ヨーグルトと抜群の相性(アロエ)

アセマンナンが腸まで届く

アロエは昔から薬効があることで知られていますが、腸に効く成分はアセマンナンという多糖体の一種です。アロエの多糖体は、いつくかの層になっていると考えられており、アセマンナンは最も中心にあって、消化されずに腸までたどり着きます。そして、腸の水分を吸収してふくらませ排便を促します。これが便秘解消効果です。また、腸内の善玉菌の餌となり、腸内環境を善玉菌優位に保ちます。ヨーグルトと組み合わせたヨーグルト製品、デザート、飲み物は非常に理にかなった腸が喜ぶメニューなのです。

アロエを毎日食べる工夫をする

腸の健康に効果的なアロエの食べ方は、少量でもいいので毎日継続することにあります。食用のアロエはスーパーなどでも手に入るのでまずは生で食べるのが手軽でしょう。苦みが少ないキダチアロエはとげを取り除けばそのまま、アロエベラは包丁で皮をむいて白い葉肉の部分を食べます。わさび醤油や」三杯酢などが合います。またヨーグルトに混ぜたり、リンゴやバナナなどとミキサーにかけてジュースにしてもおいしく食べることができます。

蜂蜜やお酒に漬ける

ひと手間かけて、蜂蜜漬けやアロエ酒を事前に作っておけば、いつでもアロエを食べられます。
蜂蜜やシロップに漬けた物は、ヨーグルトのトッピングにも合います。アロエをジャムなどの密閉容器に入れてかぶるくらいに蜂蜜を入れます。アロエに蜂蜜がしみこめばできあがりです。アロエ酒は1日1杯程度を目安にします。ジュースや氷り水で割って飲むとお酒に弱い人でも飲みやすくなります。

アロエの苦み

アロエには皮の部分に特有の苦みがあります。これはアロインという成分によるものです。便秘改善に医薬品として利用されるほど強い緩下作用があります。そのため、一般のアロエ食品は皮を除いたゼリー状の部分が使われています。家庭で生葉をジュースにするときも少量ずつ加減しながらお腹の調子に合わせて使います。

アロエの健康パワーについての詳しいサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください