免疫細胞 7割 腸 にある 免疫力を高めるなら腸の健康が必須

Pocket

免疫細胞 7割 腸 にある 免疫力を高めるなら腸の健康が必須だということです。私達の健康は腸によって守られているということです。たとえば、長寿地域とされる沖縄県と山梨県桐原村の高齢者の腸内細菌叢は、東京都の高齢者と比べて善玉菌が多く、悪玉菌が少なかったのです。免疫細胞 7割 腸 にある 免疫力を高めるなら腸の健康が必須だということです。私達の健康は腸によって守られているということです。

健康は腸によって守られている 免疫細胞 7割 腸 にある

免疫細胞 は具体的には、白血球中に存在し、赤血球や血小板などの他の血液細胞とともに血液中を流れています。 見た目も働きも異なるこれらの細胞の源は、実はすべて同じ造血幹細胞という血液を作る細胞です。 そこから分化した免疫細胞は、さらに分かれて顆粒球やT細胞、B細胞へと変化していきます。

免疫細胞 7割 腸

免疫細胞 7割 腸

私たちには外部の病原菌や体内に出現するガン細胞などから身を守り、病気になるのを防いだり、かかった病気を治そうとする力が備わっています。これが 腸の7割も存在する免疫細胞 の働きです。
これを 免疫力といいます。免疫には3つの役割があります。腸に存在する7割もの免疫細胞の働きは私の健康に欠かせない働きをしています。具体的には以下に紹介する3つの重要な働きを担っています。

免疫細胞 働き

  1. 感染防衛インフルエンザなどのウィルスや病原菌などから守り、感染を防止する。
  2. 健康維持汲労から回復させたり、病気になりにくい体を作ったりする。
  3. 老化予防新陳代謝を活発にして、細胞の老化を防ぐたとえば、健康な人でも毎日、3000~5000個程度のガン細胞が体内に現れています。それでもガン、にならないのは、免疫機能が見張り番として体内を見回り、ガン細胞を見つけてはやっつけているからです。

この免疫機能の実に7割を腸の免疫細胞が担っているということがわかってきました。家族で同じ食事をしていても風邪にかかりやすい、すぐに体調を壊す人とそうでない人がいるのも不思議ですが運動習慣があったり、適度にストレス発散ができている場合の腸内環境とストレスまみれの生活の場合では腸内の悪玉菌の数が異なります。

免疫細胞 ガンへの対応

ガンは2人に1人が罹る、とても身近で怖い病気です。ガンという病気は、体の細胞に異常が起き、“がん細胞”ができることから始まります。ガンが検査で発見できるようになる大きさは1㎝ ほど。がん細胞が増殖を繰り返し、1㎝の大きさになるまでに10~15年かかります。つまり、ガンが発見されたときには、かなりのサイズになっているということです。

免疫抑制細胞は、がん細胞の周りにたくさん集まり免疫力を低下させます。いわば、ギャングの親分を取り囲むようにして四六時中守っている用心棒の集団のようなものです。

たとえば、食物繊維や善玉菌の多い食事をする時間がないのであれば、善玉菌のチカラ などを利用するのもひとつの手段だと思います。

また、上手にストレス発散をすることもとても重要です。
排便がスムーズでない場合は、食物繊維不足が原因です。イサゴール を使ってしっかり排便させるなどもおすすめです。

体の調子がいまいち

特に疲れがたまりやすい、いまひとつパワーがでない、集中力がおちているなどを実感しているときは、腸内の免疫細胞がくたびれているのかもしれません。風邪をなんどもひいたり、完全に治らないときなどは腸内環境が悪玉菌で汚染されている可能性大です。

発酵食品で 腸内フローラ を整え元気な体になる

ベストな腸内環境とは、善玉菌だけでなく、悪玉菌も含めた腸内細菌の多様性が保たれている環境だといえます。 ストレスにより悪玉菌が増えることで、それらの菌がつくる有害物質が血液に乗って全身をめぐり、脳に到達する。 するとさらにストレスを感じやすくなる。

残り 3割 は気持ちの持ちようとも言える ポジティブ思考が免疫を高める

腸内環境が悪くなって、腸内の免疫細胞がうまく機能できなくなると、悪いウィルスや細菌がどんどん体内に入っできてしまいます。
そういう状態になると、人は簡単に病気になってしまうのです。体力がおちているとき、食べ過ぎで腸が疲れているときなどは、風邪をひきやすかったりします。

長寿地域とされる沖縄県と山梨県桐原村の高齢者の腸内細菌叢は、東京都の高齢者と比べて善玉菌が多く、悪玉菌が少なかったのです。腸内環境を良好に保つための食事、そして適度な運動、ストレスを上手に発散していたのでしょう。

都会での生活は、ストレスが多くどうしても腸に負担がかかりますし、ストレス発散のために腸内環境にはよくない食習慣が当たり前になってしまっているのでしょう。

ちなみに、免疫反応を担っている残りの3割 は、精神的なものの影響を受けると考えられています。つまり、心の持ち方が、免疫系の強弱に深く関係しているのです。

ポジティブ思考と笑顔

物事をポジティブにとらえ、小さなことにくよくよせずにいると、交感神経と副交感神経のバランスがとれ、免疫力が強化されることは科学的にも証明されています。

腸内環境を撃え、いつも楽しい気持ちでいることが、あらゆる病気の予防法、さらには長生きの秘訣だといえるのです。また、笑顔だと免疫力が高まるということもわかっています。
ちなみに腸内細胞の数が多いということは腸内年齢が若いということです。アンチエイジングにも関わっている免疫細胞を私達は、しっかり増やし、育てていくことが重要です。最近は、腸活、腸内フローラというキーワードもよく耳にするようになりました。腸内環境を改善して免疫細胞を増やすことの大切さについて気づきはじめたところです。

これは長生きできるということです。腸内環境を整えることは、免疫力を高めだけでなく長生きにもつながるというとです。腸内に7割もの免疫細胞があるのですから便秘などは腸内環境を悪化させてしまうまさに元凶です。腸内環境を良好に保ち免疫細胞を元気にすることで私達は元気に過ごせるのです。

腸の専門家がやっている 乳酸菌 を 増やす 方法は 乳酸菌生成エキス を飲むこと

腸と病気との深い関係性について

免疫細胞 7割 腸 にある 免疫力を高めるなら腸の健康が必須」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: オナラと膨満感の関係性 | 免疫力アップのためのオリーブオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください