賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸と病気との深い関係性について

ガンを防ぐには腸を常に健康に保つ

投稿日:

寝早起きが一番の防御法になる理由

ガンは、1981年以来、日本人の死因の1位です。およそ3人に1人がガンで亡くなっているといわれる今、自分には関係のない話だと断言できる人はいないでしょう。

だからこそ、正しい知識をもとにふだんの生活から予防に力を入れることが重要です。毎日、正しい食生活をして、ほどほどに運動をし、楽観的で前向きな気持ちで日々を過ごすことがガンの予防につながるのです。

そうした日々を送ると腸内細菌が増え、腸内環境が良好になります。腸内環境がよくなれば免疫力が上がり、結果的にはガン細胞が体内で増殖するのを食い止めることができるというわけです。

日々、発生するガン細胞を攻撃してくれるのが免疫細胞ですが、ガン細胞を攻撃する免疫細胞は1種類ではありません。マクロファージ、β細胞、Th-1 細胞(ヘルパーT細胞)、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)などが、それぞれのやり方で攻撃を繰り返します。

なかでも中心的な存在を担っているのが、NK細胞です。NK細胞はいち早くガン細胞を攻撃してくれる頼もしい細胞で、体内に50億個以上あるといわれています。

その数には個人差があるのですが、中には1000億個以上ある人もいます。NK細胞は強力な攻撃力を持ち合わせているのですが、その攻撃力はちょっとしたことで弱まってしまうという特性があります。

たとえば、時間帯によって攻撃力は変わります。朝の9時と夕方5時頃が一番攻撃力が高まる時間帯で、夜9時を過ぎると低くなっていきます。

朝に起きて活動し、夜は休むという規則正しい生活をしなければ、NK細胞が効果的にガン細胞を攻撃できないということなのです。これが早寝早起きがガンを防ぐ理由なのです。

あなたが落ち込むとNK細胞も落ち込む

楽しい気持ちになったり笑ったりするだけでNK細胞は活性化されますが、落ち込んだり暗い気持ちになったりすると、活動は停滞します。

気分よく運動しただけで活性化するかと思えば、ちょっとしたストレスを感じるだけで攻撃力を落とすのです。

NK細胞にしっかりと仕事をしてもらうためには、日々をポジティブに暮らすことが大切なのです。NK細胞がポジティブな気持ちで活性化され、ガン細胞への攻撃力を強めることば、アメリカのサイモントン医師によって開発されたサイモントン療法でも実証されでいます。

サイモントン療法は、ガン治療に用いられる心理プログラムで、患者さんにNK細胞がガン細胞を食べる絵を繰り返し措いてもらうというものです。何度も絵を描くうちに患者さんがいいイメージをもつようになり、実際のNK細胞も活性化してガン細胞を熱心に攻撃するようになったのです。

前述のとおり、免疫細胞の約70%は腸が担っていますから、食物繊維が豊富な豆類や海藻類など腸にいい食材を意識的に食べることはそのまま効果的なガン予防策になるというわけです。
https://www.malignant-t.com/archives/73

-腸と病気との深い関係性について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

幸福感も腸内環境が影響する

心の病をできるだけ早く改善したい場合は腸内環境

幸せ物質のカギを握る腸内環境 現在のうつ病治療の中心は投薬療法となっていますが、以前から私はそのことに不満を覚え、異論を唱え続けています。 現在、日本ではうつ病の患者さんが増え続けており、2008年に …

老化現象は腸からはじまる

老化の指標 私たちの体は60兆個もの細胞によって構成されています。これらの細胞は分裂する際に、静止状態から分裂を準備する時期(GI期)を経て、遺伝子を2つに分ける時期(M期)を待って、自分の体を分断す …

幸福感も腸内環境が影響する

幸せをたくさん感じるためにも腸内環境を整えることが大切

穏やかになった豚 中国科学院の金峰教授が、豚に乳酸菌を飲ませる研究をしています。豚舎の豚はそれまで、人間が近づくと逃げようとして大騒ぎになったそうですが、乳酸菌を飲ませた豚たちはとてもおだやかになりま …

腸美人=肌美人

肌がいつもキレイな人の腸内環境はキレイ

腸美人=肌美人 肌の細胞を傷つけてしまうトラブルメーカーとして注目を集めているのが活性酸素です。この活性酸素をブロックする大切な役割を腸は持っでいます。 活性酸素は私たちの細胞に作用することで、細胞を …

腸の汚れ

腸が汚れると他の臓器も次第に汚れていく

腸が汚れると至る体の部分が汚れていく 腸内の悪玉菌が増え、腸内環境が悪化して、腸が汚れてくると、消化吸収機能が落ちて、せっかく摂った栄養素が十分に吸収されなくなります。 すると、他の臓器も機能不含に陥 …