毎日1杯で善玉菌が増加(牛乳)

牛乳の乳糖が善玉菌を増加させる

牛乳に含まれる栄養素の中でも腸の健康、正常化に役立つのは、糖質の乳糖(ラクトース)です。腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増加させる働きがあります。
毎日200mlの牛乳を飲むとよいでしょう。
これは、腸のためだけでなく、骨粗鬆症予防のためのカルシウム補給にもなります。

牛乳で下痢をしてしまうけど…

乳糖は腸内のラクターゼという乳糖分解酵素によって分解され、吸収されます。ところが、牛乳を飲んで下痢をする人というのは、このラクターゼをもっていないのです。
ラクターゼが少なかったり、もっていない人は、飲んだ牛乳が分解されないまま大腸に運ばれるるので下痢を起こすのです。ホットミルクにすると下痢をしない人もいるので試してみるといいでしょう。
また、無脂肪の牛乳だと下痢をしないタイプの人もいます。腸内環境のためにチャレンジしてみる価値はありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください