漬け物は長く漬け込むほど乳酸菌増加

乳酸菌&GABA

発酵食品の代表である漬け物の野菜はそれ自体にビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれています。腸のお掃除には最適ですが、その野菜をさらに漬け物にすると、乳酸菌の働きがプラスされ、腸内正常化に強力に働きます。
そのうえ、漬け物の乳酸菌は、血圧やコレステロールを下げることで注目されているGABAをつくりだす力があるため、漬ける時間が長いほど発酵がすすみます。なかでも材料にアミやイカの塩辛など動物たんぱく質を使うキムチは、たんぱく質がアミノ酸に分解されて、さらにGABAへと変化するので、乳酸菌だけでなくGABAの宝庫なのです。
乳酸菌の数は漬けて2~3日で1gあたり1000~10000個に対し5日ほどで数億以上に増えるデータもあります。
キムチやパック入りの塩漬けのように洗わずにそのまま食べられる漬け物であればGABAと乳酸菌をそのまま摂ることが出来ます。

ぬか漬けならビタミンB1群も増える

ぬか漬けにすると生に比べてビタミンB1やビタミンC、ミネラルなどがさらに増えます。これはぬかに含まれている成分が野菜に移ることに加え、乳酸菌がつくりだす分がプラスされるためです。乳酸菌、GABAは乳酸菌が増える効果により血液をさらさらにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください