腸内細菌の数をみるには排便量を見る

腸内細菌の数は排便の大きさでわかる

腸内細菌が元気だと排便量もたくさん

ここまで腸内細菌がどれほど大切な働きをしているかをご理解いただけたと思います。ところで、その腸内細菌の量や、腸内環境の良し悪しを知るための大きな指標となるのが日々の排泄物です。

便は、摂取した食物の残骸だけでできているのではありません。もちろん、食物のカスも排出されますが、便のだいたい半分は腸内細菌です。死んでいる腸内細菌はもちろん排出されますが、生きたものも毎回、必ず排出されています。

生きた細菌も含めてある程度の数が排出され続けながら、腸内はちょうどいいバランスを維持しているのです。つまり、便の大きさから、だいたいの腸内細菌の数がわかるというわけなのです。ちなみに、健康な人間の腸内には総量およそ150 グラムの腸内細菌がいます。

便のサイズタウンは由々しき問題

最近は便のサイズが小さい人が増えているのですが、じつはこれは困ったことです。それはすなわち腸内細菌の数が減り、健康な腸を維持できていないという証なのです。

戦前の日本人は、1日約350 グラムほどの便を排出していました。これは欧米人に比べて大きめなのですが、それは昔ながらの日本食が食物繊維の豊富な材料からできているためでした。

食物繊維は腸の働きを助け、腸内環境をよくしてくれるのです。ところが最近の日本人の食生活はすっかり欧米化し、食物繊維摂聖旦はずいぶん減ってしまいました。

逆に、食品添加物がたっぷり入ったファストフードを好んで食べるようになってしまった結果、排便は150 グラムほどになってしまい、女性の場合はなんと100 グラムまで減ってしまいました。それはつまり、腸内環境が悪化していることを示しているのです。腸内環境の改善のためにも、もう1度、和食のよさを見直したいものです。
最近の日本人の腸の傾向とさまざまな症状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください