焼酎 効果 腸の毒素を排除するお酒

Pocket

焼酎 効果 腸の毒素を排除するお酒です。 江戸時代には、消毒薬として用いられていたほど優れた抗菌作用のある 本格焼酎 。腸に入れると、その抗菌力で サルモネラ菌 や ブドウ球菌 などの増殖を抑え、食中毒を予防します。

焼酎 効果 強力な殺菌力が悪玉菌を排除

焼酎 効果

焼酎 効果

焼酎 効果 栄養

血液がサラサラになり、身体の内面からキレイになってお肌の美容効果の期待がもてるかもしれません。 また、芋焼酎にはポリフェノールの一種、抗酸化成分である「アントシアニン」が含まれています。 その強い抗酸化作用により老化防止、血液サラサラ、目の健康を維持する働きが大きいといわれています。

焼酎は、甲類と乙類に分類されますが、健康効果の高いのは昔ながらの製法で作れる本格焼酎の乙類です。

アルコール度が強いので、消化管を刺激しないように 水割 りや お湯割り にするのがいでしょう。お湯割り に梅干しや梅エキスを入れると整腸効果が期待でき、緑茶や番茶で割ればタンニンとの相乗効果で殺菌力が倍増します。

焼酎の中でもとくに、本格焼酎は、善玉コレステロールを増やすはたらきがあります。 善玉コレステロールが、血管壁に沈着した悪玉コレステロールを解消することで、心筋梗塞や動脈硬化のリスクを下げる効果が期待できるのです。

また、血中の悪玉コレステロールが少なくなるので、高脂血症の予防にもなると注目されています。

焼酎の構成成分は水とアルコールで、糖質のような栄養成分が入っていません。 アルコール濃度が高いという特徴があります。 糖質を気にする方は、糖質がゼロの焼酎のような蒸留酒が良いと一般的に言われています。

焼酎の分類

焼酎は、製法の違いから二種類に分類されます。

乙類に分類される焼酎は、米、芋、大麦などの原料を麹とともに仕込み、酵母を使って発酵させます。さらに二次発酵させ、伝統的な単式蒸留機を使って蒸留して製品にします。原料の香りや深い味わいに、造り手のこだわりが生きるお酒です。また、一度しか蒸留できないため大量生産ができないのも特徴です。値段も高くなります。

かたや、甲類は連続式蒸留法によって大量生産されるお酒です。原料は特定されていませんので、いろいろな穀物、いわゆる雑穀を集めて造ります。連続式蒸留機によって純度の高いアルコールが生成され、それを水で薄めて製品にします。純度が高いために無味無臭になるという特徴もあります。

焼酎 アルコール度数

焼酎のアルコール度数はどれくらいでしょうか? 酒税法では単式蒸留焼酎(本格焼酎、焼酎乙類とも呼ばれる)は45度以下、連続式蒸留焼酎(焼酎甲類とも呼ばれる)は36度未満でつくるよう定められています。

一般に流通している本格焼酎のアルコール度数は25度前後が主流です。一方、日本酒の一般的なアルコール度数は15度前後です。この焼酎と日本酒の度数差には、製造方法の違いが関係しています。

醸造酒である日本酒は発酵してできたもろみをそのまま搾ってつくられるのに対し、蒸留酒である焼酎の場合は、もろみをさらに蒸留し、気化したアルコールを冷やすことで原酒を得ます。このときの焼酎原酒のアルコール度数は40度くらい。ここに割り水を加えて製品別のアルコール度数に調整します。

蒸留はアルコール純度を高めるだけでなく、実は焼酎の糖質もゼロにしてくれます。なぜなら糖質は熱しても蒸発しないため、蒸留しても、もろみの中の糖質は蒸気としてアルコールと一緒に出てきません。その結果、蒸留後の焼酎原酒には糖質が含まれないのです。焼酎は、糖質を気にされている方にも優しいお酒といえます。

芋焼酎 効果

芋焼酎の独特の香りの成分として、「リナロール」という成分が含まれています。これは薔薇やラベンダーなど、植物の香りを構成する物質で、アロマテラピーでは抗不安作用、鎮静作用などがあるとされています。芋焼酎をお湯と一緒に火にかけてアロマテラピーのように香りを広げさせることによって、リラックス効果を得られることができます。心地よい眠気を促してくれることもあるので、眠れなかったりよく眠りたかったりする夜に芋焼酎の香りを嗅ぐことがおすすめです。

一方で、アルコールは大腸がんリスクを高めることは言うまでもありません、今や大腸がんによる死亡者数は約5万人にです。

酒量が増えると大腸がんのリスクが上がります。まずは酒量を純アルコールに換算して 23 ~ 45.9 g 未満(日本酒 1~2 合 程度)に抑えること、これが大前提です。また、休肝日を週2回つくることも忘れてはいけません。2週間断酒する効果はこちら。

善玉菌を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください