発酵食品で腸内フローラを整え元気な体になる

乳酸菌は病気にならないための強い味方

世界には、健康長寿の人々が多く暮らす村や町がいくつもあります。そうした土地を回っている食生活の研究者たちは、口を揃えてこう言います。「長寿の人々は発酵食品をよく食べている」と。

発酵食品に含まれている乳酸菌は、リンパ球のNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化します。NK(ナチュラルキラー)細胞は、常に私たちの体内を巡回していて、細胞の中のウイルスやガン細胞を単独で素早く攻撃する免疫細胞です。

ほかの菌でもリンパ球を刺激することはできますが、体の免疫系が崩れたときに元に戻すような刺激を与えられるのは乳酸菌しかありません。

私たちの腸の中には数えきれないほどの細菌がすんでいて、この集団のことを腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)といいます。この腸内細菌叢は、まるで花畑のように見えることから『腸内フローラ』とも呼ばれています。
健康なときは腸内は善玉菌が優勢な状態でバランスが保たれていますが、体の不調、食事、環境の変化、ストレス、さらに高齢化などによって悪玉菌が増え、腸内フローラが乱れてきます。そういったときには乳酸菌を補給して正常な状態に保つことが大切です。

体の健康は、腸の健康で決まります。腸内環境が整っていると、さまざまな病気にかかりにくくなるのです。

発酵食品に含まれる乳酸菌で免疫力をアップする

腸には、NK(ナチュラルキラー)細胞をはじめとする免疫細胞のおよそ7割が存在しているため、免疫力をアップするには腸の健康は欠かせません。NK細胞を活性化させる乳酸菌を含む食品といえば、ヨーグルトが挙げられます。これは世界共通です。
日本の和食にも発酵食品はいくつかあります。味噌や醤油、酢といった調味料のほか、納豆、ぬか漬けなど馴染みのある食品は、毎日継続して食べたい優れた発酵食品です。

乳酸菌サプリメントならこちら
善玉元気 フローラ健康科学研究所の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください