賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

乳酸菌生活の大事なポイント

無理せずに焦らずにストレス解消

投稿日:

あなた流のストレス解消法を身につけることが腸内細菌の「ため」になる

特別な方法でなくていい

元気に長生きを目指すための方法をまとめでおきましょう。これは私自身が日々、実践していることです。元気で長生きするためには、特別な方法は不要です。特別な食べ物を毎日欠かさず食べないといけないとか、高価なフィットネスマシンで毎日運動しないといけないなど、そんな必要はまったくありません。

日々、自然に、人間らしい暮らしをしていればいいだけなのです。まずは早寝早起き。朝晩は免疫作用が活発ではないので、有害な物質が外部から侵入しやすい時間帯となります。

朝はその日の準備にあて、晩は明日に備えるためにゆっくり過ごしましょう。免疫作用が活発な昼は動くのに適しています。

外出したり仕事をしたり、アクティブに過ごしても疲れにくい時間帯なのです。食生活を改善するのも、健康に暮らすためには欠かせません。

少し気遣うだけで、腸内環境はずいぶん改善されます。腸内環境次第で免疫力は上がり、体質もよくなっていきます。といっても、難しく考える必要はありません。

食べ物のおいしさを感じ、体と相談しながら、そのとき「本当に食べたい」と思うもの(脳ではなく腸が思うものです) を必要な分だけ食べるようにすれば充分です。

極端な偏食や栄養過多はいけませんが、体が欲するときには甘いものだって食べてもいいのです。腸のことを考えれば、旬の野菜や発酵食品、海藻などをコンスタントに食べて、食物繊維を多く摂ることをおすすめします。

逆に添加物が入った食品は、できるだけ避けましょう。しかし、健康を意識するあまり、神経質になりすぎるのも考えものです。
周囲に有害物質がないかと常に目を光らせるような生活を送るのは、おすすめできません。

私のストレス解消法

思い立ったらすぐできることもあります。それはストレスをためすぎないように注意することです。ストレスは万病のもと。

ストレスがたまると腸内環境は悪化し、免疫力が落ちます。するとあらゆる病気にかかりやすくなり、病気によるストレスでさらに不健康になっていく、という悪循環に陥ってしまいます。

常日頃からあまりくよくよしないようにしましょう。とはいえ、ストレスと無縁で暮らすのはとても難しいことです。ですから、ストレスをためすぎない努力をしつつ、ストレスを解消する方法を探しておきましょう。

買い物に行く、おいしいものを食べる、カラオケをするなど、方法はなんでもいいのです。大切なことは「リラックスした」と自分が感じられるかどうかです。

ちなみに私のストレス解消法は、家の近くにある天然温泉に行くことです。「ちょっと疲れたな」と思ったらそこに出かけ、心身ともにリラックスして帰ってきます。

これまでの生活を一気に変えることなど、だれにだってできっこありません。できることから少しずつ、簡単に始められそうなことから実践してみてはいかがでしょうか。

現代人のストレスはこちら。

-乳酸菌生活の大事なポイント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成長

大人に成長につれて腸内環境は変化していく

腸内細菌はその種類・数を増やし、腸内環境は整っていく 腸内環境も成長によって変化する いくらしっかり掃除をしたとしても、完全に菌がいない部屋をつくり出すのは困難です。たとえ部屋が無菌の状態になったとし …

抗生物質

抗生物質の摂りすぎはNG、腸内細菌が死滅してしまう

抗生物質が処方されても、本当に必要か、医師に確認を 抗生物質が効かない場合がある 最近はよく病院で処方され、頭痛や風邪の際などにも気軽に服用され、市民権を得た抗生物質ですが、抗生物質がどういうもので、 …

ウォシュレット

ウォシュレット・腸内洗浄には注意

皮膚常在菌がいなくなった肛門はあまりに無防備 お尻にも常在菌がいる 何かに触ったら手を洗わないと気がすまない!」という、行き過ぎた清潔志向が世間に蔓延しています。オフィスやトイレなど、消毒用アルコール …

普通分娩

帝王切開より普通分娩が腸内環境の良好な子になる

赤ちゃんが「ちょい悪」菌を取り入れようとするのは当たり前 「産まれ方」によっても腸内環境は変わってくる 以前と比べ、帝王切開で産まれてくる赤ちゃんはずいぶん増えました。その数はどんどん増え続け、アメリ …

ウォーキング

適度な運動は腸が喜び、過剰な運動は腸がいやがる

運動すると、幸せを感じる「快感情」が高まる 腸の蠕動運動を活発にする運動 規則正しい食生活を心がけ、体にいい成分を含む水を熱心に飲んでいるとしても、まったく体を動かさずにごろごろしていたのでは健康には …