腸が下す判断は脳よりも的確で正しい

腸が下す判断は脳よりも的確で正しい というのはどういうことでしょうか?脳は食べ物が安全かどうかは判断できませんが、腸にはそれができるのです。ポテトチップスやファストフードにはまる人がいますが、それは脳で判断しているからです。

腸が下す判断は脳よりも的確で正しい 脳より腸の声に従うほうがよりベター

腸が下す判断は脳よりも的確で正しい

腸が下す判断は脳よりも的確で正しい

脳がない腔腸動物は、腸で判断をして生きています。つまり、腸が脳の働きを担っているというわけです。人の腸には、大脳に匹敵するほどの数の神経細胞があります。

それは、脳の祖先が腸から始まったことに起因しています。脳は食べ物が安全かどうかは判断できませんが、腸にはそれが可能です。

脳は食べ物が安全かどうかは判断できませんが、腸にはそれができるのです。ポテトチップスやファストフードにはまる人がいますが、それは脳で判断しているからです。食中毒菌が混入した食べ物でも、見た目が美味しそうなら脳は「食べてもいい」「早く食べたい」などと判断します。

しかし腸は有害な菌が入ってくると激しい拒絶反応を起こします。脳は危険な食べ物にダマされますが、腸は人の体にとって、安全なものでないと、吐き出したり下痢を起こしたり、体が中毒にならないように反応を起こすのです。

ポテトチップスが無性に食べたくなる理由

何かを食べて満足するのは、脳内にある種の快楽物質が放出されているからなのです。たとえば神経伝達物質のドーパミンが脳内に放出されると、多幸感を得られ、ハイな気分になれます。

ドーパミンは、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。 運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わります。

チョコレートやポテトチップスやファストフードを食べるのが習慣化してやめられなくなるのは、人間が脳内の快楽物質の虜になるからなのです。

脳はポテトチップスやファストフードが欲しくて仕方ありません。腸はそれらを「安全ではない」と判断しているのですが、脳の指令に従って摂った食べ物は、否が応でも腸に送り込まれてきてしまいます。

その結果、腸は健全な状態を保つことができなくなり、腸内細菌や腸の細胞が大きなダメージを受けます。脳の誤った判断に、無理やり腸を従わせていることが、腸内環境を悪化させ、現代にさまざまな病気を蔓延させている元凶になっている、ともいえるでしょう。

健康を保つためには、腸の声に耳を傾け、「脳」よりも「腸」の判断を優先させることです。頭で考えると体にいいものだけでなく時々悪いものを口にしたくなるのが人間です。

普段は、バランスのいい食習慣を送っていても脳が突然カップラーメンを食べたい衝動にかられてしまいます。不思議ですが脳がほしがっているだけなのです。
しかし、ストレス解消にたまに口にするぐらいはOkです。そんなときは食べたあとに

16種類もの乳酸菌がサポートする「乳酸菌革命プレミアム」で余分なものを排泄してしまえば安心です。食べたままにしておくと腸内環境が悪化してしまいます。

腸が下す判断は脳よりも的確で正しい」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第2の脳と呼ばれる腸の働き | 免疫力アップのためのオリーブオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください