賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

乳酸菌生活の大事なポイント

大人に成長につれて腸内環境は変化していく

投稿日:

腸内細菌はその種類・数を増やし、腸内環境は整っていく

腸内環境も成長によって変化する

いくらしっかり掃除をしたとしても、完全に菌がいない部屋をつくり出すのは困難です。たとえ部屋が無菌の状態になったとしても、人が入ってしまうと、もうダメです。

人が暮らしている場所には、床や壁はもちろん、空間にすらさまざまな菌がいるため、普通に暮らしている人には無数の菌がくっついているのです。いろいろな菌に触れてそれが体内に入ることで、腸内細菌はその種類・数を増やし、腸内環境は整っていくのです。

人は成長するにつれ、行動範囲が広がるものです。そこでさまざまな菌に触れることで、腸内環境は複雑になっていくのです。

変わらないけど変わっていく腸内環境

子どもと大人が違うのは、行動範囲だけではありません。食生活もずいぶん違います。乳児は、ビタミンB2を生成する遺伝子をもつ腸内細菌が多く、大人はビタミンB12 、B7、B1の生成遺伝子を持つ腸内細菌が多かったというデータがあります。

また、葉酸を生成する遺伝子をもつ腸内細菌が多かったのは乳児で、葉酸を代謝する遺伝子をもつ腸内細菌が多かったのは大人でした。

この結果が導かれた理由はまだはっきりしないのですが、摂取する食物の成分が違うことが一因だと考えられています。出生時から離乳期、成年期、老年期と、善玉菌と悪玉菌のバランスは経年で変化をしていきます。これまで述べてきたとおり、腸内細菌のほとんどを日和見菌が占めている組成は生まれたときのままなのですが、ごくわずかだけある悪玉菌や善玉菌はこのように年と共に変化をしていくということなのです。

一生変わらないけど、日々変わっていく腸内環境はそんな複雑な顔をしているのです。

-乳酸菌生活の大事なポイント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

普通分娩

帝王切開より普通分娩が腸内環境の良好な子になる

赤ちゃんが「ちょい悪」菌を取り入れようとするのは当たり前 「産まれ方」によっても腸内環境は変わってくる 以前と比べ、帝王切開で産まれてくる赤ちゃんはずいぶん増えました。その数はどんどん増え続け、アメリ …

消毒

食器は食毒してはいけない!

腸内の細菌の数が多ければ多いほど免疫力は高まる キレイ好きは菌まで殺してしまう 免疫力を下げるのはどんなことが原因でしょうか?一番は「栄養の偏った食事を摂る」ことです。免疫力を上げるためには腸内環境を …

ウォシュレット

ウォシュレット・腸内洗浄には注意

皮膚常在菌がいなくなった肛門はあまりに無防備 お尻にも常在菌がいる 何かに触ったら手を洗わないと気がすまない!」という、行き過ぎた清潔志向が世間に蔓延しています。オフィスやトイレなど、消毒用アルコール …

ウォーキング

適度な運動は腸が喜び、過剰な運動は腸がいやがる

運動すると、幸せを感じる「快感情」が高まる 腸の蠕動運動を活発にする運動 規則正しい食生活を心がけ、体にいい成分を含む水を熱心に飲んでいるとしても、まったく体を動かさずにごろごろしていたのでは健康には …

ストレス解消

無理せずに焦らずにストレス解消

あなた流のストレス解消法を身につけることが腸内細菌の「ため」になる 特別な方法でなくていい 元気に長生きを目指すための方法をまとめでおきましょう。これは私自身が日々、実践していることです。元気で長生き …