賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸内細菌の個性

出過ぎも出なさすぎも原因は一緒

投稿日:2018-02-28 更新日:

下痢と便秘が起こる原因は同じ

排便の状態は莫逆でも、下痢と便秘はどちらも同じ理由で起こることがあります。下痢と便秘を交互に繰り返す人がいるのは不思議なことではなく、当たり前に起こりうることなのです。

下痢と便秘は、腸内細菌のバランスの乱れ、もしくは精神的なストレスが引き起こしているのです。ストレスを感じると、腸内環境はどんどん悪化していきます。善玉菌が減少し、悪玉菌が増えてしまうのです。
ストレスは、自律神経にも悪い影響を与えます。
交感神経の緊張が高まると、それに伴い全身の緊張も高まります。その結果、リラックスすることができなくなり、体のあちこちに不調が起こります。

腸が適当なバランスを失った状態で、さらに交感神経が高ぶってしまうと、便秘か下痢になってしまいます。どちらになるかは人によって違うのですが、いずれにせよ、自然な排便ができなくなってしまうのです。傾向として、男性は痢になりやすく、女性は便秘になりやすいようです。

各駅停車症候群

下痢型の過敏性腸症候群の患者さんの多くは、男性です。過敏性腸症候群は、常にトイレに駆け込みたくなる不安に苛まれるため、通勤に急行電車や快速電車を使うことができないことから、別名「各駅停車症候群」と呼ばれています。

不安感・不快感が強い、現代病の1つだといわれています。女性に多い便秘は、美容に悪影響を及ぼします。便秘になると、肌が荒れ、化粧ののりが悪くなります。体がむくみがちになり、腹部が張っで気分がすぐれなくなります。

便秘も下痢も原因は同じですから、解決法も基本的には同じものです。下痢と便秘を解消するには、一番の要因であるストレスを軽減することがなによりの方法です。激務によるストレスに毎日さらされている人は、休みをとって家で休養をとったり、旅行に出かけたりしてみましょう。

不規則な生活を続けている人は、生活のリズムを見直すことです。早寝早起きを心がけ、バランスのいい食事を規則正しく摂るようにしてみましょう。そうした心がけで腸内環境は少しずつ改善し、下痢や便秘もよくなっていくはずです。

便秘に下剤は危険

ストレスを軽減させるというのは、下痢と便秘に共通する解消法ですが、それぞれに気をつけるべきポイントがあります。まず下痢ですが、下痢止めの薬は飲まないほうがよいでしょう。しかし、いま病院で処方される下痢の症状への薬は、腸内細菌を固めたようなもので、腸内環境を正常化するのに役立ちます。

市販薬なら「ビオフェルミン」が似た効能を期待できますし、腸内の善玉菌を増やすには、後述する「乳酸菌生成エキス」がおすすめです。便秘にも下痢と同じような腸内細菌叢を正常化する薬や「乳酸菌生成エキス」が有効なのです。習慣的に下剤を飲むようになるのは、非常に危険です。

下剤は便だけではなく、腸内のあらゆるものを強制的に流し出してしまいます。必要な腸内細菌が排出されてしまった結果、免疫力が落ち、病気にかかりやすくなってしまうのです。

下痢の場合は薬に頼るのではなく、水の飲み方や食生活に重点を置いた改善法がベストでしょう。それでは次にそれぞれの場合の食事の注意点をまとめてみたいと思います。

下痢の場合

やわらかく、消化がいいものを選んで摂ってください。おかゆや柔らかめのご飯、魚なら自身、肉なら鶏ささみがおすすめです。野菜ならゴボウなど固い繊維質のものは避け、繊維の柔らかいバナナやレタスなどを選んでください。油分を多く含む食品は、消化が悪いので摂らないようにしましょう。

便秘の場合

食物繊維が多く含まれたものを選んで食べるといいでしょう。食物繊維は便のかさを増やし、便通をよくしてくれます。野菜のなかでも根菜類、納豆をはじめとする豆類もおすすめです。熱過ぎるもの・冷た過ぎるものは、どちらも消化器官に負担をかけるので、便秘でも下痢でも摂らないようにしでください。

-腸内細菌の個性

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

気分や人格形成

腸内細菌叢は気分、人格形成に影響する

現代食と腸内環境 食物アレルギーや肥満、炎症性腸疾患などといった典型的な「現代病」が広がっていますが、こうした症状の原因は、食生活や衛生環境の影響による腸内細菌叢の変化と関連していると考えられます。 …

人の腸内細菌の進化

人の腸内細菌は人類の進化とともに生きてきた

人間の腸内細菌はマウスでは機能しない これまでは、哺乳類の消化管の細菌にとっては種の違いは重要ではなく、マウスでも人間でも同様に棲み着き、同様に働いていると考えられてきました。 しかし、そうではないこ …

コレラ菌

コレラ菌が体内に入っても下痢をしなかった

自分の体で、人体実験 腸内環境の重要性を実感していただくために、ここで少し私のエピソードを紹介しましょう。これは私が行なった「人体実験」の話です。 その昔、私はアメリカで実験のためにコレラ菌を飲んだこ …

断食

断食や絶食は、腸と体を弱らせる

「断食が体によくない理由は 断食は腸にいいのか?悪いのか? 最近では「プチ断食」とか半日断食などといった絶食する健康法が流行っているようで、私もよく「断食は腸にいいのでしょうか? 」といった質問が増え …

腸内細菌の数をみるには排便量を見る

腸内細菌の数は排便の大きさでわかる

腸内細菌が元気だと排便量もたくさん ここまで腸内細菌がどれほど大切な働きをしているかをご理解いただけたと思います。ところで、その腸内細菌の量や、腸内環境の良し悪しを知るための大きな指標となるのが日々の …