腸の毒素を排除するお酒(焼酎)

強力な殺菌力が悪玉菌を排除

江戸時代には、消毒薬として用いられていたほど優れた抗菌作用のある本格焼酎。腸に入れると、その抗菌力でサルモネラ菌やブドウ球菌などの増殖を抑え、食中毒を予防します。焼酎は、甲類と乙類に分類されますが、健康効果の高いのは昔ながらの製法で作れる本格焼酎の乙類です。アルコール度が強いので、消化管を刺激しないように水割りやお湯割りにするのがいでしょう。お湯割りに梅干しや梅エキスを入れると整腸効果が期待でき、緑茶や番茶で割ればタンニンとの相乗効果で殺菌力が倍増します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください