賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

乳酸菌生活の大事なポイント

抗生物質の摂りすぎはNG、腸内細菌が死滅してしまう

投稿日:

抗生物質が処方されても、本当に必要か、医師に確認を

抗生物質が効かない場合がある

最近はよく病院で処方され、頭痛や風邪の際などにも気軽に服用され、市民権を得た抗生物質ですが、抗生物質がどういうもので、どんな病気に効くのかを正確に知っている人は多くありません。

どんな病気でも治してくれる薬だと思っている人がいたら、それは大間違いです。抗生物質は、細菌を殺したり、その働きを邪魔したりするものです。

抗生物質が相手にしているのは菌なので、ウィルス性の風邪には効果がありません。カビが原因の水虫やタムシには効果がないどころか、悪化させてしまうことさえあります。

抗生物質が厄介なのは、菌という菌すべてに働きかけてしまうことです。体に必要な菌や微生物でもおかまいなしに、どんどん殺してしまうのです。抗生物質を飲んでしまったら、腸内細菌はいなくなってしまいます。腸内細菌がいない状態では免疫力が下がり、感染症になりやすくなります。

抗生物質の弊害

長い期間にわたって抗生物質の服用を続けていると、抗生物質に負けないように菌も対策をとりはじめます。抗生物質のメチシリンに対する耐性をもった黄色ブドウ球菌による感染症は、治療が難しく、最悪の場合は死んでしまうことがあります。

薬の効かない結核菌や腸球菌による感染症も、治療が困難です。少し前まで、風邪というと多くの医者が抗生物質を処方していました。

こういった抗生物質の乱用が、抗生物質に抵抗力を持った「耐性菌」の出現を招き、院内感染を広げているとも指摘されています。

風邪に抗生物質が効かないことがわかるにつれ、そういうお医者さんも減ってきています。抗生物質が病院で処方されたとしても、本当に必要なのかどうか、どういう症状に効くから必要なのかを医師に確認し、不要と思ったらはっきりと断る姿勢で臨みましょう。

同じ風邪でもすぐ治る人と治らない人

-乳酸菌生活の大事なポイント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ウォーキング

適度な運動は腸が喜び、過剰な運動は腸がいやがる

運動すると、幸せを感じる「快感情」が高まる 腸の蠕動運動を活発にする運動 規則正しい食生活を心がけ、体にいい成分を含む水を熱心に飲んでいるとしても、まったく体を動かさずにごろごろしていたのでは健康には …

消毒

食器は食毒してはいけない!

腸内の細菌の数が多ければ多いほど免疫力は高まる キレイ好きは菌まで殺してしまう 免疫力を下げるのはどんなことが原因でしょうか?一番は「栄養の偏った食事を摂る」ことです。免疫力を上げるためには腸内環境を …

兄弟

生まれる順番とアレルギーの関係性は密接に関係している

日本にアレルギーの子どもが増えたのは出生率が下がったから ほうっておかれた子どものほうが腸内環境がいい? 生まれる順番とアレルギー体質とには関連があるという調査結果があります。「日本小児アレルギー学会 …

ストレス解消

無理せずに焦らずにストレス解消

あなた流のストレス解消法を身につけることが腸内細菌の「ため」になる 特別な方法でなくていい 元気に長生きを目指すための方法をまとめでおきましょう。これは私自身が日々、実践していることです。元気で長生き …

成長

大人に成長につれて腸内環境は変化していく

腸内細菌はその種類・数を増やし、腸内環境は整っていく 腸内環境も成長によって変化する いくらしっかり掃除をしたとしても、完全に菌がいない部屋をつくり出すのは困難です。たとえ部屋が無菌の状態になったとし …