空腹時はできるだけ控える(お菓子類)

白砂糖を使っている甘いお菓子は腸のぜん動運動を弱める

空腹時に白砂糖や甘いお菓子を食べると、胃の中では“糖反射”と呼ばれる反応が起こります。これは大量に送り込まれてきた砂糖に対して胃壁のセンサー部分が過剰に反応してしまうもので、胃液の分泌を停止させたり、腸のぜん動運動を弱めるなど、正常な胃腸の働きを妨げます。
すると、食べた物の消化に時間がかかるため、胃もたれなどの症状が起こったり、胃から腸への移動のリズムが狂い、腸にも負担がかかります。そればかりか砂糖は酸性食品であるために血液を汚し、最終的には体に利用されない物質が残って大腸にダメージを与えます。その結果、悪玉菌は増加し、腸内環境を悪くします。

甘いお菓子、ジュースは要注意

毎日、甘いお菓子を食べている場合は、せめて週に2~3回に減らすことからはじめ血糖値への影響も比較的少ない食後のデザートとして食べるなど工夫をしたほうがいいでしょう。
甘い物はどうしても習慣性になっていることが多く、やめるのに苦労してしまいます。ところが少しの間だけやめるだけで簡単に断ち切ることができます。食べたくなったら今までの半分の量にする、お茶などで紛らわす、などもいいでしょう。甘いお菓子同様缶ジュースなどの清涼飲料水なども気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください