気管支喘息やアトピー性皮膚炎

気管支喘息やアトピー性皮膚炎も腸と関係している

苦しい喘息のメカニズム

日本人の国民病の1つともいわれるほど、気管支喘息の患者さんの数は増えています。呼吸器の1つである気管支で起こるものなので、腸には関係がない病気だと思っている人も多いようですが、じつは腸と密接に結びついていたのです。

一口に気管支喘息といいますが、その発生のメカニズムは大きく2つに分けられます。1つは非アトピー性の気管支喘息で、成人が雁思する喘息のほとんどがこちらです。

たとえば、風邪を引いてせきを繰り返すことで気管支が炎症を起こし、それが原因となっで喘息になるようなケースです。このような非アトピー性の喘息の場合は、腸の状態はあまり関係がありません。腸に関連性があるのは、

もう1つの喘息、アトピー性の気管支喘息です。アトピー性の気管支喘息は、字からもわかるように、アトピー性皮膚炎と同じ理由で起こる喘息で、小児喘息のほとんどはこちらです。

アレルギー反応

ここで、アレルギー反応について整理しておきましょう。アレルギーを起こす原因物質であるアレルゲンが体内に侵入すると、それに抵抗する抗体が作られます。

アレルゲンが体内に入ると抗体が脂肪細胞を刺激し、化学物質を放出します。化学物質が放出されたことで、体に不都合な症状が出てしまっている状態をアレルギー反応と呼んでいるわけです。気管支喘息の場合、ヒスタミンやプロスタグランジンをはじめとする化学物質によって、気管支のまわりにある平滑筋という筋肉が収縮します。

さらにそれらの化学物質によって痍の分泌も促されるので、疾が付着した気管支は当然、狭くなってしまいます。息の通り道である気管支が狭くなり、普通に息をするのさえ困難になるというわけです。しかし本来、アレルギー反応は外部から入ってきた有害物質に対する防御作用ですから、免疫作用の1つなのです。有害な物質が入ってきたとき、それを外に追い出すためにくしゃみやせきをするのは正しい反応です。

ただ、本来なら躍起になって追い出すようなことをする必要がない無害な物質にまで反応してしまっていることが問題なのです。

アトピー性気管支喘息のアレルゲンとなっているのは、主にチリダニというダニです。ハウスダストを餌にしているダニで、珍しいものではありません。

本来は体内に少しくらい入っても問題がないものです。では、なぜダニくらいで苦しい喘息が起こってしまうのかというと、免疫システムがバランスよく働いていないからです。ここでやっと腸の登場です。

50年前の日本にはアレルギー疾患の子どもはいなかつた

腸内細菌が種類・数ともに充実していて腸内環境が良好なら、免疫システムは正常に働き、体外から入ってきた物質が有害か無害かを間違って判断することはありません。

無害な物質に必要以上に攻撃を加えるようなアレルギー反応を起こすことは、まずないでしょう。約50年前の日本には、小児喘息になる子どもはほとんどいませんでした。アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎などにかかる人もほとんどいなかったのです。

それが、今はどうでしょう。必要以上の清潔士心向が必要な菌さえも追い出し、腸内細菌の数を極端に減らしています。添加物のたくさん入ったファストフードを好んで食べることも腸内環境の悪化を加速させています。

これでは免疫力は下がっていく一方です。昔に比べ、今の日本は公衆衛生が改善し、食べるものにも不自由することがなくなった結果、アレルギー大国になってしまった、というのは皮肉な話です。

アレルギー症状の多くは腸内細菌を準えれば改善していきますが、なかにはそう簡単にいかないケースもあります。

こんな相談がありました。息子さんが重いアトピー性皮膚炎だというのです。腸内細菌を見ることと気の持ちようをポジティブにすることをアドバイスして、それを息子さんに実践したようですが、なかなかよくなりません。そうしているうちに、どういうわけかは一家で屋久島へ移住してしまいました。すると息子さんのアトピーはすっかりよくなってしまったというのです。活性酸素に満ちている都会では難しかった生活改善が、屋久島の環境で可能になり、腸内環境を整え、結果的にアトピーを治したのでしょう

アレルギーは腸で治す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください