酵素を遺伝的に持っていない人たちは、牛乳を飲むと下痢をしたり、おなかの調子が悪くなったりします。そういう人が無理をして飲んでしまうと遺伝子に傷がついてしまい、最悪の場合、ガンのリスクを高めることにもなりかねません。体質に合わない場合は無理をせずに飲むのをやめるべきでしょう。

マーガリンは老化の原因になる

では、そういう人はどうすればいいのかというと、牛乳の代わりになるものを摂ればいいだけです。バターやチーズ、ヨーグルトなどは発酵の過程で牛乳のタンパク質が変化して、牛乳に対する消化酵素の有無にかかわらず、だれにでも消化・吸収できるようになります。

ただ、マーガリンだけはいけません。勘違いしている人もいるようですが、マーガリンは乳製品ではありません。植物油を使って作られた、バターに似せたものに過ぎず、「人工バター」ともいわれます。

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸というのがくせ着で、体に悪影響ばかりをもたらします。トランス脂肪酸によって腸は悲鳴をあげているのです。体の老化を促進させる活性酸素をつくり出すことから、ガンの一因になったり、体内のコレステロールのバランスを壊すことから心臓病の一因になったりするのです。
また、免疫力を低下させることから、アレルギー疾患の一因であることも明らかになってきました。ニセモノの乳製品「マーガリン」には注意してください。

-腸をもっと賢くするために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜

日本人の発ガン率の上昇は、野菜の摂取量が減少したため

肉を食べるのは50歳を過ぎたら週2回くらいがちょうどいい 腸内細菌にもちゃんとした餌が必要 日本の食卓が変化しはじめたのは、戦後からです。欧米の食文化が入ってきたことで、日本人は古来の食習慣をやめてし …

ヨーグルト

ヨーグルトには腸に効くモノと効かないモノがある

2週間は食べ続けて便通や肌の調子をじっくり観察してみよう! ヨーグルトはよ< 選びましよう ヨーグルトはそれに含まれる乳酸菌の働きで腸内環境を改善させますが、その乳酸菌に関して誤解があるようです。 「 …

腸内はよそ者が棲みつこうとすると、攻撃して、追い出します

生きている腸に届くからと考えるのは間違い

腸にたどり着いて棲みつかず3~7日ほどで便として排泄 やっtたどり着いても出て行ってしまう テレビなどでよく「生きて腸に届く乳酸菌」という謳い文句でコマーシャルされている商品があります。 腸の中にビフ …

健康に必須の水と口にしないほうがいい水

消毒した水や、不純物を取り除いた水は体に悪い 自然の水がオススメ 私たち人間は、成人の場合で約60%、新生児の場合はなんと約80%が水でできています。そのうち、およそ10% を失うと重度の脱水症となり …

食物繊維

世界で最も自給率の低い国の食習慣

自殺者の増加と腸内環境の悪化は密接に関係している メキシコ人は野菜好き? 日本における自殺者の数は、最近の5年間で約16万人にものぼります。この数は先進国のなかでもかなり多いほうです。 では、日本でこ …