口にしないほうがいい水もある」カテゴリーアーカイブ

口にしないほうがいい水もある 沸騰した水は腸内環境のためにはNG。白湯が流行していますが体を冷やさない効果はありますが腸内環境のためにはNGです。

健康 水 口にしないほうがいい水は

健康 水 口にしないほうがいい水はどんな水でしょうか。消毒した水や、不純物を取り除いた水は体に悪いので腸のためにも NG です。

健康 水 ってどんな水

人が水を飲むと最短20秒でその「水」は全身を駆け巡ります。 肌のうるおいやのどの渇きを癒すだけでなく、からだの機能維持に欠かせない存在。

細胞に酸素と栄養分を与え、老廃物を体外に排出し、体温や浸透圧や pH を調節するなどとても大きな役割を担っています。 その必要量は成人男性で1日約 2.6ℓ と言われます。

健康 水

健康 水

私たち人間は、成人の場合で約60%、新生児の場合はなんと約80%が水でできています。そのうち、およそ10% を失うと重度の脱水症となり、20%を失うと命を落としてしまいます。

私たちは毎日、尿や汗としておよそ2.5リットルの水を排出しているので、日々の水分補給を欠かすことはできません。といっても、毎日欠かさず2.5リットルの水を飲まなくてはならないわけではありません。

私たちは、水以外からも水分を摂取しているからです。ご飯や果物を食べたり、お茶を飲んだりしながら、だいたい排出する量ほどの水分を、私たちは意識せず摂っているのです。ですから、特別に水を飲む習慣がないからといって、いきなり脱水症になるということはありません。
それでも私は、健康のために、1 日約1~1.5リットルくらいは水を飲むことをおすすめしています。

沸騰した水はNG

飲用するのは、どんな水でもいいわけではありません。日本の水道水は安全ですが、飲用に適しているとはとてもいえません。
徹底的に菌を追い出すために、大量の塩素を入れているからです。塩素は有害な菌も無害な菌もすべて殺してしまいます。さらに、老化やガンのリスクを上げる活性酸素を生み出しもします。

もう1つ大きな問題は、日本の水道水には硝酸態窒素という物質が含まれていることです。硝酸態窒素は、血液中で酸素を運ぶ役割をしているヘモグロビンからその役割を奪い、体を酸欠状態にしてしまいます。

さらに、発ガン性物質であることもわかっています。ではどうしたらよいのでしょうか? 1度、沸騰させるといいと思っている方も多いようですが、これは大きな誤解です。

湯冷ましにすると、さらに危険度が増します。沸騰させると水分が蒸発し、有害物質の濃度が濃くなってしまうからです。それなら不純物を人工的に取り除いた蒸留水が飲用に適しているのかというと、これも違います。

蒸留水はとてもまずく、飲めたものではありません。まずいばかりでなく、空腹の状態で蒸留水を飲むと胃腸の働きが悪くなると言われています。
蒸留水に金魚を入れると、死んでしまうほどです。それは、蒸留水が生物の体から必要な物質を奪い取ってしまうからです。

人が手を尽くして消毒した水や、不純物を取り除いた水は、体に悪いのです。その一方で「ミネラルウォーターを飲めばいいんでしょ? 」という方がいますが、これもまた誤りです。

一般的な日本のミネラルウォーターと外国のミネラルウォーターとでは全然別物だからです。日本のミネラルウォーターのほとんどは加熱処理がされています。これは農林水産省のガイドラインにしたがって、日本では自然の水を汲みあげたあとで、沈殿・ろ過や加熱殺菌をしているのです。これではとてもおすすめできる水とはいえないのです。

今さら聞けないミネラルウォーターの知識

日田天領水こちらにあるように安全な品質を保持しています。

日田天領水は大分県日田市の深い地層から汲み上げた深井戸水を、採水地で衛生的にボトリングしたミネラルウォーターです。

日田天領水の製造工場では製品の品質を確保するため、取水から全ての工程において衛生的に管理された最新設備のシステムにより製造され、従業員への徹底した衛生管理のもと、高レベルな品質管理をおこなっています。又、外部検査機関での分析結果で安全性を確認し、衛生と安全には最大限の注意を払っております。

水質基準項目(51項目)と基準値

水道法第4条に基づく水質基準は、水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令第101号)により定められ、水道水は、この水質基準に適合しなければならないとされています。

日田天領水は、水道法が定めた水質基準項目の51項目すべてにおいて、水質基準をクリアしています。

製品はその安全が確保され、なおかつ品質は自社で定めた基準をクリアしたものにおいてのみお届けしています。

水の正しい飲み方

●タイミングを決めてこまめに飲む●
1度に大量の水を飲んでも尿として排出されてしまい、思うような効果が得られないことは「便秘の解消効果」 でお伝えしました。効果的に体内に水分を摂取できる飲み方はとしては、

(タイミングを決めて、1度にコップ1杯ほどの水をこまめに飲む) ことです。

タイミングとしておススメは以下の通りです。

1.朝の寝起き

2.通勤・通学のとき

3.運動したとき

4.お風呂上り

5.寝る前

 

1日に飲む水の最低量は1.2リットル

1日に人間にが必要な水分量は平均して2.5リットルといわれています。食事から水分を摂取することもできますが、意識して水を飲まないとスグに水分不足に陥ってしまいます。

 

発汗などで水分が出てしまうことも考慮して、1日に最低でも飲む水の量は1.2リットルを意識して摂取するといいでしょう。

腸をもっと賢くするために