賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

乳酸菌生活の大事なポイント

食器は食毒してはいけない!

投稿日:

腸内の細菌の数が多ければ多いほど免疫力は高まる

キレイ好きは菌まで殺してしまう

免疫力を下げるのはどんなことが原因でしょうか?一番は「栄養の偏った食事を摂る」ことです。免疫力を上げるためには腸内環境を整え、腸内細菌にしっかり免疫防御の仕事をしてもらわなければなりません。

こぼしたおかずを食へたほうがよい理由

まず、栄養の偏った食事がよくないことは理解しやすいところだと思います。ファストフードや手軽に食べられるインスタント食品ばかり食べていると、食物繊維はほとんど摂取できません。

食物繊維が摂取できないと、それを餌にしている腸内細菌は数を増やすことができません。そのうえ、これらの食品に含まれている食品添加物は腸内細菌を殺してしまうので、数は減る一方です。

続いて、多くの方が意外に思われたかもしれない「落としたものを食べる」という行為ですが、テーブルにこぼしたおかずを食べることは、菌を体内に取り入れることと同じです。腸内の細菌の数が多ければ多いほど、種類も多ければ多いほど、免疫力は高まります。

こぼしたおかずについた菌を取り入れて、腸内細菌の種類と数を増やすことが、免疫力アップになるというわけです。日本の衛生環境で、普通に清潔を心がけていれば、テーブルの上に人を死に至らしめるような悪玉菌はまずいません。こぼしたおかずを食べたくらいで、病気になることはほとんどないといっていいでしょう

たとえば、私は毎年、インドネシアのカリマンタン島へ医療調査に出かけていますが、現地のものを食し、現地の水を飲んでも下痢になったことがありません。

それ以外にも必ずしも衛生状態がよいとはいえない国へ行って現地の人と同じ食生活をしても問題ないのです。これは私が幼いころに土壌菌(地表や土壌中に生活する菌類の総称)をたくさん摂っていたため、腸内細菌が鍛えられたのだと思います。

戦中・戦後と食橿難の時代に育ち、野山を駆け回るような幼少時代を過ごしましたので、ドジョウやタニシ、カエルもへどもなんでも食べました。

私と同世代の人たちの体が強いのは、多くの人がこうした体験をして、腸内に土壌菌などさまざまな菌を取り込んでいたためなのです。

同じ理由で、あまり熱心に食器を消毒しないでほしいのです。台所のアルコール除菌や除菌洗剤など、メーカーは菌を悪者扱いすることで売上げを伸ばそうとしているようですが、私たちの周囲にそこまで恐れなければならない菌はまずいません。

もちろん、汚れたままの食器を使い回すことをおすすめするわけではありませんが、まったく菌がいなくなるまで徹底的に食器を消毒しなくてもいいのです。

-乳酸菌生活の大事なポイント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

成長

大人に成長につれて腸内環境は変化していく

腸内細菌はその種類・数を増やし、腸内環境は整っていく 腸内環境も成長によって変化する いくらしっかり掃除をしたとしても、完全に菌がいない部屋をつくり出すのは困難です。たとえ部屋が無菌の状態になったとし …

ウォシュレット

ウォシュレット・腸内洗浄には注意

皮膚常在菌がいなくなった肛門はあまりに無防備 お尻にも常在菌がいる 何かに触ったら手を洗わないと気がすまない!」という、行き過ぎた清潔志向が世間に蔓延しています。オフィスやトイレなど、消毒用アルコール …

抗生物質

抗生物質の摂りすぎはNG、腸内細菌が死滅してしまう

抗生物質が処方されても、本当に必要か、医師に確認を 抗生物質が効かない場合がある 最近はよく病院で処方され、頭痛や風邪の際などにも気軽に服用され、市民権を得た抗生物質ですが、抗生物質がどういうもので、 …

兄弟

生まれる順番とアレルギーの関係性は密接に関係している

日本にアレルギーの子どもが増えたのは出生率が下がったから ほうっておかれた子どものほうが腸内環境がいい? 生まれる順番とアレルギー体質とには関連があるという調査結果があります。「日本小児アレルギー学会 …

ウォーキング

適度な運動は腸が喜び、過剰な運動は腸がいやがる

運動すると、幸せを感じる「快感情」が高まる 腸の蠕動運動を活発にする運動 規則正しい食生活を心がけ、体にいい成分を含む水を熱心に飲んでいるとしても、まったく体を動かさずにごろごろしていたのでは健康には …