腸内環境 肌荒れ 対策は 乳酸菌 を摂ろう

腸内環境 肌荒れ 肌がいつもキレイな人の腸内環境はキレイです。腸内環境を整える上で重要なポイントは、腸内での善玉菌の割合を多く保つことです。腸の状態がよくなると悪玉菌は棲みづらくなり、反対に善玉菌は快適に働けるようになります。善玉菌を増やして、腸内環境を改善していくことが必要です。

ちなみに、肌荒れ をすぐに改善したい場合には、乳酸菌 を摂るのがベストソリューションとなります。
腸の専門家がやっている 乳酸菌 を 増やす 方法は 乳酸菌生成エキス を飲むこと

腸内環境 良好なら 肌荒れ なし

腸内環境 肌荒れ

腸内環境 肌荒れ

腸内環境が乱れると肌が荒れるのは、腸内で有害物質を生み出す悪玉菌が増え、肌荒れや便秘などを引き起こしてしまうからです。

ストレスを感じたり、腸内環境が乱れていると感じたら、まずは食事の内容を変えてみましょう。 発酵食品やオリゴ糖、食物繊維など、腸内環境を整える働きをしてくれる食材を積極的に選ぶと良いですね。

活性酸素 腸内環境 肌荒れ 原因 となる

肌の細胞を傷つけてしまうトラブルメーカーとして注目を集めているのが活性酸素です。この活性酸素をブロックする大切な役割を腸は持っています。

活性酸素は私たちの細胞に作用することで、細胞を変成させガン細胞を作り出したり、老化を促進させたりします。腸内環境がよければ、腸内細菌が活性酸素を退治してくれます。逆に、腸内環境が悪ければ、肌の細胞はもちろん、全身のさまざまな細胞が活性酸素の攻撃を受けることになhノます。

活性酸素の攻撃を受けると、肌にはシミやシワができてしまいます。ほかの細胞も深刻なダメージを受けた結果、老化してしまいます。

つまり、肌の状態を見れば腸の状態、ひいては体全体の老化の程度がわかるというわけです。肌年齢は見た目の良し悪しに関わるだけではなく老化の一つのバロメーターとしても重要なものだといえるのです。

こんな実験もある 腸内細菌を変えるとネズミが若返った

ネズミを使った研究で、若いネズミの腸内細菌を老いたネズミの腸に移すと、老いたネズミが若返ったというデータがあります。

逆に、老いたネズミの腸内細菌を若いネズミの腸に移すと、若いネズミは動きが緩慢になり、ヨボヨボと年老いたような状態になってしまったのです。

この結果から、腸内を若い健康な状態でキープできている限り、実年齢にかかわらず、若さを保てるということが証明されています。

高級な化粧品を否定するつもりはありませんが、そういうものは結局、上辺をとりつくろうだけのものでしかありません。いくら高級な化粧品を使っても、常にストレスにさらされ、体に悪い食事を続けていると、体はどんどん老化していくからです。

腸内環境が悪化し、体全体が老化しでいる状態で、肌の表面だけをとりつくろっても美しくはなれません。ぜひ腸内環境の改善で、根本的なお肌の改善を目指しましょう。

腸内環境 肌荒れ 治す方法は 乳酸菌 をとる

肌をきれいに保つためには腸内環境を良好な状態に保つことがわかりました。実際に腸内環境を整えるにはどうしたらいいのでしょうか。

腸内環境を整える上で重要なポイントは、腸内での善玉菌の割合を多く保つことです。腸の状態がよくなると悪玉菌は棲みづらくなり、反対に善玉菌は快適に働けるようになります。善玉菌を増やして、腸内環境を改善していくことが必要です。

まず、善玉菌を増やす方法としてあげられるのは 乳酸菌 を摂取することです。乳酸菌 は善玉菌の一種で、糖類を分解して乳酸を作り出します。この乳酸菌を摂取することは、腸内の善玉菌に援軍を送ることになります。

16種類もの乳酸菌がサポートする 「 乳酸菌革命プレミアム 」

乳酸菌の種類は多種多様で、腸内を酸性側に傾け腸内の腐敗を抑えたり、腸のぜん動運動を助けて便秘を改善する効果があります。

その後、研究が進み、今では整腸作用だけでなく免疫増強作用、中性脂肪・コレステロール抑制作用、虫歯菌や歯周病菌の抑制作用があるということがわかってきています。

そして、この乳酸菌を元気にする方法に「オリゴ糖と食物繊維」の摂取があります。オリゴ糖と食物繊維は、腸内を乳酸菌が働きやすい環境に整えてくれるためです。

常在菌 減らしてしまう 過剰洗顔に注意 洗いすぎスキンケア NG

いくらスキンケアを頑張っても、食生活が乱れていたり、睡眠不足だったり、ストレスが溜まっていたりすると肌の調子も悪くなってしまいます。

体の中から健康的な肌をキープするにはどんなことに意識すればいいの肌を美しく保つ上で、顔の洗い過ぎには注意が必要です。石けんなどで顔を洗いすぎると、汚れだけでなく、皮膚に必要な水分や、異物の侵入を防ぐ皮脂までも除去してしまうことがあります。

また、皮膚の上には皮膚常在菌という細菌がいるのですが、これを洗い況してしまうことも問題です。この菌は保湿や皮膚の脂肪を分解して処理してくれる、なくてはならない菌なのです。

水分や皮脂、常在菌までを洗い流してしまう事と、デリケートなドライスキンになり、日焼けやほこりといった、ちょっとした刺激にも耐えられなくなってしまいます。

人間 常在菌 菌 に 埋もれて 生活している

顔を洗うなとはいいませんが、石けんの使用はほどほどに。「弱酸性」を謳い、常在菌を守るような洗顔料も最近はできています。洗い過ぎが、皮膚炎や湿疹の原因になることを覚えておきましょう。ひどい肌荒れに悩んでスキンケアにお金をかけていても改善しなかったのに乳酸菌飲料を1週間飲んだら改善したという声もよく聞きます。そのくらい肌と腸内環境は深い関係性にあります。

女性の場合、メイク落としのクレンジングの後、ダブル洗顔と称してさらに洗顔料でごしごししちゃいます。クレンジングだけだときれいになった気がしないからと洗いすぎてしまう傾向にあります。

クレンジングは、オイルと界面活性剤と水で作られており、しっかりと顔の上のメイク用品を洗い流してくれるように設計されています。専門用語では可溶化と言いますが、汚れをしっかり包み込んでくれるので、かなりきれいに洗い流せます。弊社の女性のようにダブル洗顔したくなる理由は、おそらく洗い流した後も何かがくっついている気がするからだと思います。これを保湿感と標ぼうしている商品もありますが、確かにくっついています。それはオイルと界面活性剤です。

顔だけではありませんが、皮膚の上には皮脂膜という薄いオイルのベールで被われているのが健康な肌の状態です。そのベールとともに皮膚常在菌もいます。最近では腸内細菌が注目されていて、フローラと言った言葉も知られるようになりましたが、皮膚の上の常在菌たちも同様です。

ノントラブルの皮膚は腸内環境をきれいにすることです。皮膚を過剰に洗うことではないので注意しなければいけません。

腸と病気との深い関係性について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください