色の黒いそばが腸の大好物

色の黒さは食物繊維が豊富な証拠

更科そばと呼ばれる白いそばは、そばの種子の中心部分の白い一番粉を使っています。これに対して、やぶそば、田舎そばは、中層から外の二番粉、三番粉を使っています。外側へいくほど食物繊維が多く含まれ、色が濃くなって香りが強く歯ごたえ他があります。腸のぜん動運動を刺激するなら食物繊維豊富な色の黒いそばがおすすめ!

過敏性腸症候群や下痢の人はうどんを

下痢などでお腹の調子が悪いときには、消化しやすいうどんが最適。よく煮て食べるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください