白砂糖 肉類と一緒に摂取しない

白砂糖 肉類と一緒に摂取しない のは腸内環境を良好に保つためには必須事項です。腸内で肉類のアミノ酸と白砂糖のブドウ糖が一緒になると大量の悪玉菌を発生させます。

糖質の違いで腸内環境が変化

白砂糖 肉類と一緒に摂取しない

白砂糖 肉類と一緒に摂取しない

白米や芋類に含まれているでんぷんや、果物に含まれる果糖類が胃腸で分解されると単糖類となり、腸内細菌のエネルギーとなります。ところが、精製された白砂糖となるとこれは別。

特に白砂糖が分解された後のブドウ糖と、動物性たんぱく質が消化された後のアミノ酸が化合すると、腸内に悪玉菌を大量発生させます。ステーキとケーキなどの組み合わせは腸内には動物が腐るときに生じるプトマイシンなどの毒素と腐敗臭が充満するために、便にも強烈な悪臭が生じます。

白砂糖

「白砂糖」とはさとうきびやてんさい(ビート)などを原料とする砂糖で、「上白糖」とも呼ばれています。
さとうきびやてんさいから原料糖と呼ばれる砂糖の結晶を取り出して精製し、ろ過などの工程を繰り返して不純物を取り除き真っ白に仕上げます。そこへさらに転化糖をまぶしたものが白砂糖です。
転化糖をまぶすことで砂糖の表面がきめ細かくしっとりとし、コクや風味が増すのも特徴です。

白砂糖 デメリット

血液を酸化させます。体の中で消費されるのに大切な私たちのカルシウムなどのミネラルを奪ってしまうのです。カルシウムを奪われた私たちの体の歯や骨が弱くなります。

免疫力低下、虫歯、便秘、肌荒れ、肥満、イライラ、視力低下、肩こりなどなど挙げるとキリがないほど害があります。そして白砂糖を含んだ製品を食べると、次から次へと甘いものが欲しくなり依存度が高まります。

白砂糖 以外の 腸内腐敗 はこちら。
砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください