朝食の後は便座へ トイレタイム の 習慣化

朝食の後は便座へ トイレタイム の 習慣化 朝食を食べた後に便意を感じる体にするには毎日同じ行動をすることでその行動(朝食)後に便意を感じる体にしたい。

朝は時間的余裕をもって 朝食の後は便座へ トイレタイム の 習慣化

朝食の後は便座へ トイレタイム の 習慣化

朝食の後は便座へ トイレタイム の 習慣化

便秘に悩む人の多くが、 トイレタイム をないがしろにしてしまうという点です。朝食後に大きなぜん動運動が起こると結腸にためこまれた消化物が直腸に便として送り込まれ、便意を感じることは今までにも説明してきたとおりです。

便意が起こると、今脳から肛門に排便するよう指令が出されます。これを「排便反射」といいます。ところが、直腸への刺激を無視して便意を我慢し続けると、感受性が低下してしまい、排便反射が起こりにくくなって便秘につながるのです。こうして起こる便秘は「直腸性便秘」と呼ばれ、便はスムーズに出にくい硬くて断片的な形状になりがちです。

まずはその大切な朝食とその後の トイレタイム をしっかりと確保することです。また、この時間を習慣化するようにします。朝の時間は誰もが忙しくて大変ですが、ほんのわずか早起きすることでこうした トイレタイム を確保することができます。

忙しい時間滞に面倒な便意がなくなっていたという経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。けれど、その時は便意がなくなってホッとするかもしれませんが、実はこれ、便秘を引き起こすNG習慣です。

前日の夕食を食べ過ぎないことも重要なことです。夜更かしもいけません。便秘を解消するためには、まず自律神経の働きを活発化させることがとても大切です。朝食を食べたら便意を感じる体にするためには少しの努力で可能です。

最初の 便意 を大切に

女性が便秘になるきっかけの多くに便意を無視してしまうことにあります。朝食後に感じた便意を無視してしまうと、その日はもう便意が起こらないものとしっかり認識します。こうした習慣が続いてしまうと、常習性の便秘へとつながるきっかけになってしまいます。

また、加齢に伴って直腸は大きく広がるため、便が大腸から直腸に移動しても便意を感じにくくなります。少しでも便意を感じたら排泄できない場合でもトイレの便座に座る習慣をつけます。

朝の忙しい時間に時間をかけずにすぐに便を出したいという人も多いかもしれません。その場合は、トクホの イサゴール などがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください