免疫力を強化する(カスピ海ヨーグルト)

人気の自宅で作ることのでできるヨーグルト

カスピ海西岸の長寿地域で食べられている手作りヨーグルトが日本でもブームになって瞬く間に広がりました。
そのまろやかな味と、トローリとした食間が特徴でもあります。人気になった理由は、市販のヨーグルトには含まれいない、クレモリス菌という乳酸菌が入っていることです。クレモリス菌には、整腸作用だけでなく、免疫力アップ、抗腫瘍作用も期待できるためです。
クレモリス菌は、生きて人間の腸内に届き、プロバイオティクスとして働くと考えられています。さらに、ヨーグルト特有の粘りを生み出す菌体外多糖を産生することで、腸管内の状態に良い影響を与えているのではと考えられています。
どうせ乳酸菌を摂り善玉菌を増やすのであれば、できるだけ効率よく増やすことのできるものを…と考えるのは自然です。ただし、味がいまひとつ、とか酸味が少しキツイなど、味には好みがありますから自分の好みを優先させて、続けることが大切です。

さらに自宅で簡単に増やせるのもお手軽で嬉しい点です。種になるヨーグルトが少量であれば、そこの好みの牛乳を入れ30度以下の常温で発酵させることができます。最近は、スーパーでも市販のカスピ海ヨーグルトが並んでいます。

水とお湯だけでつくるヨーグルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください