下痢のときは ヌメリ 成分を摂る ヌメリ野菜

下痢のときは ヌメリ 成分を摂る ヌメリ野菜 独特の粘りと食感があるネバネバ食材。このネバネバには、免疫強化など夏バテ対策に役立つ成分が入っているんです。珍しい野菜を中心に新顔野菜も取り上げ、効果・効能を紹介します。なぜ下痢にぬめりが効果があるのでしょうか?

下痢のときは ヌメリ 成分を摂る ヌメリ野菜 ヌメリ成分 の優秀な 整腸作用

下痢のときは ヌメリ 成分を摂る ヌメリ野菜

下痢のときは ヌメリ 成分を摂る ヌメリ野菜

ぬるぬるした食べ物には、多糖類が豊富に含まれており、

  • 寒天
  • ペクチン
  • マンナン

などがこの仲間です。水溶性食物繊維のほとんどがこの 多糖類 です。多糖類とは単糖類(ブドウ糖等)が 10 個以上連なったものの総称で、タンパク質と同様に自然界に広く分布しており、細胞支持物質・体内貯蔵物質として多く含まれています。

  • オクラ 女性の指先に似ていることから「レディースフィンガー」とも呼ばれます。ペクチンの含有量も豊富。消化器官の活性化のほか、コレステロールの吸収抑制作用もあるといわれています。
  • モロヘイヤ 刻むと粘りの出る葉っぱが特徴。栄養価はとても高く、古代エジプトで王様が病気の際、モロヘイヤのスープを飲んで回復したという逸話も。特にカロテンの含有量が多く、老化の原因となる活性酸素を抑える効果があるとされています。
  • 明日葉  葉を摘んでも、明日には芽が出る。そんな繁殖性の高さから名付けられた、日本原産の野菜。房総半島、伊豆諸島、紀伊半島の太平洋岸では自生しているのを見かけられます。健康食品やサブリメントにも活用されることが多い野菜です。

など ヌメリ のある野菜には大抵含まれています。
このぬるぬる成分は腸内でゲル化し、スポンジ状になって余分な水分を吸収するため、食べた物はゆっくりと消化管内をすすみます。

下痢気味のときにも穏やかに腸を刺激し、ほどよい硬さの便をつくる手助けをします。また、食物繊維ではありませんが、 ヌメリ に含まれている ムチン という成分には、胃の粘膜を保護して消化を促す働きもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください