腸の毒素を排除するお酒 「 焼酎 」

腸の毒素を排除するお酒 「 焼酎 」 江戸時代には、消毒薬として用いられていたほど優れた抗菌作用のある 本格焼酎 。腸に入れると、その抗菌力で サルモネラ菌 や ブドウ球菌 などの増殖を抑え、食中毒を予防します。

腸の毒素を排除するお酒 「 焼酎 」 強力な殺菌力が悪玉菌を排除

腸の毒素を排除するお酒 「 焼酎 」

腸の毒素を排除するお酒 「 焼酎 」

焼酎は、甲類と乙類に分類されますが、健康効果の高いのは昔ながらの製法で作れる本格焼酎の乙類です。

アルコール度が強いので、消化管を刺激しないように 水割 りや お湯割り にするのがいでしょう。お湯割り に梅干しや梅エキスを入れると整腸効果が期待でき、緑茶や番茶で割ればタンニンとの相乗効果で殺菌力が倍増します。

焼酎の中でもとくに、本格焼酎は、善玉コレステロールを増やすはたらきがあります。 善玉コレステロールが、血管壁に沈着した悪玉コレステロールを解消することで、心筋梗塞や動脈硬化のリスクを下げる効果が期待できるのです。

また、血中の悪玉コレステロールが少なくなるので、高脂血症の予防にもなると注目されています。

焼酎は、製法の違いから二種類に分類されます。

乙類に分類される焼酎は、米、芋、大麦などの原料を麹とともに仕込み、酵母を使って発酵させます。さらに二次発酵させ、伝統的な単式蒸留機を使って蒸留して製品にします。原料の香りや深い味わいに、造り手のこだわりが生きるお酒です。また、一度しか蒸留できないため大量生産ができないのも特徴です。値段も高くなります。

かたや、甲類は連続式蒸留法によって大量生産されるお酒です。原料は特定されていませんので、いろいろな穀物、いわゆる雑穀を集めて造ります。連続式蒸留機によって純度の高いアルコールが生成され、それを水で薄めて製品にします。純度が高いために無味無臭になるという特徴もあります。

一方で、アルコールは大腸がんリスクを高めることは言うまでもありません、今や大腸がんによる死亡者数は約5万人にです。

酒量が増えると大腸がんのリスクが上がります。まずは酒量を純アルコールに換算して 23 ~ 45.9 g 未満(日本酒 1~2 合 程度)に抑えること、これが大前提です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください