賢い乳酸菌生活

賢い腸に育てるには腸内環境を良好に!善玉菌を増やす

腸内細菌の個性

人の腸内細菌は人類の進化とともに生きてきた

投稿日:

人間の腸内細菌はマウスでは機能しない

これまでは、哺乳類の消化管の細菌にとっては種の違いは重要ではなく、マウスでも人間でも同様に棲み着き、同様に働いていると考えられてきました。

しかし、そうではないことが最新の研究によって明らかにされました。研究報告をしたのは、ハーバード大学のD・カスパー教授らです。カスバ一教授たちは、無菌マウスを3グループ用意して、1つ目のグループには、自然のマウスに棲み着いている腸内細菌を植え込み、2つ目のグループには、人間が持っている腸内細菌を植え込み、3つ目のグループにはラットの腸内細菌を植え込んだのです。

結果は、すべでのグループともに腸内で細菌が繁殖し、増えた細菌数は同じになりました。しかし、3グループの腸管組織や腸管リンパ節を詳しく調べてみると、人間の細菌が増殖したマウスと、ラットの細菌が増殖したマウスの腸管には、無菌マウスと同様にほんの少しの免疫細胞しか見られませんでした。これに対しで、マウスの腸内細菌を植え込んだ一つ目のマウスのグループのみ、しっかりとした免疫細胞が確認されたのです。

人間のための腸内細菌だけが免疫機能を発揮する

この結果からわかることは、腸内細菌はほ乳類の種に合わせて共に進化し、宿主のためだけに免疫機能を強化しているということです。

人類の進化にともなって、人間とともに進化してきた腸内細菌は人間のためだけに働くものなのです。人間には人間のための腸内細菌があり、マウスにはマウスのための腸内細菌があるため、これらを入れ替えても腸内細菌はきちんと機能してくれません。そしで、それらの腸内細菌が失われると免疫機能が損われてしまうのです。

-腸内細菌の個性

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

気分や人格形成

腸内細菌叢は気分、人格形成に影響する

現代食と腸内環境 食物アレルギーや肥満、炎症性腸疾患などといった典型的な「現代病」が広がっていますが、こうした症状の原因は、食生活や衛生環境の影響による腸内細菌叢の変化と関連していると考えられます。 …

出過ぎも出なさすぎも原因は同じ

出過ぎも出なさすぎも原因は一緒

下痢と便秘が起こる原因は同じ 排便の状態は莫逆でも、下痢と便秘はどちらも同じ理由で起こることがあります。下痢と便秘を交互に繰り返す人がいるのは不思議なことではなく、当たり前に起こりうることなのです。 …

腸の個々の個性

腸内細菌には個性がある

細菌類で個人識別が可能 皆さんの腸に棲んでいる細菌類は個人識別が可能なくらいそれぞれで異なっていることをご存知ですか。私が持っている腸内細菌と同じ構成をした腸内細菌叢を持っている人は世界にだれもいない …

腸内の縄張り争い

腸内では縄張り争いが盛んに行われている

腸内で縄張り争いをする3グループ 健康な人の腸内にはこれまで、およそ100兆個、100種の腸内細菌がいるとされていましたが、最新の研究ではその10倍、1000兆個、1000種類以上の腸内細菌がいること …

断食

断食や絶食は、腸と体を弱らせる

「断食が体によくない理由は 断食は腸にいいのか?悪いのか? 最近では「プチ断食」とか半日断食などといった絶食する健康法が流行っているようで、私もよく「断食は腸にいいのでしょうか? 」といった質問が増え …