運動不足も腸によくない

便秘には、運動不足も激しすぎる運動もダメ!

便秘になる大きな原因のひとつに、運動不足があります。では、便秘を解消するためには、どんな運動をすればいいのでしょうか?ご存知のとおり、運動には無酸素運動と有酸素運動の2つがあります。無酸素運動というのは、短距離走やウェイトトレーニングのように筋肉に酸素を取り入れないで短時間で大きな力を発揮しなければならないもの。有酸素運動は、水泳やウォーキング、ストレッチ、ヨガなど、一定の間隔で酸素を筋肉に取り入れながら、比較的ゆっくりと筋肉を動かしながら長く行うことのできる運動です。便秘を解消するためには、有酸素運動が効果的です。
ぜん動運動がスムーズに行われなくなってしまった弱った腸を活発にします。
自分では自覚しなくても運動をすれば、自然に腸の働きを促す副交感神経を優位にする作用があるので、ストレスを発散することもできます。便秘気味でどうもイライラするようなときは、思い切って外に出てウォーキングをすることもいいです。普段デスクワークの人は生活の中に運動を取り入れると効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください