海藻

海藻ダイエットは日本人には不向き

日本人の腸内細菌は海藻からエネルギーを取り出す

海藻からエネルギーを得られる日本人

わかめなどの海藻類でダイエットをしている、という話はよく耳にします。「海藻はカロリーゼロだから、いくら食べても問題ないんです」と言っていました。

しかし、この方法は少なくとも日本人にはおすすめできません。日本人は、昔からわかめや昆布、海苔などをはじめ、さまざまな海藻類を食べてきました。そのおかげで、海藻類を分解する遺伝子をもつ腸内細菌を、80%近くの日本人が備えているという研究結果があります。

日本人は海藻からもエネルギーを取り出せるという、すごい特性を持っているのです。たとえば、太平洋南部に位置するニューギニア島の人たちはイモを主食としているにもかかわらず筋骨隆々の体つきをしています。これは彼らの腸内細菌がイモの食物繊維をタパク質に変える役割を果たしているからなのです。

ヨーロッパ人なら海藻ダイエットが可能

日本人は海藻類からエネルギーを取り出すことができるため、海藻類を食べてもカロリーが発生してしまいます。つまり、日本人にとって海藻がゼロカロリーの食材であるとはいえないのです。

「海藻ダイエット」をしていた彼女が全然痩せなかったのは、もしかするとこういう理由があったのかもしれませんね。
一方、海藻類を分解する特性をもつ腸内細菌を、ほとんどのヨーロッパ人はもっていません。ですから、彼らにとっでは海藻類はダイエットに適しでいるといってもいいかもしれません。

日本人が、古来から続けてきた食習慣に従って、腸内環境に好影響を与える食物繊維を豊富に含む海藻類を適度に食べるのはいいことです。ただ、ダイエットのために海藻類を大量に食べて満腹にしようというのは、やめておいたほうがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください