月別アーカイブ: 2021年5月

腸にもとってもベリーグッドの 「 ベリー 」

腸にもとってもベリーグッドの 「 ベリー 」  とは言っても ベリー はかなりたくさんの種類があります。 いちご をはじめ、 ラズベリー や ブラックベリー などの木苺類、それに レッドカラント や カシス などのフサスグリ のほか、 グースベリー や グミ ブルーベリー と多種多様です。

腸にもとってもベリーグッド ( ベリー )

腸にもとってもベリーグッド ( ベリー )

ベリー類全体に共通しているのが、食物繊維が豊富で、果物の中では低糖質・低カロリーであるということ。「 果物 果糖が多い 悪」と考える人も多いのですが、抗酸化力の強い「ポリフェノール類」も豊富なため、積極的に食べたい食材です。

ベリー類の色は、赤~紫系の色が特徴ですが、この色素は抗酸化など様々な働きがあるとされるポリフェノールの一種、アントシアニンによるものです。
このアントシアニンは疲れ目やかすみ目に効果があるとされ、パソコンやスマホなどモバイル機器の使用で目が疲れやすい環境にある近年、眼科の分野でも注目されています。

また、アントシアニンは強い抗酸化作用があり、 ビタミンC や ビタミンE とは体内で作用する場所が異なるため、一緒に摂るとより効果的です。

ベリー類に豊富な エラグ酸 が効く

イチゴ や ラズベリー ブルーベリー などの ベリー類 には、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸が豊富に含まれています。

さわやかな酸味はこの有機酸によるものです。 ベリー類 に含まれている エラグ酸 には、すぐれた抗酸化作用があり、大腸ガンをはじめとする発ガン物質の働きを抑制することがわかっています。

エラグ酸(エラグさん、英: ellagic acid)は、野菜や果物を含む植物で見つかっている天然フェノール系の抗酸化物質です。 エラグ酸が抗癌性と抗酸化性を有しているのではないかとの観点から研究が行われてきました。また美白作用の研究もあります。
一般的にベリー類と呼ばれるものは色々あり、植物学的には全く別のカテゴリーの果実だったりします。おそらく、食用として見た目や食べ方が似ている小さな果実としての総称なのでしょう。そのため、どこからどこまでがベリー類と呼べるのかあいまいだったりします。

ここでは、ほぼ誰が見てもベリー類と言えそうなものだけでなく、それに準ずるものも含めています。大きく分けると下記のグループがあります。
●ユキノシタ科

レッドカラントやブラックカラント、ホワイトカラントなどのフサスグリ類と、グースベリーなどのスグリ類。
●バラ科

一般的なイチゴや、ブラックベリー 、ラズベリーなどの木苺類の他、ジューンベリーなど。
●ツツジ科

ブルーベリー 、クロマメノキ(浅間べりー)など。
●コケモモ科

クランベリーとも呼ばれるコケモモ。
●その他

グミ科のグミやナス科のガーデンハックルベリー、マルベリーやミュールとも呼ばれる桑の実はクワ科の果実です。

ベリー類は、食物繊維が多い点でも腸が喜ぶフルーツといえます。 ポリフェノール や ビタミンC もたっぷりと含まれているので、活性酸素の働きを抑制し様々な生活習慣のリスクを回避するのにも役立ちます。

目の疲れやトラブルにアサイーベリーなどの アントシアニン が効くと最近は評判です。これまでは、目に効くフルーツといえば 「 ブルーベリー 」 でしたが最近はブルーベリーよりもアントシアニンが豊富な アサイーベリー が注目されています。自分に合ったものを選べばいいでしょう。

視界鮮明 アサイーベリー のサプリ ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ

通勤途中の下痢対策 水なしで飲める ストッパ 突然の下痢 ギュルギュル

通勤途中の下痢対策 水なしで飲める ストッパ についての紹介です。通勤・通学途中で下痢を起こしやすい人は、まず夜更かしせずに十分な睡眠をとった上で朝の排便習慣をつけることからはじめます。家を出る前に排便をすませることができるとそれが安心感につながり下痢を起こさなくなるケースもあります。

電車に乗る前に

通勤・通学途中で下痢を起こしやすい人は、まず夜更かしせずに十分な睡眠をとった上で朝の排便習慣をつけることからはじめます。家を出る前に排便をすませることができるとそれが安心感につながり下痢を起こさなくなるケースもあります。

また、少し早めに家を出て停車駅の多い各駅停車などに乗ることも効果的です。「下痢になっても大丈夫」という安心感が下痢をしなくなるきっかけになります。各駅停車であれば、次の液に到着するまで我慢できそう?という安心感があります。

車中でできること

音楽やラジオを聞きながらリラックスして時間を過ごすというのも効果的です。英会話などを聴いて他のことに集中するのも方法です。
それでも急にお腹が痛くなったらまずベルトをゆるめて、すぐに下痢止めを服用します。最近は水なしで飲めるものもあります。

これで便意がおさまらない場合は、次の駅で降りてトイレに駆け込みますが、次の駅まで遠い場合には、イスに座ってなるべく楽しいことを思い浮かべます。座れない場合には、吊革を握る手のカバンを持つ手、立っている足先などに力を入れその部分に意識を集中します。これで時間が過ぎるのを待ちます。

ストッパ下痢止めEX ストレスやプレッシャー 飲み過ぎの下痢に

ストッパエル下痢止めEX 女性特有の下痢

小中学生用ストッパ下痢止めEX お子様の下痢に

ロートエキスの働き
下痢の原因となる腸の異常収縮は、自律神経の1つ副交感神経が活発になることで引き起こされます。この作用はアセチルコリンという神経伝達物質によって強まりますが、ロートエキスはこのアセチルコリンをブロックして、腸の異常収縮による下痢を抑制します。
タンニン酸ベルベリンは、胃では分解されず、腸内でタンニン酸とベルベリンに分かれます。
タンニン酸は腸の粘膜に付着しその炎症面を防御します。
また分泌液の腸内への浸出を防ぐことによって腸内の水分を減らします。
ベルベリンは腸管内の原因菌の増殖を抑えたり殺菌する作用があります。

ストッパ

日頃から腸ストレスを解消するような食習慣もとても大切です。オリーブオイルが腸ストレスに効果的です。

ココア 1 日 2 杯を 1 週間続けてみる

ココア 1 日 2 杯を 1 週間続けてみる ことで善玉菌を増やすことができます。ココアを作るときに使うココアパウダーには食物繊維がたっぷり含まれています。

ココア 便通を整え、便臭を減らす

ココア 1 日 2 杯を 1 週間続けてみる

ココアを作るときに使うココアパウダーには食物繊維がたっぷり含まれています。1 杯に使うココアパウダーが約 6 g だとすると、1.5 ~ 2.0 g の食物繊維を含んでおり、その食物繊維の半分以上がリグニンという不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は腸の中で善玉菌を増やし、腸内環境を酸性にして腸内腐敗を防ぐので、便臭が減少します。さらに、有害物質や水分を抱え込んで便のかさを増やし、腸を刺激してぜん動運動を促すので、便通が改善されます。

慢性便秘の人は、まずは 1 日 2 杯を 1 週間続けてみるといいでしょう。ある実験では 1 週間に 1 度しか排便しない頑固な便秘症の人で濃いめのココアを飲むとすぐにお腹がゴロゴロし始めるという人もいるようです。
ある医療機関では、こうした効果を期待してココアを患者に投与したところ、非常に効果があったそうです。
現代人にココアが必要な理由、ココアに含まれる栄養素 を読むと本当に現代人に必須だということがよくわかります。

カロリーが気になる人はピュアココアを使う

市販のココアにはあらかじめミルクパウダーや砂糖が加えられています。 1 杯分のココアで結構なカロリーを摂取してしまいます。
そこでカロリーが気になる場合は、ココアパウダーだけのピュアココアがおすすめです。ピュアココアであれば、オリゴ糖やダイエット甘味料を加えて飲めばさらに効果アップです。

ココアポリフェノールの効果

ココアパウダーがもつポリフェノールには、消化性潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす殺菌作用や動脈硬化を予防する抗酸化作用があることも明らかになっています。
ココアの便秘解消について はこちらでも紹介されています。

また、非常に栄養価の高いのが特徴で、たんぱく質、脂質、糖質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB2、B6、B12、食物繊維などを豊富に含んでいます。

その主な効用は疲労回復や動脈硬化、高血圧、血栓症、貧血、情緒不安定、便秘、肥満などの予防・解消です。

また、ココアには活性酸素を中和するポリフェノールが極めて豊富で、細胞の老化、生活習慣病の予防にも効果的です。
また特有のほろ苦さの元であるテオブロミンは自律神経の動きを調整して気持をリラックスさせ、睡眠障害の解消にも有効です。

善玉菌を増やす

十分な睡眠が便秘解消に効果的

十分な睡眠が便秘解消に効果的 ですが、睡眠不足は体のリズムを乱し、排便リズムを不安定にしてしまいます。夜更かしの後は必ず便秘になるという方も多いはずです。睡眠不足は便秘の元です。

十分な睡眠が便秘解消に効果的

からだのリズムは睡眠で整える 十分な睡眠が便秘解消に効果的

心身にたまった疲れやストレスを取り除くのに一番効果があるのは、睡眠です。様々なストレス解消方法ももちろん大切ですが、やはり睡眠不足にならないようにすることです。

睡眠不足は、体のリズムを狂わせるので、自律神経に悪影響を与えます。そのため、腸の働きも乱れ、便秘になりやすくなります。毎朝、お通じのあるような人でも明け方まで夜更かしなどをすると排便リズムは乱れてしまいます。

睡眠時間は、長ければいいというわけではありません。ただ、心地よく排便できる生活を習慣化するには、体のリズムを整えるという点で、ストレスマネージメントと睡眠が重要です。

質の高い睡眠

気持ちよく目覚めて、睡眠不足のストレスをためないためにも、短時間でも質のいい眠りをすることが大切です。質のいい眠りにはいくつかのポイントがあります。

眠りについた後の電話の呼び出し音、騒音、電灯の点滅などの刺激があると、目覚めていなくても血圧を上昇させ、質の悪い睡眠になることがわかっています。

こういった外部からの刺激や影響を受けにくい部屋で眠るためには、遮光カーテンにしたり、雨戸を閉める、場合によっては耳栓やアイマスクを利用すると効果があります。
昼間は体を動かしたり、就寝前にぬるめのお湯で半身浴をするなど心身の緊張を解くことも大切です。

睡眠時間が短い場合にあらわれる体の症状

体重増加
睡眠は新陳代謝エネルギーに変換するプロセスが機能するために不可欠なものです。新陳代謝が最適な時に体はカロリーを燃焼し体重を適正な状態に保ちます。
情緒不安定
睡眠不足になるとイライラしたり疲れやすくなったり、集中力が低下します。
血圧上昇
睡眠中は副交感神経が働き体の緊張をほぐします。しかし起床時間が長いと交感神経が働いている時間が長くなり体の緊張がほぐれず血圧上昇の一因となります。
免疫力低下
十分な睡眠がとれないと、一晩のうちに免疫システムが生産出来る抗体やサイトカインの量が制限され、抵抗力が低下します。

 

眠れない時も神経質になりすぎない

すでに不眠で悩んでいる人は、眠れないことを気にしすぎないことです。眠れないとストレスがたまりますが、これを気にしすぎることもよくありません。矛盾しているようですが、眠れないことをストレスに感じすぎないということです。おもいきって読書などをするのもいいでしょう。

眠りの悩みを解消しよう!

朝食後 は 便座 へ トイレタイム の 習慣化

朝食後 は 便座 へ トイレタイム の 習慣化 が便秘解消への第一歩です。 朝食を食べた後に便意を感じる体にするには毎日同じ行動をすることでその行動(朝食)後に便意を感じる体にすることが目的です。

最初は便意を感じなくても便座に座りこれを習慣化すると次第に便座に座ると便意を感じる体に変わっていきます。便意を無視し続けることで直腸の神経が麻痺し便秘になってしまうので要注意です。

朝は時間的余裕をもって 朝食後 は 便座 へ トイレタイム の 習慣化 につとめる

朝食の後は便座へ トイレタイム の 習慣化

便秘に悩む人の多くが、 トイレタイム をないがしろにしてしまうという点です。朝食後に大きなぜん動運動が起こると結腸にためこまれた消化物が直腸に便として送り込まれ、便意を感じることは今までにも説明してきたとおりです。

便意が起こると、今脳から肛門に排便するよう指令が出されます。これを「排便反射」といいます。ところが、直腸への刺激を無視して便意を我慢し続けると、感受性が低下してしまい、排便反射が起こりにくくなって便秘につながるのです。こうして起こる便秘は「直腸性便秘」と呼ばれ、便はスムーズに出にくい硬くて断片的な形状になりがちです。

まずはその大切な朝食とその後の トイレタイム をしっかりと確保することです。また、この時間を習慣化するようにします。朝の時間は誰もが忙しくて大変ですが、ほんのわずか早起きすることでこうした トイレタイム を確保することができます。

忙しい時間滞に面倒な便意がなくなっていたという経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。

けれど、その時は便意がなくなってホッとするかもしれませんが、実はこれ、便秘を引き起こす NG 習慣です。せっかくの便意を我慢したり時間がなくてトイレに行かないと体が便を出すことをやめてしまうのです。

前日の夕食を食べ過ぎないことも重要なことです。夜更かしもいけません。便秘を解消するためには、まず自律神経の働きを活発化させることがとても大切です。朝食を食べたら便意を感じる体にするためには少しの努力で可能です。

最初の 便意 を大切に

女性が便秘になるきっかけの多くに便意を無視してしまうことにあります。朝食後に感じた便意を無視してしまうと、その日はもう便意が起こらないものとしっかり認識します。こうした習慣が続いてしまうと、常習性の便秘へとつながるきっかけになってしまいます。

また、加齢に伴って直腸は大きく広がるため、便が大腸から直腸に移動しても便意を感じにくくなります。少しでも便意を感じたら排泄できない場合でもトイレの便座に座る習慣をつけます。

朝の忙しい時間に時間をかけずにすぐに便を出したいという人も多いかもしれません。その場合は、トクホの イサゴール などがおすすめです。

善玉菌を増やす

悪玉菌増加 サイン と誘因

悪玉菌増加 サイン と誘因 悪玉菌増加の 4 大誘因は

  1. 食生活の乱れ
  2. 運動不足
  3. ストレス
  4. 寝不足

でいずれも 便秘の原因 になります。 便秘=悪玉菌増加 と考えていいでしょう。戦後の生活の洋風化に伴って、日本の食生活は大きく変化してきました。米の消費が徐々に低下する一方で、肉類や乳製品などの動物性たんぱく質を多く摂るようになってきました。生活の洋風化に伴って問題となっているのが脂肪分の摂りすぎです。
これまで穀物や豆などを中心した食事が一気に脂肪分が増えました。

腐敗便 の 毒素 は 万病 のもと 悪玉菌増加 サイン

悪玉菌増加 サイン

結局、腸内を発酵させるのも、腐敗させるのも食べ方次第です。生活習慣がそのまま腸に反映してしまうのです。

慢性的な便秘は悪玉菌の温床となり、腸内を腐敗させます。
一気に増えてしまった悪玉菌は、腸内に滞っている便を腐敗させ、有毒な物質やガスを発生させるようになります。これらの有害物質の弊害は腸だけにとどまらず、大腸粘膜の血管に入り込み、血液を通して全身に運ばれ、到達した部位によって

  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • 口臭
  • 肩凝り

といった症状を引き起こします。便秘が続くと目の疲労を訴える方もいらっしゃいます。
生活習慣病程度でとどまればいいのですが、 大腸ガン の原因となる物質を発生させることです。実際に腐敗便がたまりやすい 直腸 と S状結腸 に 大腸ガン は発生します。

悪玉菌増加のサイン

深刻な症状がでる前に食事と生活習慣を見直します。

  • くさい便やおならが出る
  • おなかが張る
  • 腹痛がある
  • 肌荒れ
  • 体臭がする
  • 肩凝り
  • めまい
  • 血圧が高い
  • 風邪をひきやすい
  • 疲れやすい
  • 倦怠感がある
  • 食欲不振

また、悪玉菌優位の腸内環境になると排便の後に便器がとても汚れるようになります。ベオトついた便が排泄されるようになります。善玉菌優位の腸内環境であれば便器はほとんど汚れません。

便器が汚れるようだと腸内環境はかなり悪い状態だと思っていいでしょう。便秘を改善したら腸内環境を整える 乳酸菌生成エキス を摂取すると腸内環境改善が早期にすすみます。