賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸を賢くする食品

日本の伝統食、和食を見直す時がきている

投稿日:

昔から食卓にあがっているものの中に大きなヒントがある

和食の力を見直そう

「乳酸菌が含まれでいる食品を教えてください」と言うと、ヨーグルトやチーズといった乳製品の名前を答える人が多いのですが、乳製品以外にも乳酸菌が含まれている食品はたくさんあります。

私たち日本人にとって身近な、日本古来の食品にも、乳酸菌を含むものはたくさんあります。代表的なものは、みそ、醤油、納豆、漬け物などです。どれも特別なものではなく、昔から日本の食卓に上がっていたものばかりです。

特に納豆は骨を強くするビタミンKやビタミンB2が多く含まれているので、おすすめ食品です。カルシウム摂取がそう多くないわりに、日本人があまり骨折しないのは、納豆を食べる習慣が好影響を与えでいるためともいわれています。

納豆のなかには善玉腸内細菌のほかに土壌菌の仲間の日和見菌が多数含まれています。また、「乳酸菌生成エキス」はその両方の腸内細菌を増やし、結果的に腸内環境を改善する効果があるというわけです。

日本食は遺伝子にも好影響を及ぼす

東北大学の宮沢教授らのグループはネズミを使った実験で、「伝統的な日本食」「欧米食」「現在の日本食」がそれぞれ遺伝子にどのような影響を与えるか研究をしでいます。

それによると、「現在の日本食」を食べたネズミは、「欧米食」を食べたネズミよりも脂質などの代謝にかかわる遺伝子発現量が多くなりました。

これは「現在の日本食」でさえも「欧米食」よりは代謝を促進する効果を持っていたということで、「伝統的な日本食」ではその効果はさらに高くなったのです。

腸内細菌の大好物はオリゴ糖であり、これを多く含まれる食品は、大豆、ゴボウ、タマネギ、ニンニクなどの野菜類です。成長期の子どもはもちろん、大人になってからも食べ続けてほしいものです。

-腸を賢くする食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

油

腸にいい油と悪い油がある

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は不可欠 まずは油の特性を知る 健康的な食生活」というテーマになると悪者にされがちなのが油ですが、それは誤解です。抽をまったく摂らないのが理想の食生活、というわけではあり …

海藻

海藻ダイエットは日本人には不向き

日本人の腸内細菌は海藻からエネルギーを取り出す 海藻からエネルギーを得られる日本人 わかめなどの海藻類でダイエットをしている、という話はよく耳にします。「海藻はカロリーゼロだから、いくら食べても問題な …

太りやすい痩せやすい体質は腸内細菌

痩せやすい体質、太りやすい体質は腸内細菌が決定している

ダイエットを効果的に成功させるためのキーポイントがある ダイエットが思い通りにいかないのは ダイエットがなかなかうまくいかないのにも腸内細菌が関係していました。ワシントン大学のJ・ゴードン教授がマウス …

麹

みせかけだけの発酵食品がだまされるな!

味噌なら味噌蔵から直接購入、糠みそを使って家庭で漬物を スーパーに陳列する見せかけだけの発酵食品にご注意を 今、アメリカやヨーロッパなどで、寿司や日本食レストランが、大人気です。ダイエットだけではなく …

乳酸菌

生きた乳酸菌 よりも 死んだ乳酸菌を 大事にしたい

死んだ乳酸菌に生きた乳酸菌と同等かそれ以上の効果が 乳酸菌自体が、持っている菌体成分が大切 乳酸菌は、生きて腸まで届かない.と役に立たないと思っている人は、医師の中にも多くいました。それは、100年前 …