イヤなことがあるとオナラは臭い

イヤなことがあるとおならは臭くなる!

腸はとてもデリケートな臓器

アカゲザルを用いた実験で、母親から離された乳児の腸内細菌は3日日に減少しはじめました。また、妊娠中のアカゲザルにストレスを与えると、生まれてきた子どもの腸内細菌が少なかったというデータもあります。

母親のストレスが母体を通して、子どもの腸内細菌を減らしてしまうなんて、心と腸との関連性の強さに驚きを感じます。このことは何もサルに限った話ではありません。

旧ソ連では、宇宙飛行士の腸内環境に関する調査が行なわれました。宇宙に行く前から飛行士の腸内バランスは変化しはじめ、宇宙飛行中には善玉菌が減り、悪玉菌が増えて、オナラが臭くなったといわれています。

NASA(アメリカ航空宇宙局)も同様の研究をしていて、宇宙船に搭乗した3人の宇宙飛行士の腸内では極度の不安と緊張にさらされると悪玉菌とされるバクテロイデス菌が増加していました。

これらは宇宙飛行士が普段の生活とはかけ離れた環境におかれたことで、強いストレスを感じたことが一因だと考えられでいます。また、阪神・淡路大震災前後での被災者を比較したデータもあります。これも同様に、被災者たちの腸内で悪玉菌が増えていました。

ストレスが悪玉菌を増加させる

なぜ、ストレスで悪玉菌が増えたのでしょうか。これに関して、九州大学の須藤教授らの興味探い研究があります。ストレス時に腸で放出される「カテコテミン」という神経伝達物質が、大腸菌の増殖を促し、病原性を高めることがわかりました。

つまり、有害なストレスを受けると、腸が刺激され、悪玉菌を直接的に増やしてしまうのです。日々の生活のストレスと腸内環境が無縁だとはいえないことがおわかりいただけたでしょうか。人間関係や過労や夜更かしなど毎日のストレスの積み重ねが腸内環境を悪化させることを覚えでおいでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください