肉類と一緒に摂取しない(白砂糖)

糖質の違いで腸内環境が変化

白米や芋類に含まれているでんぷんや、果物に含まれる果糖類が胃腸で分解されると単糖類となり、腸内細菌のエネルギーとなります。ところが、精製された白砂糖となるとこれは別。特に白砂糖が分解された後のブドウ糖と、動物性たんぱく質が消化された後のアミノ酸が化合すると、腸内に悪玉菌を大量発生させます。ステーキとケーキなどの組み合わせは腸内には動物が腐るときに生じるプトマイシンなどの毒素と腐敗臭が充満するために、便にも強烈な悪臭が生じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください